ホワイトドッグドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

ワンちゃんの毛艶が良くなかったり、目やにや涙やけの症状が出ていたりといったお悩みをお持ちの皆さん。

それらの症状を改善させるためには、シャンプーや病院など様々な方法がありますが、どれが一番効果的かを判断するのは難しいですよね。

ホワイトドッグは、毛質の改善や涙やけケアに効果を示すドッグフードです。

ワンちゃんの毛の色とライフステージに合わせてさまざまな種類が用意されており、ワンちゃんに最適なものを選ぶことができます。

今回は、そんなホワイトドッグのドッグフードについて、原材料や価格をご紹介します!

ホワイトドッグドッグフードの基本情報

価格\3,630
内容量1.5kg
100gあたりの単価\242
タイプ(ドライ・ウエット)ドライ
目的被毛ケア、涙やけケア
カロリー385.1キロカロリー/100g
メイン食材チキン、ターキー、ダック
原産国リトアニア
ライフステージ10か月以上の成犬
Peaker株式会社

ホワイトドッグは被毛・涙やけケアに効果的なドッグフードです。

ワンちゃんには珍しくない悩みですが、それらのケアに特化したドッグフードは珍しいのではないでしょうか。

ただ毛艶を良くするだけではなく、ワンちゃんの毛の色に合わせて最適な成分を含んだフードを選ぶことができる点が魅力です。

定番のホワイトドッグアダルトは成犬向けとなっていますが、子犬・シニア犬向けの商品もあり、全てのワンちゃんに与えることができます。

ホワイトドッグドッグフードの評価

総合(25点満点)16点
原材料 3.5
栄養バランス 3.5
安全性 3.0
コスパ3.0
手に入りやすさ 3.0
ホワイトドッグドッグフードのいい点
  • 美しい毛並みを整え、涙やけや目やにの症状を抑える効果が期待できる
  • 世界で唯一、体内毒素を排出する効果がある鉱石「ゼオライト(マイクロゼオゲン)」が配合されているドッグフード
  • 種類が豊富で、ワンちゃんの毛の色、ライフステージ、味の好みに合わせて選ぶことができる
  • 小麦アレルギーに配慮し、グルテンフリーにこだわって作られている
  • 人工的な化学物質を使用しない、無添加ドッグフード
  • 粒が小さいため、子犬やシニア犬、小型犬にも食べやすい
  • シリーズの一部に使用されているサーモンは、ノルウェー産の高品質なものを使用
ホワイトドッグドッグフードの悪い点
  • アレルギー対策フードではないため、鶏肉や魚などにアレルギーを持つワンちゃんは成分をよく確認する必要がある
  • 毛質や涙やけの改善効果が出るまで時間がかかるため、継続的に与えなければならない
  • 高品質ではあるものの、一般的なドッグフードに比べて価格が高い
  • 症状が改善されたという声が多い一方で、完全には治らないという意見もあり、ワンちゃんの体質によっては高い効果が期待できない場合もある

ホワイトドッグドッグフードの原材料と安全性

原材料

(ホワイトドッグアダルト)

米、ポートリー(家禽:チキン、ターキー、ダック)脂肪、大麦、ラムミール(ラム肉を乾燥させて細かく挽いたもの)、大豆タンパク、加水分解チキンレバー、サーモンオイル、亜麻仁、ビートパルプ、乾燥卵、ゼオライト(クリノプチロライト)1%、フラクトオリゴ糖、乾燥クランベリー、ルリジサオイル、チコリエキス、緑茶、乾燥マリーゴールド、グレープシード抽出物

原材料を見てみると、米・大麦・肉類が使われているため、アレルギー対策という点では若干心もとないです。

しかし、無添加にこだわられていることもあって危険な成分は含まれていません。

アレルギーを持つワンちゃんが多い小麦とトウモロコシが使用されていないのは嬉しいポイントですね。

注目したいのが世界で唯一ホワイトドッグドッグフードにだけ使用されている「ゼオライト」。

食べても問題がない鉱物の一種で、体内の毒素や不純物を排出する効果が期待できます。

ホワイトドッグドッグフードの栄養バランス・カロリー

栄養バランス

(ホワイトドッグアダルト)

  • 粗タンパク質:21%以上
  • 粗脂肪:18%以上
  • 粗灰分:6.2%以下
  • 粗繊維:1.5%以下
  • 水分:9%以下
  • カルシウム0.9%
  • リン:0.8%
  • カリウム:0.6%
  • ナトリウム:0.4%
  • オメガ3脂肪酸:0.56%
  • オメガ6脂肪酸:2.11%

ホワイトドッグは100gあたり385キロカロリー。

低カロリーとは言えませんが、ドッグフードとしては平均的な数値です。

栄養バランスは、21%以上と豊富なタンパク質に加えて、血圧を下げたり生活習慣病を予防したりといった効果のあるオメガ脂肪酸も含まれています。

カリウム、ナトリウムなどの栄養素も配合されており、ワンちゃんの健康状態を保つのに問題ない栄養バランスといえるでしょう。

ホワイトドッグドッグフードの種類

ホワイトドッグ アダルト

スタンダードなホワイトドッグは、10か月以上の成犬向けです。

目の周りのケア効果があるたんぱく質と、被毛ケア効果があるルリジサオイル、サーモンオイルが配合されています。

小麦が含まれていないため、小麦アレルギーのワンちゃんも安心です。

ホワイトドッグ グレインフリーアダルト(ホワイトフィッシュ/サーモン)

こちらは、体重10kg以下の小型成犬向けのフードです。

味は2種類用意されており、サーモンはノルウェー産の高品質なものを使用。

ホワイトフィッシュは低アレルギー性なので、アレルギーの心配がある場合はこちらがおすすめです。

小麦だけではなくトウモロコシや米などの穀物も使用されていません。

ホワイトドッグ グレインフリージュニア

生後3~12か月の子犬向けのフードです。

穀物類が使用されていないグルテンフリーかつ、子犬でも消化しやすい低刺激性の白身魚が使用されています。

涙やけのケアだけではなく、子犬の消化サポート効果もあるドッグフードをお求めの方におすすめです。

ハイポアレルジェニック グレインフリーアダルト

全犬種成犬向けのフードです。

原材料に穀物類と肉類を含まないため、アレルギーを持つワンちゃんにおすすめ。

被毛・涙やけケア効果や、ゼオライトが含まれている部分はスタンダードなホワイトドッグと変わらないため、同じ効果が期待できます。

高品質なサーモンが主原料となっており、消化吸収しやすくアレルギーが起こりにくいです。

レッドコート/ブラックコート

ホワイトドッグシリーズは白い被毛のワンちゃん向けに成分が配合されています。

赤毛・黒毛のワンちゃん向けとして、こちらの2種類は成分が少し変えられているため、ワンちゃんの毛の色に合わせて選んでみてください。

ライフスタイル グレインフリー(ポートリー/ラム/サーモン/サーモン&クリル)

全犬種成犬向けのフードです。

ゼオライトに加え、抗菌・抗炎症作用があるココナッツが含まれています。

ホワイトドッグシリーズとは異なる味のラインナップも魅力です。

ミニジュニア

2~10か月の子犬向けのフードです。

成長期の子犬に合わせた栄養バランスとなっており、嗜好性が高いのが特徴。

消化吸収のしやすい成分となっているので、軟便などのトラブル軽減が期待できます。

ミニシニア

7歳以上のシニア犬向けのフードです。

健康維持のため、関節・心臓機能をサポートするグルコサミンやコンドロイチン、タウリンなどの成分が配合されています。

たんぱく質が豊富に含まれているため、筋肉維持効果も。

マキシジュニア

生後2~18ヵ月、体重25kg以上の大型犬仔犬用ドッグフードです。

成長のエネルギーを多く必要とする大型犬の子犬向けに、エネルギー源となるたんぱく質を配合しています。

マキシアダルト

体重25kg以上の大型犬用ドッグフードです。

多くの栄養が必要な大型犬には、デンタルケア、関節維持、健康維持などの効果があるこちらのフードがおすすめ。

もちろん、被毛ケア効果があるオメガ脂肪酸も含まれています。

ホワイトドッグドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ
  • あらゆるフード・サプリを試して全く改善されなかった涙やけが二、三ヶ月で改善しました!すぐには効果でないので数ヶ月ご飯としてあげてみてください
  • 他の方のレビューでもあるように目ヤニが出にくくなりました。粒も小さく食べやすいようです。
  • 最初サンプルから初めてみたら食べだしました!これは!と思い本品を購入。そしてリピート。今までより明らかに食べるようになり、涙やけは治りはしてませんが少し良くなりました。
  • おやつもフードも小さくしないと食べないうちの子にはピッタリなかなりな小粒です。
悪い口コミ
  • 肉類のアレルギーがあり涙やけがひどく、獣医師に勧められ魚のドッグフードを与えているので、やはり無理でした。
  • フード大好きなワンコですが、食い付きはあまり…なので他のフードと混ぜてるので効果は解りません。
  • 涙焼け対策で購入してみたが、うちの子には合わないようで涙がひどくなった。餌の臭いもきつい。 

ホワイトドッグドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

(ホワイトドッグアダルト)

 公式Amazon楽天
1.5kg\3630\3226\3630
4kg\7370\6215\6950
10kg\14300\14300\12727

ホワイトドッグドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ

・涙やけや目やにがひどいワンちゃん

ワンちゃんに置きがちな眼の周りのトラブル。

病院に連れて行ったり、薬を試したりしてもなかなか改善されないという場合にはホワイトドッグをお試しください。

・毛並みや毛の艶でお悩みのワンちゃん

しっかり洗っているのに毛に艶がない。毛の色が鮮やかでなく、健康的ではない。

なかなか難しい被毛ケアですが、ホワイトドッグなら必要な栄養素を取り入れて健康的な皮膚・被毛を保つことができます。

こんな方にはおすすめできません

・アレルギーを持つワンちゃん

ホワイトドッグからはグルテンフリーのシリーズも販売されていますが、基本的には肉類や魚類は含まれています。

また、グレインフリーシリーズを除くと、小麦以外の穀物は使用されていることも。

アレルギーを持つワンちゃんは体質に合わない可能性があります。

・お手頃価格のフードをお求めの方

ホワイトドッグは、高品質な原材料を使用しており、被毛・涙やけケアも高い効果が期待できます。

その一方で価格は少々高めとなっており、効果が出るまで継続使用が推奨されていることから、多頭飼いでフードの消費が激しいという方や、お手頃価格のフードをお求めの方にはおすすめできません。

ホワイトドッグドッグフードまとめ

ホワイトドッグのドッグフードは、被毛・涙やけケアに特化しているドッグフードです。

たしかにアレルギー対策フードに比べると穀物や肉類が多く含まれてはいますが、アレルギーを持たないワンちゃんにとっては充分安全なフードと言えるでしょう。

若干価格設定が高めではありますが、その分効果が期待できるため、被毛や目の周りのトラブルでお悩みの方はぜひホワイトドッグを与えてみてください!

おすすめの記事