セレクトバランスドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

「セレクトバランス」は

室内で過ごす時間が長くなりがちな日本の愛犬・愛猫たち。

運動不足や肥満も心配です。

という部分に着眼点を持つ「ベッツ・チョイス・ジャパン」というメーカーから発売されているブランドです。

「セレクトバランス」は、そんな日本の愛犬・愛猫が健康な一生を過ごせるように開発された低脂肪のヘルシーフードです。

低カロリーなので太りにくく、和食のようなあっさりとした健康的な美味しさで、愛犬・愛猫が毎日飽きることなく食べられます。

「セレクトバランス」が気になった方は

  • 最近、わんちゃんの体重が増えてきた
  • 添加物をなるべく避けたい

などわんちゃんの体調管理に気を配る方なのではないでしょうか?

実際は、どのような商品なのかご紹介していきます。

「セレクトバランス」の評価

総合(25点満点)18点
原材料3.5
生産地など不明
加工された原材料を多く使用
栄養バランス4.0
必要な栄養素は基準を満たしている
安全性3.0
使用制限基準のある添加物なし
トレーサビリティなどについては不明
コスパ3.5
比較的安価
手に入りやすさ4.0
大手通販サイトにて取扱いあり
「セレクトバランス」のいい点

・皮膚・被毛の健康維持に、オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸配合。

・フラクトオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やして

・腸内フローラを整えることで、においを抑えた健康な便へ。

・健康な関節維持のために、グルコサミン・コンドロイチン配合。

・コエンザイムQ10で健康な皮膚と被毛、免疫力を維持。

・クランベリーを使用し、ポリフェノールによる尿路の健康を維持。

・歯と骨の健康維持のためにカルシウムとリンの量とバランスを調整。

・健康な筋肉に配慮し、ミルクプロテインを配合。

・合成保存料不使用。

・人工添加物フリー(香料、着色料、保存料、防カビ剤、増粘剤、発色剤)。

・無着色、無香料。

・酸化防止剤は、自然由来のものを使用。

・素材の味を活かし、厳選された原材料を使用。

・食べやすい粒の形状。

・鶏肉アレルギーに対応した「ラム」バージョンもあり。 

「セレクトバランス」の悪い点

・調理方法が分からない。(低温調理など作り方にこだわり、調理方法を開示しているメーカーもある)

・トレーサビリティ(原材料の調達から消費者の手に渡るまでの移動の過程を追跡調査できる仕組み)が明らかになっていない。

・保存料を使用していないため、温度や湿度に注意する必要がある。

・アメリカで製造しており、使用されている肉が4Dミート(死骸、病気の動物、死にかけの動物、障害のある動物)の可能性が懸念される。

・トランス脂肪酸を多く含む、キャノーラ油を使用。

・乾燥チキン、ソイビーンミール、ビートバルブ、チキンエキスなど原材料を加工して作られた素材が主成分になっている。

・ヒューマングレードではない。

「セレクトバランス」の原材料と安全性

原材料とその安全性についてはどうでしょうか?

チキン

 乾燥チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、鶏脂(オメガ6脂肪酸・オメ ガ3脂肪酸源)、ビートパルプ、チキンエキス、乾燥卵、キャノーラ油(オメガ6脂肪  酸・オメガ3脂肪酸源)、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)

ラム

 乾燥ラム、玄米、米、エンドウ豆プロテイン、ビートパルプ、鶏脂(オメガ6脂肪酸・オ メガ3脂肪酸源)、チキンエキス、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、エンドウ豆繊維、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉 酸、ビオチン、コリン)ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)

エイジングケア

 乾燥チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、ビートパルプ、ソイビーンハ ル、乾燥ポテト、乾燥卵、鶏脂(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源)、チキンエキス、 キャノーラ油(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源)、ビール酵母、乾燥ミルクプロテイン、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイム  Q10、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉 酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)
酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)

■安全性

  • 長期間の摂取による内臓などへの負担がない。
  • 添加物を使っていないため、品質劣化の可能性がある。
  • 製造から出荷までの工程の品質管理については、全く分からない。

■注意点

総合栄養食は、水とこれだけを食べていれば必要な栄養素を取ることができるものです。

ですから、どうしてもミネラルやビタミンに関しては、人工のものを添加しなくてはいけません。

「セレクトバランス」の栄養バランス・カロリー

チキン
  • たんぱく質   22.0%以上
  • 脂肪      13.0%以上
  • 粗繊維     5.0%以下
  • 灰分       7.0%以下
  • 水分      10.0%以下
  • カルシウム   0.6%以上、2.5%以下
  • リン       0.5 %以上、1.6%以下
  • メチオニン   0.3%以上、1.0%以下
  • 代謝エネルギー(ME)350kcal/100g
(ラム)
  • たんぱく質    23.0%以上
  • 脂肪        13.0%以上
  • 粗繊維       5.0%以下
  • 灰分         8.5%以下
  • 水分         10.0%以下
  • カルシウム     1.0%以上2.5%以下
  • リン          0.8%以上1.6%以下
  • メチオニン     0.3%以上1.0%以下
  • 代謝エネルギー(ME)350kcal/100g
(エイジングケア)
  • たんぱく質    20.0%以上
  • 脂肪        10.0%以上
  • 粗繊維       5.5%以下
  • 灰分         7.0%以下
  • 水分        10.0%以下
  • カルシウム    0.6%以上2.5%以下
  • リン         0.5%以上1.6%以下
  • メチオニン     0.3%以上1.0%以下
  • 代謝エネルギー(ME)325kcal/100g

「セレクトバランス」の種類

基本はチキン、ラムの2種類で年齢別のそれぞれの味の展開があります。

  • 子犬・母犬用
  • アダルト(1歳以上)チキンのみ中粒あり 
  • スリム
  • エイジングケア(7歳以上)
  • グレインフリーシリーズ チキン・サーモン2種類 アダルトのみ

「セレクトバランス」の評判・口コミ

実際の飼い主さんのレビューはどのようになっているでしょうか。

いい口コミ

「すぐにエサに飽きるワンコが気に入って食べています。
もう何度リピートしたことか。
毛艶が凄く良くなりましたし、ご飯の時間を楽しみにしてるようです。」

「22キロの中~大型犬ですが、食が細くこの小粒のまた、夏バテにもこの小粒のカタチが好きなようです。
色々ためしましたがこれに落ち着いています。」

「ずーっと食べさせてますが、ヒューマングレードの記載がなくなったので不安はあります。
食いつきは良いです。」

「パッケージがジップロックになっていて助かる。形状も小型犬が食べやすいサイズで食いつきも良いです。
お値段もお手頃なのでリピートします。」

悪い口コミ

「涙やけ対策に購入しましたが、期待外れでした。
餌としては食べているので使い切って、切り替えです。」

「まぁまぁですね。よくも悪くもない感じだと思います。
犬に聞いてみないとわからないですけど…」

「セレクトバランス」の価格・最安値を徹底解説!

Amazon楽天
1Kg¥1075¥1075
3Kg¥3575¥3575
7Kg¥6820¥6820

通販サイトの違いによる価格に違いはありませんでした。

公式HPはありません。

「セレクトバランス」はこんな方におすすめ 

こんな方にはおすすめ

・手に入りやすいものがいい。

・コスパが良いものがいい。

・体重管理をしたい。

こんな方にはおすすめできません

・製造~出荷まで管理が行き届いている物がいい。

・なるべく添加物はとらせたくない。

・使用する添加物は、自然由来のものがいい。

・原材料の産地まで知りたい。

・食材にアレルギーのあるわんちゃん。

セレクトバランスドッグフードまとめ

いかがでしたか?「セレクトバランス」について紹介しました。

添加物については、余計なものは全く入っていません。

長期間食べても内臓への影響は少ないと思います。

気になる点は以下です。

  • 使用している油の質に疑問が残る。(トランス脂肪酸は血管の健康に影響を与えると言われています。)
  • エイジングケアについては、タンパク質量が少なめなのにカロリーがあまり変わらない。

自然の素材、そのものが使用されていない点や製造過程についての説明が、パッケージにも公式HPにも書かれていない点が少し残念です。

口コミにもありましたが、栄養成分や原材料など「良くも、悪くもない」という判断になります。

低価格ドッグフードの中では悪くない方ではありますので試してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事