オリジンドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

わんちゃんにもお肉が大好きな子と苦手な子がいます。

肉好きのわんちゃんのためにお肉をふんだんに配合しているドッグフードを探している方は、『オリジン』というドッグフードを見かけたことがあるのではないでしょうか?数々の受賞歴があり、愛犬家に人気の『オリジン』。

今回は、数あるドッグフードの中から『オリジン』について検証していきたいと思います。

・オリジンとは?

オリジンは30年以上にわたり、犬と猫に自然の摂理にかなったフードをカナダの自社工場で作っています。

ホールプレイ(丸ごとの獲物)の動物原材料を使用し、愛犬・愛猫が食べるべきタンパク質豊富な食事を作り続けています。

素材本来のうまみと栄養素を活かすために、新鮮な食材を独自の製法でじっくり丁寧に調理しています。

そのため、合成サプリメントを極力避け、無添加のドッグフードを作り上げています。

原材料にもこだわり、信頼する地元の農家、牧場主、漁師から仕入れ、保存料を使わず、毎日新鮮な状態で工場に運んでいます。

自社工場で製造していて、原材料の産地からフードの全工程でトレーサビリティが確保されているのも安心材料ですね。

『オリジン』が気になった方は

  • お肉寄りのドッグフードをあげたい
  • 素材に安全安心はものを使っているドッグフードをあげたい

など、わんちゃんが好みそうなお肉寄りのドッグフードを求めている方ではないでしょうか?

ここでは、『オリジン』について原材料の安全性から、商品の口コミまで徹底解剖!

わんちゃんの食事を選ぶご参考に最後までご覧ください。

オリジンドッグフードの基本情報

価格340g 1,430円
2kg 6,600円
6kg 15,950円
11.4kg 23,100円
100gあたりの単価203円~
タイプ(ドライ・ウエット)ドライフード
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー394キロカロリー/100g
メイン食材新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉
原産国カナダ
ライフステージ全年齢
販売会社株式会社OrijenJAPAN

お肉をメインにしていて、配合量も他のドッグフードに比べてとても多いため、カロリーは高めです。

また、こだわりの食材・製法でつくられているため、価格も高めです。

オリジンドッグフードの評価

総合(25点満点)21.5
原材料5.0
栄養バランス4.0
安全性5.0
コスパ3.0
手に入りやすさ4.5
オリジンのいい点
  • ヒューマングレードな食材を使用
  • 原材料の産地が明確
  • 合成サプリメントを極力避けられる
  • 無添加
  • お肉やお魚がたっぷり入っている
  • 大粒が好きなわんちゃんにぴったり
  • 少量で栄養をしっかりとれる
オリジンの悪い点
  • 大粒が苦手なわんちゃんには合わない
  • 高タンパクなので給餌量に注意
  • 価格が高め

オリジンドッグフードの原材料と安全性

【オリジン オリジナル】の原材料についてみてみましょう。

原材料

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵, 新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー, 新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆,新鮮チキンネック,新鮮鶏腎臓, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 鶏肉脂肪, 天然鶏肉風味, ニシン油, 粉砕鶏骨, 鶏軟骨, 七面鳥軟骨, ドライケルプフリーズドライ 鶏レバーフリーズドライ 鶏レバー, フリーズドライ七面鳥レバー新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤),チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物

オリジンの原材料の特徴として、「新鮮〇〇」と書かれた材料が使われています。

他のどの様なフードにも見られない、原材料リストのトップ10に含まれる肉の約3分の2は、新鮮(保存剤を使わず冷蔵)または生(保存剤を使わず急速冷凍)です。

新鮮肉や臓器、軟骨に加え、新鮮で丸ごとの魚と全卵の栄養がぎっしりと詰まっていて、わんちゃんに必要な殆ど全ての栄養分が配合されています。

肉類を無水調理することによって、自然に出てきた肉汁を利用し、低音でじっくり蒸して調理しています。

全体の85%が動物性食材ということもあって、ほとんどお肉やお魚で占めているのも特徴です。

また、ゆっくりとフリーズドライされたレバーが入っていて、風味とおいしさプラス。選り好みをするワンちゃんでも喜ぶ味になっています。

オリジンドッグフードの栄養バランス・カロリー

【オリジン オリジナル】の栄養バランスについてみてみましょう。

栄養バランス
  • 粗たんぱく質(以上) 38 %
  • 粗脂肪(以上) 18 %
  • 粗繊維(以下) 4 %
  • 水分(以下) 12 %
  • カルシウム(以上) 1.2 %
  • リン(以上) 0.9 %
  • オメガ6脂肪酸(以上) 3.3 %
  • オメガ3脂肪酸(以上) 0.8 %
  • DHA(以上) 0.2 %
  • EPA(以上) 0.2 %
  • グルコサミン(以上) 700 mg/kg
  • コンドロイチン硫酸(以上) 600 mg/kg

この栄養バランスを見ると、たんぱく質の割合が他のドッグフードに比べてとても高いです。お肉が好みのわんちゃんは喜んで食べてくれそうですね。

ただ、たんぱく質が多いと、腎臓への負担も懸念されます。オリジンでは、【高たんぱく食が腎臓にマイナス効果を与えることを示す科学的研究結果はない】としていますが、気になる方はオリジンの別シリーズの商品を試してみてください。

オリジンドッグフードの種類

味は下記の通り。ベニソンとチキンの容量は、340g、2kg、5.9kg、11.3kgの4種類です。

PUPPY 子犬用

子犬用

PUPPY LARGE 大型犬の子犬用

粒の大きさが大き目

ORIGINAL オリジナル

全犬種対応

SIX FISH シックスフィッシュ

魚だけで作ったドッグフード

REGIONAL RED オリジナルレッド

牛、イノシシ、ヤギなどお肉メインで作ったドッグフード

TUNDRA ツンドラ

ヤギ、イノシシ、鹿などに魚も加えたドッグフード

FIT & TRIM フィット&トリム

体型や体重が気になるわんちゃん向けのドッグフード

SENIOR シニア犬用

シニア犬用

オリジンドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ

・ドッグフードは、いいものをできるだけ交代にして使うようにしていて、OrijenやAATU,その他を交代させて、あまり同じものだけ食べさせないようにしています。万が一、ミスで良くないものが混入した時のリスクを避けるためです。 わが家の犬は食欲旺盛で、残すとかありえないので、気に入らないという心配がないというのが気楽な点です。 評価の欄はいつも参考にさせていただいています。今回あらたにACANAをためしてみようかと思い、英語で検索したところ、なんとオリジンと同じチャンピオンペットフードという同じ会社が製造していることを知りました。 オリジンは、イギリスのうるさいペットフード評価のAll about dog food UK というサイトでも上位に出てくる、高評価のドッグフードの一つです。 このサイトに、あるトップのDog Foodの名前をいれてみると、Pea Protein (豆のたんぱく)と黄いろで表示されて、それをクリックすると「安価だけども、たんぱく質の代替物として消化もよくないので犬のフードとしては適切でないと思われる」、とあります。手厳しい評価欄です。もちろんすべて程度の問題だと思います。 このトップのチャンピオンペットフード社ですら2018年にアメリカで訴訟されています。重金属やら、BHPの入ったものが食に混ざっているという理由ですが、普通に魚をたべても水銀は体内にはいりますし、人間の食にさえこういうものは侵入するもので、安全なレベル、として会社は対応しています。古いコメの欄に保存剤のBHAの使用について記載がありましたが、Orijenのホームページには、使用していないと記載されています。 Champion’s ingredients and foods are never preserved with BHA/BHT or any other chemical preservative.  日本語のホームページは、どこもお粗末すぎるのが情報が入らない問題かといつも思います。 [出典:Amazon]

・うちの愛犬には、ここ数年、Orijinのオリジナルが主食です。この先も、本品を愛用するつもりです。 [出典:Amazon]

・十歳のマルチワワのために購入しました。私が試食しましたが、かなり美味でした。ささみをトッピングすると食いつきは相当良いです。少食なので給与量が少なくて助かります.ただ粒が大きいので、砕いて与えなければならないのが面倒くさいです。小型犬用も作ってもらいたい。ふやかして与える時にもサイエンスダイエットなどに比べると短時間でふやけるのでその点は良い。 [出典:Amazon]

悪い口コミ

開封時にチャックが片方に引っ付いていて、二度と密封出来ない。チワワに与えると粒が大きく、小粒タイプのドッグフードと比べると食べない。仕方なく、小さく割ってやると食べる。ドッグフードのおすすめでは上位に来るが超小型犬は必ずしもガッツく感じではなかった。 [出典:Amazon]

下痢が止まらなくなりました [出典:Amazon]

わんちゃんの食いつきがいいというコメントがありました。

ただ、粒が大きめのようで小型犬にあげる場合には、砕いて小さくした方が食べやすいようです。

オリジンドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

【オリジン オリジナル】の価格を比較してみましょう。

公式Amazon楽天
340g¥1,430
送料:¥660
(¥2,530以上で無料)
¥1,430
送料:¥520 
¥1,062
送料:¥350
2g¥6,600
送料無料
¥4,514
送料無料
¥3,980
送料無料
5.9Kg¥15,950
送料無料
¥11,770
送料無料
¥11,770
送料無料
11.4Kg¥23,100
送料無料
¥19,800
送料無料
¥15,995
送料無料

公式サイトでの販売はありませんので、正規販売店(今回は「GREEN DOG」)の情報を記載しました。GREEN DOGでは、年会費無料の会員登録をすると、定期便やTポイントがたまったり、クーポンがもらえたりとお得なことがあるようです。

Amazon、楽天では、「平行輸入品」と書かれたショップもあります。

正規ルートではないショップからの購入は、低価格ですが、購入時にはきちんとショップ情報も確認して購入された方がいいです。

オリジンドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • わんちゃんに穀物アレルギーがある
  • いろいろな味のフードが好き
  • おなかの調子を整えたいわんちゃん
  • お肉多めのドッグフードが好きなわんちゃん
  • 大き目の粒を好むわんちゃん
  • グレインフリー→体にやさしい素材を選びたい
  • 定期購入がいい
こんな方にはおすすめできません
  • わんちゃんの口の大きさに粒の大きさが合わない
  • 太りやすいわんちゃん
  • 定期購入が苦手

オリジンドッグフードまとめ

オリジンは他のドッグフードと比べてお肉の配合量が多いことから、お肉好きのわんちゃんに合うドッグフードといえます。

魚のみを使ったものや、シニア用のドッグフードもラインナップにあるので、どの成長過程にも対応できるのもポイント高いですね。

少量パックもあるので、わんちゃんの好みの味を見つけてあげてみてください。

参考URL

■オリジン公式サイト

https://www.orijen.net/

おすすめの記事