ナウフレッシュドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

この記事ではナウフレッシュドッグフードの評判や価格について紹介しています。

ナウフレッシュの魅力は"素材の新鮮さ"です。

ナウフレッシュは、生(フレッシュ)の食材にとことんこだわり乾燥肉やミートミールを使わない「100%」新鮮な生肉・鮮魚を使っています。

さらに、オイルもフレッシュなキャノーラ油、オメガ3が豊富なサーモン油、中性脂肪になりにくいココナッツ油などを使用しています。

私たちも”新鮮でおいしいもの”を食べたいと思いますよね。

わんちゃん達も同じだと思います。

また価格も低いため、買い続けやすいというメリットもあります。

毎日食べるものだから”新鮮でおいしいご飯をあげたい”と思う飼い主さんにナウフレッシュの材料や安全性、最安値で購入する方法も解説しましたので最後までご覧ください!

価格が低い=悪いご飯

というわけではなく、ナウフレッシュは低価格でも安全です。

その理由も解説しました!

ナウフレッシュドッグフードの基本情報

価格1.59kg 3,795円
2.72kg 5,280円
5.44kg 9,790円
9.98kg 15,950円
100gあたりの単価159円~
タイプ(ドライ・ウエット)ドライフード
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー367キロカロリー/100g
メイン食材ターキー(生肉)
原産国カナダ
ライフステージアダルト
販売会社グローバル ペット ニュートリション株式会社

ほとんどのドッグフードメーカーが、ミールを使用している中第一種原料にターキー(生肉)を使用している所は高く評価できます。

ターキーとは七面鳥のお肉のことで、ささみよりも高タンパク・低脂肪で知られています。

また、アレルギーになりにくいとも言われています。

また、ドッグフードの内容としては肉が少なく、ポテトが多く入っているという印象です。

ポテトを多く使用しているため価格が低く買いやすいお値段となっています。

価格が安いと使い続けやすいと思いますので『低価格でグレインフリーのドッグフード』をお探しの方におすすめです。

また、カロリーが低めに抑えてあるので体重増加が気になる方おすすめです。

ナウフレッシュドッグフードの評価

総合(25点満点)20.5
原材料5
栄養バランス4.5
安全性5
コスパ4
手に入りやすさ3
ナウフレッシュドッグフードのいい点
  • 保存料(エトキシキン・BHAなど)人工香料・着色料不使用
  • グルテン・グレインフリー
  • 乾燥肉やミートミールを使わない100%新鮮な生肉・鮮魚を使用。
  • CFIA(カナダ食品検査庁)基準で人間用として合格した食材=ヒューマングレード食材を使用。
  • 20種類以上の食材を使用し、タンパク質・炭水化物・脂質の栄養バランスが絶妙に調整されている。
  • 健康な腸内環境と免疫機能をサポートするプロバイオティクス、プレバイオティクスもしっかり配合
  • 一般的なペットフードは120-150℃程度まで熱をかける中、ナウフレッシュは低温(90℃)でゆっくり丁寧に調理するSCSB(Slow cooked in Small Batches)製法を採用している。これは、タンパク質の変性を抑えて素材の美味しさと栄養をできるだけ損なわないようにするためです。
ナウフレッシュドッグフードの悪い点
  • GI値が心配
  • ポテトの量が多いため、うんちの量が多くなってしまうかもしれない

GI値とは

グリセミック・インデックスの略で、食後の血糖値の上昇度を示す数値のことです。

つまり、糖質の吸収のしやすさのことで

ナウフレッシュは、第二種原料が「ポテト」になっています。

ポテトは糖質が高いためGI値も高いと言われています。

糖の吸収が促進されてしまい、わんちゃんによっては、太りやすくなってしまうかもしれません。

ドッグフードに含まれる原料の中で高GI値とされているものは【白米・とうもろこし・じゃがいも・にんじん】です。

全体的に、わんちゃんのために「新鮮なおいしさを届けたい」といった印象がとても強いです。そして、主原料の鶏肉も、カナダでは1960年代から、鶏肉の製造過程でホルモン類とステロイドの使用を禁止していますので使われていませんし

ヒューマングレードの食材を使用していたりと安全面でも安心できます。

安全だけれど低価格な理由は「ポテト」が多く使われているからという理由です。

そのポテトのGI値が気になる所ではありますが

おいしさを追求した安心・安全で低価格なドッグフードです!

ナウフレッシュドッグフードの原材料と安全性

原材料

ターキー生肉(骨抜き)、ポテト、エンドウ豆、乾燥鶏卵、ポテト粉、エンドウ豆繊維、フラックスシード、リンゴ、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、キャノーラ油、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)、ココナッツ油、アルファルファ、トマト、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、カッテージチーズ、乾燥チコリ根、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸一カルシウム、塩化ナトリウム、塩化コリン、ビタミン類(ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ナイアシン、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、リボフラビン、β-カロテン、ビタミンB12サプリメント、ビオチン、塩酸ピリドキシン、ビタミンD3サプリメント、葉酸)、ミネラル類(硫酸第一鉄、タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、セレン酵母、酸化亜鉛、硫酸銅、タンパク質キレートマンガン、タンパク質キレート銅、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、タウリン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、DL-メチオニン、L-リジン、塩化カリウム、ユッカシジゲラ抽出物、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)

原材料を見る限り、わんちゃんに悪影響のあるものは見つかりません。

また、公式通販HPに原材料の産地も記載されています。

原材料は安全で安心できます。

ただし、ポテトや豆・卵が入っているので

ポテト・豆・卵のアレルギーのあるわんちゃんは注意が必要です!

ナウフレッシュドッグフードの栄養バランス・カロリー

分析項目単位現物中(As fed basis)乾物中(DM中,Dry matter basis)
代謝エネルギー(ME)kcal/kg36703989
 水分%80
 タンパク質%2730
 脂質%1718
 粗繊維%3.43.7
 灰分%7.98.6
 炭水化物%3740
■アミノ酸   
 アルギニン%1.371.49
 リジン%1.371.48
 メチオニン + システイン%0.870.95
 フェニルアラニン + チロシン%1.982.15
 タウリン%0.120.13
■脂肪酸   
 オメガ6脂肪酸%2.702.93
 オメガ3脂肪酸%1.11.2
 EPA+DHA%0.070.07
 リノレン酸%2.602.80
■ミネラル類   
 カルシウム%1.41.5
 リン%0.80.8
 カリウム%0.60.7
 ナトリウム%0.310.33
 塩化物%0.360.4
 マグネシウム%0.10.11
 鉄mg/kg152165
 銅mg/kg1719
 マンガンmg/kg31.434.1
 亜鉛mg/kg142154
 ヨウ素mg/kg3.53.8
 セレンmg/kg0.470.51
■ビタミン類   
 ビタミンAIU/kg1952521223
 ビタミンDIU/kg15221654
 ビタミンEIU/kg176192
 チアミンmg/kg1516.3
 リボフラビンmg/kg13.314.5
 パントテン酸mg/kg30.633.3
 ナイアシンmg/kg3841
 ピリドキシンmg/kg3.841
 葉酸mg/kg0.60.7
 ビオチンmg/kg0.650.71
 ビタミンB12mg/kg0.10.1

たんぱく質は27%なので、そこまで高タンパクではないため、お散歩の時間が少ない室内で過ごしているわんちゃんに良いかと思います。かといってタンパク質が少ないわけではないので大丈夫です。

ナウフレッシュドッグフードの種類

グレインフリー アダルト

新鮮素材をたっぷり使ったナウフレッシュの基本レシピとなるドッグフード

グレインフリー シニア&ウェイトマネジメント

体重コントロールに配慮した低脂肪の栄養バランスのドッグフード

グレインフリー スモールブリードアダルト

小型犬でも食べやすい超小粒タイプのドッグフード

グレインフリー スモールブリードシニア&ウェイトマネジメント

小型犬でも食べやすい超小粒タイプのドッグフード。体重コントロールに配慮した低脂肪

グレインフリー スモールブリードパピー

小型犬の子犬が食べやすい超小粒タイプのドッグフード

グレインフリー スモールブリード        フィッシュアダルト

小型犬でも食べやすい、超小粒タイプのドッグフード

グレインフリー パピー

子犬の健やかな成長を助ける栄養バランスのドッグフード

グレインフリー フィッシュアダルト

魚に含まれるDHA・EPAが健康維持をサポートするドッグフード。

ナウフレッシュドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ
  • アレルギーがあるので心配していましたが、全く問題ありませんでした。毛艶がよくなったように思います。
  • 品質を信頼し、子犬のころからずっとナウフレッシュをあげています。
  • お腹の調子を整える成分が入っているせいか毎日いいうんちをしてくれます!
  • 何を食べてもお腹をこわしていたのですが、ナウフレッシュに変えてから嘘のようにお腹をこわさなくなり、心配がなくなりました。
悪い口コミ

数ヶ月食べさせましたが脂肪が高すぎてびっくりしました。気づかず食べさせていたことに後悔しました。別の低脂肪、高タンパク、高栄養のグレイングルテンフリー完全無添加の日本製にかえました。

良い評価の方が多く、悪い評価はほとんどありません。

フレッシュをあげて毛艶がよくなった、お腹の調子が良くなったというような口コミが多くみられました。

体重が増加が心配だという方は他の低カロリーご飯と混ぜてあげている方が多いようです。

フレッシュドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

グレインフリー・アダルトで比較しています。

公式Amazon楽天
1.59kg¥3795¥3795
2.72kg¥5280¥5280¥5280
5.44Kg¥9790¥9790¥9790
9.98Kg¥15950¥15950¥15950
送料1.59kg・2.72kgは送料500円
5.44kg・9.98kgは送料無料
¥0¥0

1.59kg・2.72kgを購入する際は、公式だと送料がかかってしまうためAmazon・楽天で購入することをおすすめします。

また、公式でも他のネットショップでも金額は同じでしたのでAmazonや楽天でポイントをもらって購入する方がポイント分お得に購入できます!

ナウフレッシュドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • グルテンアレルギーがあるわんちゃん
  • お腹の調子があまりよくないわんちゃん
  • 毛艶がないのかな?と気になる
  • 安全なドッグフードを探している方
  • 涙やけが気になるわんちゃん
こんな方にはおすすめできません
  • お肉が主となっているドッグフードを上げたい方
  • ポテト・豆・卵アレルギーの心配があるわんちゃん
  • 太りぎみのわんちゃん

ナウフレッシュドッグフードまとめ

全体的には、高評価のドッグフードです。

ミールを使用するドッグフードメーカーが多い中、生肉を使用しているという所は高く評価できます。

安全なのに、この価格?本当?と最初は疑ってしまいましたが、ポテトを多く使用しているため低価格で購入することができます。

安全・低価格・グレインフリーのドッグフードをお探しの方にはおすすめしたいドッグフードです。

ただし、お肉を主にしたい飼い主さんにはナウフレッシュは、お肉が少ないので物足りない内容となっています。

おすすめの記事