ナチュラルチョイスドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

ナチュラルチョイスは、

1926年から90年以上ペットフードを作り続けている老舗メーカー「ニュートロ」のブランドの1つです。

「ナチュラルフード」を前面に打ち出し、

  1. 着色料不使用
  2. 化学合成物不使用
  3. 合成酸化防止剤不使用

としています。

また、以下の4つの約束を掲げています。

  1. ペット第一主義
  2. 主原料は100%自然素材
  3. 愛犬・愛猫の個々のニーズに応える
  4. 品質に妥協しない   

ナチュラルチョイスが気になった方は

  • 添加物をなるべく避けたい。
  • ライフステージや体系別で細かくシリーズ展開があるものがいい。
  • 有名な老舗メーカーのものがいい。
  • できればコスパも考慮したい。

など家計やわんちゃんのことなど、色々な点が気になる方なのではないでしょうか?

ナチュラルチョイスはどのような商品なのか?原材料や安全性・栄養バランスが分かり、最安値で購入する方法も解説しましたので最後までご覧ください。

ナチュラルチョイスドッグフードの基本情報

価格1Kg 1806円
3Kg 4739円
100gあたりの単価(公式HP)158円~
タイプドライフード
目的総合栄養食
カロリー375キロカロリー/100g
メイン食材チキン
原産国アメリカ
ライフステージ成犬
販売会社ニュートロ

ナチュラルチョイスドッグフードの評価

総合(25点満点)19点
原材料 3.5
栄養バランス 3.5
安全性 4.0
コスパ4.0
手に入りやすさ 4.0
ナチュラルチョイスのいい点
  • 「ウォルサム研究所」の知見を元に、総合栄養食より厳しい栄養基準を満たしたフード。(ウォルサム研究所とは、50年近くにわたりペットの栄養と健康に関する科学的研究をしている施設)
  • 製品の原材料調達、製造、輸送、保管・出荷など一つひとつの工程で厳格な品質基準を設けている。
  • 栄養素として意味のある原材料のみで設計。
  • チキンの首、足、羽などの食用とされない原材料を使わない。
  • ミネラル、ビタミンが豊富な全粒の穀物を使用。
  • 自然で混じりけのない原材料を使用。
  • 詳細不明な原材料は不使用。
  • 自然由来の保存料を使用。
ナチュラルチョイスの悪い点
  • 脂質が比較的多い。
  • アレルゲンになりえる原材料が多く使われている。
  • アレルギー症状が出た場合、原材料の種類が多く原因が特定しにくい。
  • 配合量が分からない。
  • 調理方法が分からない。(低温調理など作り方にこだわり、調理方法を開示しているメーカーもある)
  • トレーサビリティ(原材料の調達から消費者の手に渡るまでの移動の過程を追跡調査できる仕組み)が明らかになっていない。
  • 保存料を使用していないため、温度や湿度に注意する必要がある。
  • 品質保持のためアルミパウチを採用しているが、いたずらでわんちゃんが誤嚥した場合には危険。
  • ヒューマングレードではない。

原材料については厳選された素材と謳っていますが、生産地が詳細にされておらず不安が残ります。

また、ヒューマングレードではないところが高得点に繋がらない要因となりました。

大手のメーカーならではで安全性は維持されていますが、トレーサビリティが明らかになっていないところから満点には至りませんでした。

ただし、品質にこだわりながらも低価格であることと、公式通販サイトから定期コース購入できる点については評価できます。 

ナチュラルチョイスドッグフードの原材料と安全性

原材料

プレミアムチキン小型犬用(チキン&玄米)

チキン(肉)、チキンミール、大麦(食物繊維源)、エンドウマメ、粗挽き米、玄米(食物繊維源)、鶏脂*(オメガ6脂肪酸源)、タンパク加水分解物、米糠、オートミール、亜麻仁(オメガ3脂肪酸源)、ビートパルプ、チアシード、ココナッツ、トマト(βカロテン源)、乾燥卵、パンプキン、ケール、ホウレンソウ、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸) 

プロテイン超小型犬~小型犬用(ラム&玄米)

ラム(肉)、ラムミール、粗挽き米、米糠、エンドウマメ、ヒヨコマメ、玄米、オートミール、エンドウタンパク、タンパク加水分解物、鶏脂*、ひまわり油*、大豆油*、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)

なお、その他の年齢別、シリーズによって配合量や原材料に違いが生じます。

原材料に、肉だけでなくチキンミールやラムミールが使用されています。

低価格を維持するためには仕方がないと言えます。

また、配分量が明らかになっておらず、穀物の種類が多数あります。

原材料1つ1つを見ると肉が一番初めに表記されているため、配合量としては多いのでしょうが、穀物類を全て合わせると肉:穀物のバランスがどうなるのか気になる点ですはあります。

安全性

  • 長期間の摂取による内臓などへの負担がない。
  • 添加物を使っていないため、品質劣化の可能性がある。
  • 酸化防止に配慮された特殊なパッケージに窒素封入をして袋詰め。

注意点

昔の話にはなりますが、ニュートロは2007~2009年にかけて3回リコールされています。

  1. キャットフードの原材料(中国産)にメラミンが混入
  2. 栄養成分量の虚偽申請
  3. 製造過程での異物混入

「食用とされない部位を使用しない」としていますが、4Dミート(死骸、病気の動物、死にかけの動物、障害のある動物)を使用していないとは明記していません。

高品質を謳っているブランドですが、4Dミートを使っているアメリカのブランドであるため、懸念はぬぐえません。

しかし、リコールを経験しているからこそ、自信にも繋がっているのかもしれませんね。

総合栄養食は、水とこれだけを食べていれば必要な栄養素を取ることができるものです。

ですから、どうしてもミネラルやビタミンに関しては、人工のものを添加しなくてはいけません。

ナチュラルチョイスドッグフードの栄養バランス・カロリー

プレミアムチキン小型犬用(チキン&玄米)
  • タンパク質 24.0% 以上
  • 脂質 16.0% 以上
  • 粗繊維 3.5% 以下
  • 灰分 10.0% 以下
  • 水分 10.0% 以下
  • ビタミンE 60IU/kg 以上
  • セレン 0.35mg/kg 以上
  • オメガ6脂肪酸 2.0% 以上
  • オメガ3脂肪酸 0.2% 以上
  • 代謝エネルギー 375kcal/100g
プロテイン超小型犬~小型犬用(ラム&玄米)
  • タンパク質22.0% 以上
  • 脂質 14.0% 以上
  • 粗繊維 3.5% 以下
  • 灰分 10.0% 以下
  • 水分 10.0% 以下
  • ビタミンE 60IU/kg 以上
  • セレン 0.35mg/kg 以上
  • リノール酸 3.5% 以上
  • 亜鉛 250mg/kg 以上
  • ナイアシン 250mg/kg 以上
  • ビオチン 2.5mg/kg 以上
  • 代謝エネルギー 355kcal/100g

なお、その他の年齢別、シリーズによって成分量に誤差が生じます。

プレミアムチキンは小型犬用でありながら、脂質がやや高めになっています。

またプロテインはプロテインを重視しているものの、タンパク質がプレミアムチキンより低い点が気になるところです。

ナチュラルチョイスドッグフードの種類

「ナチュラルチョイス」は3種類のシリーズがあります。

  • プレミアムチキン(チキン&玄米)
  • プロテイン(ラム&玄米、フッシュ&ポテト)
  • スペシャルケア(避妊・去勢後の食事、減量用)

さらにプレミアムチキンには子犬、年齢別など各サイズ展開があります。

  • 超小型~中型犬子犬、大型犬子犬
  • 超小型犬、超小型犬~小型犬、小型犬、中型~大型犬
  • 超小型犬シニア、小型犬シニア、中型~大型犬シニア

体形別に細分化されており、全犬種用の商品と比較すると、購入時に栄養バランスを考えなくても良い所がありがたいですね。

ナチュラルチョイスドッグフードの評判・口コミ

チキン&玄米についての口コミです。

いい口コミ

「ドッグフードにより下痢をしたり皮膚が痒がったりアレルギーを起こすものもあります。色々試してやっとこのドッグフードで落ち着きました。」

「ご飯嫌いで何をあげても食べたがらない愛犬(超小型犬)用に購入。がつがつとまではいきませんが、20分ほどかけてなんとか食べてくれます。
硬いご飯や粒が大きいものを面倒くさがって嫌がる傾向にあるのですが、こちらはギリギリ食べられなくはない…という感じ。
粒によっての多少の硬さの違いを選別しながら食べてます。
ちなみに今までロイヤルカナンのドライフードやウェットフードを6種類、ニュートロ4種類、その他メーカーを6種類ほど試して、比較的食べてくれるのはこれだけです。
大袋を買うのはリスキーなので、いつも様子を見ながら1kg前後のものを購入するようにしています。
乳離れから1年半かけてようやく食べてくれるフードに辿り着きました。
配送も迅速で助かりますし、今後もリピートする予定です◎」

「10か月になるミニチュアダックスにあげてます。
ラムフードと両方試してみましたが、チキンの方がお気に入りのようです。
いつもお湯でふやかして柔らかくしてあげます。
ドライフードなのでそのままあげたところ早食いしたあとにそのまま吐き戻した事があるので今でもお湯を足して柔らかくしたものを食べています。
偏食気味でしたが、いつも完食です。」

悪い口コミ

「便がやわらかく黄色になりました。うちの子には合わないみたいです。お値段安くてよさそうだったので残念です。」

「成分表を見る限り、そんなに粗悪な材料でもないので与えてましたが、手作りに変えて災害時にカリカリがたべれるようにと、時々あげるようにようにしたら、ウンチが真っ黄色なのと、とにかく量も回数も増え、これは相当の食物繊維が入ってる(うちの犬には消化できない)と思い、やめました。
主原料にチキンとありますが、その後、玄米、大麦 豆などが続き、全体バランスでみたら、お肉より穀物の方が多いというトリック。今後のリピートはないです。」

「チキン&玄米に以前は入っていなかったラムが最近になって入るようになり アレルギー体質の愛犬に与えられなくなりました せっかく食べられるフードを見つけたと喜んでいましたが残念です 品質自体には問題なかっただけに落胆しています。」

コメント数としては、いい口コミの方が圧倒的に多く見られました。

悪い口コミには、「食べない」「排便の変化」など原材料に起因するものが多いように感じました。

この点については、どうしてもわんちゃんの個体差が出てくるようです。

ナチュラルチョイスドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

プレミアムチキン小型犬用(チキン&玄米)

公式Amazon楽天
1Kg1806円取扱いなし1673円
3Kg4739円3300円3271円
6Kg9479円6980円(3Kg×2)5566円

公式HPからの購入特典

  • 5500円以上で送料無料
  • 13:00までの注文で当日出荷
  • ポイントを貯めてスペシャル特典と交換
  • 定期コース購入あり

公式HPや大手通販サイト、小売店など入手方法は沢山あります。

大手通販サイトの方が安価に手に入れられます。

しかし、店舗によっては「品質に問題があった」という口コミも見られました。

価格の幅が広い分、購入の際には注意が必要です。

購入は、コスパを重視するのか品質を重視するのかで、選択が変わってくる商品とも言えます。

ナチュラルチョイスドッグフードはこんな方におすすめ 

こんな方にはおすすめ
  • 安全管理をしっかり行っているものがいい。
  • 原材料は極力自然のものがいい。
  • 食いつきがよくない。
  • 品質とコスパの両方を考慮したい。
  • 手に入りやすいものがいい
  • 細かなサイズ展開があるものがいい
こんな方にはおすすめできません
  • 原材料など国産のものがいい
  • 原材料の産地まで知りたい。
  • 食材にアレルギーのあるわんちゃん。

ナチュラルチョイスドッグフードまとめ

いかがでしたか?「ナチュラルチョイス」について紹介しました。

「ニュートロ」の製品は、細かいサイズ展開が特徴的ですね。同メーカーからオーガニックな原材料に配慮した「シュプレモ」も発売されていますが、ナチュラルチョイスの方がお手頃な価格になっています。

配合材料に穀物の種類が多く、アレルギー体質のわんちゃんは、下痢や便秘になりやすかったりするかもしれません。

また、脂質がやや多いため、小型のわんちゃんは涙やけなど起こすことも考えられます。サンプル配布はありませんので、気になった方は1Kgを試されてはいかがでしょうか?

おすすめの記事