スマイリードッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

皆様は総合栄養食に疑問を持たれたことはありますか?

『水と総合栄養食だけで健康が維持できる』本当にそうなのだろうか?

スマイリーもその他のごはんも、これから出てくるごはんも決して、これだけで良いフードは世の中に存在しない!!

だから、時代の流れ(ワンちゃんの飼育環境、個体差、性格など)に合致した究極のごはん作りを目指す!!

「スマイリー」はそんな総合栄養食に疑問をもった「Biペットランド」というブランドから発売されています。

「スマイリー」が気になった方は、

  • わんちゃんに原材料がしっかり分かるものをあげたい。
  • 添加物をなるべく避けたい。
  • ヒューマングレードなものをあげたい。
  • 過剰な栄養はあげたくない。

などわんちゃんを愛して止まない方なのではないでしょうか?

実際は、どのような商品なのかご紹介していきます。

スマイリードッグフードの評価

総合(25点満点)18点
原材料4.5
使用制限基準のある添加物なし
ほとんどが国産
栄養バランス2.5
必要な栄養素は基準を満たしていない
安全性4.0
放し飼いの鶏、ホルモン剤不使用の豚を使用
アルミパウチ使用
コスパ3.0
高品質のため値段も高め
手に入りやすさ4.0
公式ECサイト
大手通販サイト
ペットショップ にて販売
スマイリードッグフードのいい点
  • 100%純国産・国内生産
  • FK-23濃縮乳酸菌を使用し、腸内環境を整え、栄養吸収力を促進し免疫力アップ
    ※FK-23濃縮乳酸菌とは→コレステロール低下作用、免疫系に対して効果生活習慣病に代表される各種疾患を改善する効果が期待されている乳酸菌です。
  • 全材料が袋の裏面に表記されている。
  • 放し飼いの鶏、ホルモン剤不使用の豚を使用。
  • 人が食べても大丈夫なヒューマングレード。
  • ドライフードなのにオイルコーティングされていないから、酸化防止剤の使用もなし。
  • 添加物不使用(香料、着色料、保存料、防カビ剤、増粘剤、発色剤)。
  • 乳酸菌配合で便や尿が気にならなくなる効果が期待できる。
  • 外包はアルミパウチであり、開放口がジッパー式になっているため密閉が可能。
  • 低GIな原料を使用し、内臓脂肪・肥満&涙やけに配慮。
  • 食物アレルギーの発生の配慮。
  • 酸化防止剤はビタミンC・ビタミンE等で行い、化学的酸化防止剤未使用。
スマイリードッグフードの悪い点
  • 原材料の産地が分からない。
  • 品質レベルが分からない。
  • 調理方法が分からない。(低温調理など作り方にこだわり、調理方法を開示しているメーカーもある)
  • トレーサビリティ(原材料の調達から消費者の手に渡るまでの移動の過程を追跡調査できる仕組み)が明らかになっていない。
  • 保存料を使用していないため、温度や湿度に注意が必要。
  • 酸化防止剤は、ビタミンC、Eなどを使用しているため管理に注意が必要。 
  • サンプル配布がないため気軽にお試しできない。
  • 品質保持のためアルミパウチを採用しているが、いたずらでわんちゃんが誤嚥した場合には危険。

「スマイリー」の原材料と安全性

こだわりが詰まった原材料とその安全性についてはどうでしょうか?

原材料

(チキンDeli)
 鶏もも肉、鶏むね肉、鶏ささみ、鶏レバー、大麦、青玄米、かつお節、なたね油、ブロッコリー、小松菜、ワカメ、ひじき、粟、ビール酵母、卵殻カルシウム、FK-23濃縮乳酸菌

(豚肉Deli)
豚肉、大麦、青玄米、かつお節、なたね油、ブロッコリー、小松菜、ワカメ、ひじき、粟、ビール酵母、卵殻カルシウム、FK-23濃縮乳酸菌

(まぐろDeli)
まぐろ、大麦、青玄米、かつお節、なたね油、ブロッコリー、小松菜、ワカメ、ひじき、粟、ビール酵母、卵殻カルシウム、FK-23濃縮乳酸菌

(さくらDeli)
馬肉、大麦、青玄米、かつお節、なたね油、ブロッコリー、小松菜、ワカメ、ひじき、粟、ビール酵母、卵殻カルシウム、FK-23濃縮乳酸菌

安全性

  • 長期間の摂取による内臓などへの負担がない。
  • 添加物を使っていないため、品質劣化の可能性がある。
  • 外包はアルミパウチ製であり、紙製よりも品質は保たれる。
  • 小麦グルテンフリーで、わんちゃんに多い小麦アレルギーにも対応。

■注意点

総合栄養食は、水とこれだけを食べていれば必要な栄養素を取ることができるものです。

「スマイリー」は「総合栄養食」には分類されません。

あくまで「回転食」としてわんちゃんにあげることになります。

スマイリードッグフードの栄養バランス・カロリー

チキンDeli

  • 粗 蛋 白    18.4%以上
  • 粗 脂 肪    13.0%以上
  • 粗 繊 維    2.5%以下
  • 水  分    10.0%以下
  • 粗 灰 分    1.4%以下
  • 代謝エネルギー(ME) 418kcal/100g

豚肉Deli

  • 粗 蛋 白    19.3%以上
  • 粗 脂 肪    10.2%以上
  • 粗 繊 維    2.5%以下
  • 水  分      10.0%以下
  • 粗 灰 分    1.5%以下
  • 代謝エネルギー(ME) 407kcal/100g

まぐろDeli

  • 粗 蛋 白    21.6%以上
  • 粗 脂 肪    5.9%以上
  • 粗 繊 維    2.6%以下
  • 水  分     10.0%以下
  • 粗 灰 分    1.7%以下
  • 代謝エネルギー(ME) 386kcal/100g

さくらDeli

  • 粗蛋白   19.5%以上
  • 粗脂肪   9.6%以上
  • 粗繊維   2.0%以下
  • 水分    10.0%以下
  • 粗灰分   3.0%以下
  • 代謝エネルギー 417kcal/100g

スマイリードッグフードの種類

スマイリーは 「チキン」「豚肉」「まぐろ」 「さくら(馬肉)」4種類のフレーバーがあります。

「チキン」「豚肉」「まぐろ」の3種類が1つになったセットもあります。

5Kgは500gパックが10個入、1.5Kgは500gパックが3個入で小分けされています。

ステージ別の製品などはありません。

スマイリードッグフードの評判・口コミ

実際の飼い主さんのレビューはどのようになっているでしょうか。

○いい口コミ
  • フードをこれに変えたらすごく食いつきがよく欲しがるようになりました。原材料が国産って言うのも安心して与えられます。
  • もうすぐ15歳の老犬で脂肪分が高いフードはお腹を壊す事が多いので、脂質が低いフードを探していました。スマイリーのまぐろdeliは脂質5%と低く、触った感じも油のベタベタがないのが気に入りました。
  • 低脂肪フードは食いつきが悪かったりすることもありますが、香りも良くとても喜んで食べています。小分けパックになっていて酸化しにくいパッケージも良いです。少し価格が高めなので-1★」 
  • 食いつきがいい
×悪い口コミ
  • 以前から与えていたフードから変えようと少し混ぜただけで下痢しました。うちのワンコには合わない様です。
  • 確かにいい匂いがしますが良く読むとヒューマングレードの工場で管理されてると記載されてはありますがヒューマングレードのエサ表記はありません。メーカーが安心を与えてくれるならそこも加えて頂きたいと思います。
  • 小粒すぎて、むせるようになりました。
  • かつお味で食いつきは良かったです。
  • 小型犬には良くても、もう少し粒の大きさがないと、大型犬には不向きな商品です。
  • 価格が少し高い

スマイリードッグフードの価格・最安値を徹底解説!

3フレーバーのうち、「まぐろDeli」で比較しました。

公式HPAmazon楽天
600g¥2,110取扱なし¥2,310(送料¥484)
1.5Kg¥5,170¥5,170¥5,170
5Kg¥15,400¥15,400¥15,400

公式ECサイトと大手通販サイトでの値段の違いはありませんでした。

公式サイトの場合1配送につき全国一律700円(税込770円)沖縄・離島へのお届けの場合は1配送先につき1,200円(税込1,320円)がかかります。

7,000円(税込7,700円)以上のお買い上げで送料無料。

定期コースなどはありません。

スマイリードッグフードはこんな方におすすめ

○こんな方にはおすすめ
  • 原材料は極力自然のものがいい。
  • 全材料が知りたい。
  • 食いつきがよくない。
  • 手に入りやすいものがいい。
  • 国産のものがいい。
  • 添加物が入っていないものを選びたい。
×こんな方にはおすすめできません
  • コスパ重視の方。
  • 原材料にアレルギーがあるわんちゃん。
  • 総合栄養食をお探しの方。

スマイリードッグフードまとめ

いかがでしたか?「スマイリー」について紹介しました。

「スマイリー」は総合栄養食ではないため他のメーカーのものと比較するのはやや難しい難しいです。

メーカーの方は、材料や成分にこだわりをもって作っているように思えます。

しかし、原材料の産地や食材の配分量や製品製造の工程における品質管理など明確に見えてこないのは非常に残念と言えます。

さらに「スマイリー」は総合栄養食ではありません。

  • 普段のフードに加えてアレルゲンを減らしたい。
  • 食いつきを良くしたい。
  • 添加物を食べさせたくない。

と言う飼い主さんにお薦めします。

おすすめの記事