犬の食事回数は1日何回がベスト?時間や減らし方についても解説!

この記事では犬の食事回数や時間について解説します。

人間もそうですが、食事は犬が生きていく上で体だけでなく心にもとても重要なウェイトを占めています。

子犬と成犬、シニア期、あるいは小型犬と大型犬、病気やアレルギーを持っているなど。

健康状態によってもそれぞれ食事の内容や与える回数も違ってきます。

犬は自分では、食事を準備することはできません。

愛犬が健康で長く元気に暮らすためには、犬のライフステージに合わせた栄養と食事の管理をすることが大事。

飼い主としてとても大切な仕事のひとつですので、最後までご覧ください。

犬の食事回数は何回がベスト?年齢別に解説!

わんちゃんは年齢によって摂取するべき必要な栄養の量や、エネルギー量が異なります。

そこで年齢別の食事回数の目安をご紹介します。

子犬期(~1歳)

わんちゃんの成長は早く、生まれて1年で成犬になります。

子犬の時期は特に急激に成長するために、成犬の2~3倍の栄養が必要と言われます。

子犬期にしっかり栄養を吸収しておかないと、骨格や筋肉の形成がうまくできません。

生後3週間目ぐらいから歯が生えはじめ、そのころになるとお母さん犬は子犬に噛まれて痛いために授乳を嫌がるようになります。

4週間目ぐらいからは離乳食を食べ始める時期です。

子犬用のドライフードをお湯でふやかしてつぶして犬用のミルクを足すなど、やわらかくて消化の良いものにします。

離乳食のはじめのころは、子犬はふやかした水分の多い食事を一度にたくさんは食べられません。

また消化器官がまだ未発達なので、 4週間~3ヶ月までは1日に4回から5回ぐらいにわけて少量ずつ食べさせます。

犬は空腹時間が長くなると低血糖となり、ぐったりしてしまうこともありますので、常にわんちゃんの様子に注意していなければいけません

生後3~4ヶ月ごろからは1日3回にしていきます。

徐々に様子を見ながらふやかしご飯からドライフードへ切り替えていきますが、7ヶ月ごろには1日2回ぐらいになるように回数を調節していきます。

成犬期(1~8歳)

子犬が成犬になる時期は、小型犬と大型犬では少し違います。

小型犬は約10ヶ月、中型犬は約12ヶ月、大型犬は約18ヶ月ぐらいで急激な成長は止まり、成犬になります。

子犬用のフードから成犬用のフードに切り替える時期になります。

成犬の食事は小型犬も大型犬も、通常1日2回です。

シニア期(8歳~)

そしてシニアになると筋肉量も落ち、エネルギー必要量は活発な若い犬に比べると、かなり落ちてきます。

成犬と同じように食べていると肥満にもなりやすいです。

また老化が進むと消化力も落ちてくるので、フードをふやかしたり、食事の回数も1日2回から3~4回に増やして少量ずつ与えるなどの調節が必要になります。

犬の食事の時間は何時がベスト?不規則だとどうなる?

基本的にわんちゃんに食事を与えるのに適した時間というものはありません。

成犬ならば朝と晩の2回、ある程度等間隔で与えるのが良いとされています。

食事の時間が不規則だとどうなる?

次の食事まであまり時間が空いてしまい胃の中が空っぽになると、朝の食事前に黄色い胃液のようなものを吐いてしまうこともあります。

不規則な食事時間はわんちゃんに身体的・精神的なストレスを与えてしまいます。

ある程度規則正しい生活は、わんちゃんの健康にとっても良いことです。

同じ時間に食事の催促をしてくるときの対処法

毎日きっちり定時に食事や散歩をしていると、わんちゃんによっては散歩や食事の時間が近づくと騒ぎ始め、少しでも時間がずれただけで催促してしつこく吠えるようになることがあります。

時間がずれることがわんちゃんにストレスを与え、飼い主さんもわんちゃんのために自分本来の行動がとれなくなって双方ストレスになってしまう場合があります。

このような場合、あえてご飯や散歩の時間を少しずらすことを続けてみます。

「催促されたから食事を与えたり散歩に行くのではなく、飼い主の都合によってずれることもあるけど、心配ない」

ということを教えた方が良いという考え方です。

「犬は集団の動物であり、集団のリーダーが行動の決定権を握って暮らしていた動物である。」というところに基づいています。

わんちゃんの食事時間との向き合い方

わんちゃんと楽しく暮らしていくためには、あまり極端に限定された行動パターンを取ると、余計なストレスを誘発を与えてしまう可能性があります。

飼い主さんの生活のリズムやスタイルに合わせて、時間の調節をすることも重要です。

ただわんちゃんの老化が進んだり、病気などでご飯の時間になっても食欲がなく、ご飯を食べたがらないこともあります。

そんな時はご飯の時間や間隔をあまり決めつけず、食欲の改善を第一に考え、様子をみながら食べものに興味を示したら食べられるものを少しずつ与える方が良い場合もあります。

出かける前に置き餌をするのはよくない?

また飼い主さんが仕事に出かけるなどの理由で、いつでも食べられるようにと長時間そのまま置いておく「置き餌」の方法をとる方もいます。

しかし、「いつでも好きな時に食べられる」状態は合理的で簡単ですが、わんちゃんの胃や腸が休まることがないため、本来の健康状態を把握しにくくなります。

さらに、ドッグフードは長時間空気にさらしたままにしておくと酸化してきます。

ましてわんちゃんが時々食べたものを長時間そのまま置いておくのは、様々な雑菌が発生して犬の健康を害してしまうこともあるので、おすすめできません。

犬の食事回数を減らすタイミングと減らし方を解説!

犬の食事回数の減らし方やタイミングを解説します。

6~7ヵ月以降

犬は生後30~40日ぐらいまではお母さん犬の母乳を飲んで過ごします。

それ以降は離乳食の期間になります。

はじめの頃は1日4~5回に分けて、子犬用ドライフードをお湯などで十分ふやかし、消化の良いお粥状にして食べさせます。

やがて3ヶ月も過ぎるころになると、体重も増え乳歯もはえ揃ってきます。

乳歯が生え揃ってきたタイミングがドライフードへ移行させる時期になります。

ふやかすお湯の量を減らし時間を短くするなどして、少しずつ固形の状態にも馴らし、6~7ヵ月ごろまでには完全なドライフードへ移行していきます。

この頃にはわんちゃんの消化能力もついてきて1度で食べられる量も多くなるので、体重の増加を確認しながら回数も1日3~4回ぐらいに減らします。

この期間は犬の生涯の中でも最も摂取カロリーが必要な成長期なので、栄養豊富な子犬専用のフードを欲しがる分をしっかり与えます。

そして小型犬なら10カ月ぐらいで成犬となるので、与えるフードも成犬用に切り替えていきます。

いきなり成犬用フードに全面的に替えるのではなく、今までの子犬用のフードに成犬用フードを少しずつ混ぜていき、1週間から10日かけて成犬用フードだけになるように調節していきます。

成犬の食事の回数は基本的には1日2回です。

フードを切り替えるときは、移行期間を取ってあくまでもゆっくり、少しずつ変えていきます。

そうでないと、わんちゃんによっては食べ慣れない食事がストレスとなり、下痢を起こしたり食欲不振になったりするためです。

便の様子も確認しながら注意深く行います。

8歳以降

元気に駆け回っていたわんちゃんも、しだいに寝ている時間が長くなり、散歩を嫌がったり視力や聴力も衰えてきます。

平均して大型犬で8歳ごろから、小型犬で10歳ごろから老齢期と言われる時代に入っていきます。

シニア犬になると代謝も衰えて、食欲も衰え食事の量も減ってきます。

咀嚼したり飲み込む筋力も弱くなってくるので、特に消化の良い良質のたんぱく質が必要です。

消化能力も落ちてくるのでフードもシニア用に切り替え、次第にお湯や薄いスープなどでふやかしてあげた方が食べやすくなってきます。

また、1度に大量のフードは食べられなります。

1日2回だった食事回数も3~4回に増やし、少量ずつ与えた方がよいでしょう。

犬の1回の食事量はどのくらいがいいの?

生まれてから生後30日ぐらいまでは、お母さん犬のミルクを飲ませてあげなければなりません。

人間と同じで、子犬が最初に飲む母乳には重要な抗体と栄養素が含まれており、子犬にとってとても大切なものです。

この期間にうまく母乳が飲めないときは、子犬用のミルクなどを哺乳瓶で与えて補給して栄養を確保します。

離乳食の時期が終わると、徐々に子犬にもドライフードを与えることになります。

与える量は、基本的にドッグフードの袋に記載されている体重別のフード量を参考にします。

記載されている量は、健康で標準的なサイズの犬を対象にしています。

病気にかかっていたり、痩せている、肥満ぎみ、など条件が違う場合は、かかりつけの獣医さんに相談するなどして調節する必要があります。

また、通常は1日にとるフード量が記載されています。

1日の食事量を与える回数で割って1回の量を計算しましょう。

子犬には多めに食事を与えてもいい?

子犬の時期は急速に成長していきますから、平均的な量では自分のわんちゃんには足りなくなってくることもあります。

子犬期には、犬が要求する分を与えて肥満になることはないと言われています。

成犬に比べてずっと多くの栄養を必要とし、体の骨格や内臓・免疫機能など将来に必要な重要な機能が成長する時期でもあります。

体重が増えるということは、しっかり消化・吸収しているからです。

逆に子犬時代に栄養をきちんと取らせていないと、免疫力が弱くて病気にかかりやすくなります。

さらに、成犬になってからも健康上の問題がいろいろ出てくる場合もあるので、注意が必要です。

しかし、下痢や軟便が続くようなら与えすぎの可能性もあるので、与える量を調節しなければなりません。

また成犬の時期になると急激な成長は止まるので、子犬ほど高カロリーの食事は必要なくなります。

いつまでも高タンパク高カロリーの子犬用フードを与え続けていると、肥満になる恐れもあります。

【まとめ】犬の食事量と時間を管理する重要性

2019年に施行された改正動物愛護管理法では、『生後56日未満の犬や猫を親から離して販売してはならない』としています。

ペットショップやブリーダーさんから子犬を購入する場合、小さくても生後2カ月ぐらいからの子犬ということになります。

生後2か月というとまだ離乳食ぐらいです。

それから成犬になり生涯を終えるまで世話をして見守っていくのは、とても楽しくもありますがとても大変なことでもあります。

中でも特に食事の管理は、わんちゃんが心身の健康を保つためにとても重要です。

わんちゃんは自分では食事をえらぶことも、摂ることもできません。

生涯のパートナーとなる愛犬と楽しく暮らすためにも、ぜひ知識を得て理解し、日々のわんちゃんの健康状態を観察しながら十分な食事管理をしてあげてください。

おすすめの記事