スーパーゴールドドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

スーパーゴールドは、「ペットは家族の一員」の考えのもと、高品質・安心・安全をモットーに、森永乳業のペットフード事業部門から販売されているブランドです。

「多くの哺乳動物の乳汁や涙・唾液・白血球などに含まれている糖たんぱく質であり、母乳、特に出産後数日間に分泌される初乳の中にたくさん含まれている天然の生理活性物質です。このことから、ラクトフェリンは抵抗力の弱い赤ちゃんの健康を維持する成分として考えられています。」

さすが森永乳業から販売されているだけあって、乳酸菌など牛乳由来の成分に着目した製品になっています。

「スーパーゴールド」が気になった方は、

  • わんちゃんのお腹の調子を整えてあげたい。
  • 添加物はなるべく使わないものをあげたい。
  • アレルギーを持つわんちゃんに食べさせたい 

などわんちゃんの体調管理に気を配っている方なのではないでしょうか?

1971年創業の老舗メーカーの「スーパーゴールド」

実際は、どのような商品なのかご紹介していきます。

スーパーゴールドドッグフードの評価

総合(25点満点)17点
原材料3.0
使用制限基準のある添加物なし原材料の生産地までは分からない
栄養バランス4.0
脂肪分多めだが、必要な栄養素は基準を満たしている
安全性3.0
生産工程は不明合成保存料、合成着色料は使用なし
一部アルミパウチ使用
コスパ 3.0
一般食に比べやや高め
手に入りやすさ 3.0
通販サイトでの取扱いあり
店舗販売状況については不明

実際どのような点が優れているのでしょうか?

○スーパーゴールドのいい点

(チキンプラス)

  • 体内最大の免疫器官と言われる腸の環境に着目。
  • 乳酸菌+ラクトフェリン・フラクトオリゴ糖配合による相乗効果で腸内フローラのバランスを整える。
  • 各栄養素(アミノ酸・脂肪酸・ビタミン類・ミネラル類)の質及び量、バランスに配慮。
  • 必須脂肪酸、オメガ-3・オメガ-6 脂肪酸の量と比率に配慮。
  • イノシトール・レシチン・L-カルニチンなどを配合
  • 主要なミネラルには吸収性に優れるとされるキレートミネラルを使用。
  • 犬でも食べやすい平粒タイプ。
  • 関節機能に配慮して、グルコサミンとコンドロイチンを配合。
  • 合成保存料、合成着色料は使用なし。
  • 外包はアルミパウチであり、開放口がジッパー式になっているため密閉が可能。

(フィッシュ&ポテト)

  • 魚とポテトが主原料の低アレルゲンフード。
  • たんぱく質は高品質な魚が主体で、アミノ酸バランスに優れている。
  • 脂肪は脂肪酸のバランスと質・量に配慮。
  • 嗜好性・消化吸収性が良く、糞便の量も少なめになる。
  • 腸管内の臭いを吸着し、便臭をやわらげるユッカ抽出物を配合。

体調管理には効果が高そうですが、悪い点はどんなところなのでしょうか?

×スーパーゴールドの悪い点
  • 調理方法が分からない。(低温調理など作り方にこだわり、調理方法を開示しているメーカーもある)
  • トレーサビリティ(原材料の調達から消費者の手に渡るまでの移動の過程を追跡調査で  きる仕組み)が明らかになっていない。
  • 7.5Kg以上は袋にジッパーがついていない。
  • 酸化防止剤を使用。
  • 脂質は16%以上あり、高め。
  • トランス脂肪酸を多く含んでいるとされる植物性油脂を使用。
  • 原材料の産地など詳細が不明。
  • 遺伝子組み換え食品未使用などの記載がない。
  • 使用されている原材料が少なく、配分不明。
  • 製造、管理、出荷の過程における品質管理についての記載がなし。

スーパーゴールドドッグフードの原材料と安全性

原材料とその安全性についてはどうでしょうか?

原材料

(チキンプラス)

  鶏、コーン、米、オートミール、鶏脂肪、チキンダイジェスト、コーングルテンミール、魚肉、トマトポマス、乾燥ビートパルプ、亜麻仁、乾燥卵、乾燥イースト、食塩、チコリー(フラクトオリゴ糖)、乳酸菌、ラクトフェリン、レシチン、L-カルニチン、グルコサミン塩酸塩、イノシトール、コンドロイチン硫酸、ユッカ抽出物、ビタミン類 (A,C,D,E,K,ナイアシン,B2,パントテン酸カルシウム,B12,B1,B6,葉酸,ビオチン,塩化コリン)、ミネラル類(Ca、Zn、Fe、Mn、K、Cu、I、Se、Co)、酸化防止剤(トコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

(フィッシュ&ポテト)

 ポテト、サーモンミール、ホワイトフィッシュミール、植物性油脂、トマトポマス、ピー (エンドウ)、フィッシュダイジェスト、セルロース、乾燥ビートパルプ、緑イ貝、乾燥 ク ランベリー/ビタミン類(A,D,E,K,B1,B2,B6,B12,C,パントテン酸,ナイアシン,葉酸, ビオチン,コリン)、ミネラル類(Ca、Na、Cu、Fe、Mn、Zn、Co、Se、I)、レシチン、グルコサミ ン、コンドロイチン硫酸、タウリン、イノシトール、ユッカ抽出物、L-カルニチン、L-トリプトファン、グレープシードエキス、酸化防止剤(トコフェロール,ローズマリーエキス)

安全性

  • 人工香料使用なし。
  • 合成保存料、合成着色料は使用なし。
  • 2.4Kgまでは外包にジッパーがついており、紙製よりも品質は保たれる
  • 小麦グルテンフリー、グレインフリーでわんちゃんのアレルギーにも対応

注意点

7.5Kg以上はジッパーなしのため、保管に注意が必要。

スーパーゴールドドッグフードの栄養バランス・カロリー

スーパーゴールドの栄養バランス

(チキンプラス)

  • たんぱく質・・・25.0%以上
  • 脂質・・・16.0%以上
  • 粗繊維・・・4.5%以下
  • 灰分・・・8.0%以下
  • 水分・・・10.0%以下
  • 代謝エネルギー(ME)・・・360kcal/100g

(フィッシュ&ポテト)

  • たんぱく質・・・26.0%以上
  • 脂質・・・10.0%以上
  • 粗繊維・・・6.0%以下
  • 灰分・・・7.0%以下
  • 水分・・・10.0%以下
  • 代謝エネルギー(ME)・・・330kcal/100g

フィッシュ&ポテトの方が、高たんぱく低カロリーです。

ただし、租繊維が多めのため便が緩くなる可能性もあります。

スーパーゴールドドッグフードの種類

スーパーゴールドドッグフードの種類は4種類あります。

①チキンプラス(子犬、成犬、シニア、体重調整)

②フィッシュ&ポテト (子犬・成犬用、シニアライト、ダイエットライト)

③フィッシュ&ポテトプラス

④フィッシュ&ポテトプラス ライト

スーパーゴールドの口コミ・評判

実際の飼い主さんのレビューはどのようになっているでしょうか?

○いい口コミ
  • ビーグルに与えていますが大喜びで食べます。いろいろなフードを試しましたが価格と食いつき、ウンチの量や健康状態からこのフードが一番良いです。太りやすい犬なので規定量より抑えめにして体重調整用と交互に与えています。
  • このフードは、もう長く利用しています。うちのボクちゃんは、トマト、人参、玄米、羊肉など、あらゆるアレルギーがあるので、フードは悩みの種でした。こちらが体にあったのか、アレルギーでの病院通いが無くなりました。口に入れる物だし、神経つかいます。体にあったエサ選びってホント大事。お値段も、他のアレルギー対策物に比べて、お財布に優しいし、出会えて良かったです。体質はそれぞれなので、皆さんも良い出会いとなる事を祈っています。
  • 1才のビショプーの涙やけが酷く、このドックフードに変えてからかなり良くなりました。
  • 喜んで食べる
  • 便通が良くなった
×悪い口コミ
  • 問題は、価格がえらく変動することと頻繁に品切れになることでしょうか。常に安定して買えると助かるのですが。
  • 食いつきが悪い
  • 便が緩くなった
  • 魚の臭いが強い

スーパーゴールドの価格・最安値を徹底解説!

チキンプラス(成犬用)で比較してみました。

公式HPでの販売取扱いはありません。

Amazon、楽天サイト以外のアスクル、ビックカメラ等での取扱いの方が多く、価格帯にもかなりのバラつきがあります。

なので下に調べた際の価格を乗せておきますが、Amazonと楽天をチェックし、安いほうで購入することをおすすめします。

Amazon楽天
800g¥1285¥928(送料500)
2.4Kg¥2121¥2146(送料500)
7.5Kg¥6000¥4986
15Kg取扱なし取扱なし

スーパーゴールドはこんな方におすすめ

○こんな方におすすめ
  • お腹の調子が良くない。
  • 様々なフードを試しても、お腹の調子が改善しない。
  • わんちゃんが高齢になって、関節の状態が気になる。
  • 涙やけが気になる。
  • 便臭が気になる。
  • 体調も整えたいが、コスパはいいものを選びたい。
×こんな方にはおすすめできません
  • 原材料など国産のものがいい。
  • 必要な栄養も天然由来のものがいい。
  • 原材料にアレルギーがあるわんちゃん。
  • 酸化防止剤を使っていないものがいい。

スーパーゴールドドッグフードまとめ

いかがでしたか?「スーパーゴールド」についてご紹介しました。

口コミにあるように、腸内環境のことを考えて作られたドックフードだからこそ改善しているわんちゃんも多いようです。

また、脂質が「涙やけ」の原因ではないわんちゃんにも効果的な可能性があります。

脂質が多目なのがデメリットですが、必須脂肪酸のバランスに配慮している点は好感が持てました。

ただし、気になる点は以下の通りです。

  • 必要な栄養素は人工のものが多く使われている。
  • 原材料の生産方法などにこだわりが見られない。
  • 公式HPも他のメーカーと比較すると、かなり簡素な印象を受けた。
  • 多くの通販サイトで取扱いがあるが、各店舗での管理が行き届いているのかは不明。

これらの点は気になるところですが、コスパは割といいドッグフードのため検討してみてください。

おすすめの記事