犬の涙焼けケア用品のおすすめ6選!手作りの仕方も紹介

マルチーズやプードル、チワワなどに多くみられる涙やけ。

愛犬の目元が茶色に変色していたら、どうにか改善してあげたいと思いますよね。

この記事では、犬の涙やけの原因や改善方法、おすすめのケア用品などをご紹介していきます。

愛犬の涙やけが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

涙やけとは?

目の周りの毛が涙が溢れることにより赤茶色に変色すること

拭いたり、洗っても取れないようでしたら、涙やけによる毛の変色の可能性が高いです。

なんらかの原因で、涙が通常より多く分泌されてしまい、溢れることで目の下の毛に溜まってしまうんですね。

放っておくと変色した部分が炎症を起こすこともありますので、対処してあげましょう。

愛犬の涙やけの原因を知ろう!

まずは、何が原因で涙やけになるのか知ることが必要です。

涙やけの原因は主に7つありますので、ご紹介していきます。

①ゴミや抜け毛が目に入る

人間と同じで、目にゴミや抜け毛が目に入ると、排出するために涙の量が多くなります。

毛の生え変わる時期にも毛が目に入りやすいので、涙やけになりやすいです。

②逆さまつげ

逆さまつげの犬種によくみられる症状です。

こちらは、治療が必要な場合がありますので、獣医師に相談してみるのがよさそうです。

③鼻涙管が詰まっている

涙やけの最も多い原因である「涙嚢炎(るいのうえん)」と「鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)」で涙やけを起こしている場合があります。

鼻涙管が細くなったり、炎症をおこしていて詰まったりする症状で、涙が溢れてしまいます。

病院で検査を受けることをおすすめします。

④アレルギー

花粉症や食物アレルギーで涙やけになることがあります。

ある季節限定で涙やけがひどい場合は、花粉症かもしれません。

特定の食べ物を食べた後に涙やけする場合は、食物アレルギーの可能性があるので、フードを変えてみたり工夫をすることで改善します。

⑤腸内環境が悪くなっている

腸内環境が悪くなると、涙やけの原因になることもあります。

便の様子を観察して、下痢をしていたら腸内環境が整っていないのかもしれません。

腸内環境を整えるフードに変えるなどの改善方法で、涙やけが改善されることが多いです。

⑥水分不足

濃い黄色のおしっこをするようなら、水分不足の可能性があります。

体内の水分が不足することでおしっこが出なくなり、おしっこの代わりに涙となって体の老廃物を排出します。

⑦マイボーム腺機能の異常

マイボーム腺という油分を分泌する部分の機能不全により、涙が抑えられなくなります。

点眼や薬の服用による治療が必要です。

ひどい場合は、手術が必要なこともありますので、獣医師に診てもらいましょう。

涙焼けケア用品は使った方がいい?

涙やけがひどくなる前にきちんとケアをしてあげる必要があります。

涙やけそのものは病気ではありませんが、その裏に何かの病気が隠れていたり、放置することで、皮膚が炎症を起こしたりする危険があります。

また、角膜潰瘍・ブドウ膜炎・緑内障などの病気が原因である場合、失明する危険性もありますので、病院での受診が必要ですね。

何らかの病気が原因ではない場合でも、目の下がクマのようになり、見た目も痛々しく見えます。

そして、常に毛が湿っていることで、雑菌が繁殖しやすくなるので、市販の涙やけケア用品などでケアしてあげましょう。

犬用の涙焼けケア用品を選ぶ際のポイント

ミストタイプ、シートタイプ、目薬タイプと様々なケア用品の中から選ぶポイントをご紹介します。

まずは、ワンちゃんですから、人間用ではなく犬用の物を選びましょう。

そして、刺激の少ない皮膚に優しい成分で、無香料の物がおすすめです。

中には、変色した部分を綺麗にするために漂白剤が使われている物もあるので、注意してください。

正面から目にかけられるのを嫌がったり、怖がる子には、ミストタイプは避けた方がよさそうです。

同じ理由で点眼タイプも難しいと感じたら避けましょう。

ローションタイプや、シートタイプなら、正面からではなく、後ろから優しく拭いてあげることができますよ。

注意点は、ゴシゴシこすらない事です。皮膚炎の原因になりますので、優しく拭いてあげてくださいね。

犬用の涙焼けケア用品おすすめ6選

犬用の涙やけケア用品のおすすめ6選をご紹介します!

1、Petpost | 涙やけリムーバーシート

漂白剤、抗生物質、危険な化学薬品は一切不使用で安心して使えるシートタイプです。

成分は、自然由来のジュニパーベリーオイル、ココナッツとヤシエキス(水、 ヤシ油アルキルグルコシドクエン酸、セイヨウネズ、ジュニパーフルーツオイル、アロエベラの葉エキス、グリセリン、ココナッツオイル、塩化ベンザルコニウム) で危険な成分は入っていません。

2、COCOLUCY(ココルーシー) 涙やけ・目やに除去ローション

肌に優しく、保湿効果のあるラクトフェリン液・グリセリン・トレハロース・ヒアルロン酸NAなどの成分を使用。

コットンにつけて優しく拭いてあげましょう。

3、リバージュ ナチュラル アイリフレッシュ 30ml

天然成分100%で被毛ケアと除菌消臭が同時にできるローションタイプです。

アルコール、界面活性剤、 防腐剤、 香料、 着色料が不使用で、無味、 無臭なので、安心して使えます。

4、Arava - Dead Sea Pet Spa ペット用アイワイプ

アレルゲンフリーの材料を使用しており、アレルギー体質のペットにも安心して使えるシートタイプです。

5、Allystyle ペット用 目薬 60ml

滅菌、抗炎症、かゆみ、保湿、涙のマークを削除。

直接点眼する目薬タイプです。

6、SOPHIA(ソフィア) 涙やけクリーナー 200ml

漂白剤、アルコールを含まず、やさしく安心の天然由来成分のみを使用したクリーナーです。

涙やけによる目の周りの被毛の変色や汚れを除菌洗浄し除去してくれます。

犬用の涙焼けケア用品は手作り出来る?

実は、涙やけケア用品は、簡単に家庭で手作り出来ます!

手作りできる「ホウ酸水クリーナー」!

ホウ酸水には、目の洗浄や消毒の効能があり、殺菌効果もあります。

作り方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

「ホウ酸水クリーナー」の作り方

材料

ホウ酸、精製水、保存用ボトル(150ml~200ml)のこれだけです。

作り方手順

  1. 精製水150mlを60℃に温める
  2. 煮沸消毒したボトルに温めた精製水を入れて、ホウ酸3gを溶かす
  3. 液体を冷ます

以上で出来上がりです。

意外と簡単なので、ご家庭ですぐに作れますよ。

注意点としては、精製水の量に対して、ホウ酸の量を間違えないことと、ホウ酸水は冷蔵庫で保存し、2週間以内に使い切ることです。

使い方は、出来上がったホウ酸水クリーナーをキレイなコットンに染み込ませて、涙やけで変色した部分を拭きとってあげるだけです。

ワンちゃんが怖がらないように後ろから拭いてあげるのがいいですよ。

※目の周りに傷などがないことを確かめてお使いください。

怪我をしていると傷口に、ホウ酸が入ってしまうので、注意が必要です。

まとめ

病気以外の原因なら、ご家庭で対応が可能なので、改善方法を是非一度試してみてください。

食物アレルギーや、腸内環境が原因の場合は、フードを変えることも検討してみてくださいね。

犬は、不調を言葉では伝えられないので、飼い主様が気づいてあげて、きちんとケアをしてあげて、キレイな目元を取り戻してあげてくださいね。

おすすめの記事