モアソフトドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

ワンちゃんが急にご飯をたべなくなったり、いつもご飯を残すようになったら、飼い主さんはとても不安になりますよね。

ここでは、愛犬に安心して毎日おいしく食べさせることのできるフードを探している飼い主さんに向けて、食いつきが良いと評判の「モアソフト」を多方面から調べ、いい評判も悪い口コミも隠さず載せて、フード選択のお手伝いになればと思います。

モアソフトドッグフードの基本情報

価格600g 1,980円
100g当たりの単価330円
タイプ(ドライ・ウエット)セミモイスト
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー350キロカロリー/100g
原産国日本
ライフステージ全年齢(1歳以上)
販売会社株式会社Petio

モアソフトドッグフードの評価

総合(25点満点)18点
原材料4点
栄養バランス4点
安全性3点
コスパ3点
手に入りやすさ4点
モアソフトの良い点
  • 主原料に1種類の生肉を使用しており、成分表にもはっきり最初に表示されている。
  • チキン、ホース、フィッシュ、ラムの4種類を順番にあたえることで、同一のたんぱく質を長い間摂取することなく、アレルギーの発症を回避できる。
  • アダルト、シニア、ハイシニアと年齢にあわせて選択しやすい。
  • シニアやハイシニアに対して、コンドロイチンやグルコサミンが配合されているなど、きめ細かく対応している
  • 90gや100gずつに分包され、それぞれの小袋に脱酸素剤がいれてあり、保存しやすい
  • やわらかいので、歯の弱い老犬にも与えやすい。
  • 国内産なので安心できる。
モアソフトの悪い点
  • 値段が高い。
  • 原料が国産かどうかわからない。
  • 添加物が多いので心配。
  • 保存期間が短い

モアソフトドッグフードの原材料と安全性

モアソフト チキン アダルトの原材料を見ていきましょう。

原材料

肉類(鶏・鶏ササミ・鶏レバー)、小麦粉、でんぷん類、脱脂大豆、砂糖、植物性油脂、小麦たん白、小麦ブラン、オリゴ糖、野菜類(トマト・にんじん)、大豆ペプチド、乳酸菌(ラクリス)、アマニ油、γ-リノレン酸、グリセリン、プロピレングリコール、ソルビトール、ミネラル類(カルシウム・リン・鉄・マンガン・亜鉛・銅・ヨウ素・コバルト・ケイ素)、膨張剤、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、ビタミン類(A・B2・B12・D・E・コリン)、メチオニン

主原料の肉と野菜の2層仕立て。すべてのタイプにアマニ油や乳酸菌なども配合され、年齢に応じてコンドロイチンやグルコサミンなどを配するなど、きめ細かく対応していると思います。

セミモイストフードのため、膨張剤や保存剤など添加物が多く、影響がないかと心配になる飼い主さんも多いようです。

しかし国の定める基準をクリアしているので、過度に心配する必要はないとは思います。

また、小麦や大豆はアレルギーを起こしやすい食材のためアレルギーのあるわんちゃんは注意が必要です。

モアソフトドッグフードの栄養バランス・カロリー

モアソフト チキン アダルトの栄養バランスを見ていきましょう。

栄養バランス
  • 粗たん白質17.0%以上
  • 粗脂肪7.0%以上
  • 粗繊維1.0%以下
  • 粗灰分7.0%以下
  • 水分30.0%以下
  • ナトリウム1.1g以下
  • カルシウム0.42%以上
  • リン0.35%以上
  • ビタミンA3500IU以上
  • ビタミンB10.70mg以上
  • ビタミンD350IU以上
  • リノール酸0.70%以上

モアソフトに使用されている主原料となる肉は、鶏肉、馬肉、ラム肉、魚の生肉を100%使用しており、リコピンが豊富なトマトとカロティンが豊富な人参の野菜の層との2層になっていて、栄養バランスが考えられていると思います。

モアソフトのタンパク質量は、ドッグフードの総合栄養食として日本で基準としているAAFCO(全米飼料検査官協会)の基準をクリアしています。

モアソフトは1歳からの成犬用のフードなので、成長期の子犬や、猫などには与えないよう、注意が必要です。

モアソフトドッグフードの種類

モアソフトは、主原料としてチキン、ホース、フィッシュ、ラムの4種類のラインナップと、それぞれのライフステージに合わせたバリエーションがあります。

チキン

鶏・鶏ささみ・鶏レバーの生肉を主原料にしています。

アダルト(1歳から)

シニア(7歳から)

ハイシニア(11歳から)

ライト(1歳から)

ホース

生の馬肉が主原料です。

アダルト(1歳から)

シニア(7歳から)

ハイシニア(11歳から)

フィッシュ

生の白身魚(太刀魚)が主原料です。

アダルト(1歳から)

シニア(7歳から)

ハイシニア(11歳から)

ラム

生のラム肉が主原料です。

アダルト(1歳から)

シニア(7歳から)

モアソフトドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ
  • アトピー気味のチワワに与えてみました。フードを変えるときに気になるのはちゃんと食べてくれるかと、アトピーが悪化しないかどうかです。小粒なので口が小さい小型犬でも食べやすそうでした。味もいいのかハイペースで食べていました。
    食後、数時間経過しましたが、アトピーが悪化することもなく大丈夫でした。
    悪化すると肌のピンクが濃くなるので分かりやすいのです。
    原産国:日本なので安心です。ちゃんと食べてくれてアトピーも大丈夫だったので、文句なしの★5です。
  • 魚、野菜は嫌いで肉しか食べない超わがまま愛犬が、このフードはソフトタイプなのでおやつと勘違いしているみたいです。
    ・有胞子乳酸菌とオリゴ糖を配合・・・お腹に良い
    ・α-リノレン酸豊富なアマニ油配合・・・皮膚、毛づや
    ・食物繊維豊富な小麦ブラン配合・・・健康な便通
    ・大豆ペプチド配合・・・健康で元気な体*
    食物アレルギーに配慮された、安心で安全な国産プレミアムフードです。
    便利な分包タイプでもう少し安ければもっと嬉しいですが、
    それを差し引いても☆5つだと思います。
  • リピーターです。 定期的にお願いしています! アレルギーがありますが、このフードは食いつきも良く安心して食べさせてあげられます。 迅速で梱包も丁寧なので、感謝しています。
  • ずっとロイヤルカナンを食べさせていましたが、たまには違う種類も混ぜて食べさせようと購入しました。食いむらのある愛犬ですが、これを混ぜると良く食べてくれます。小粒のソフトフードが好みのようでした。これで夏場の食欲が落ちるのをふさげます。よい買い物になりました。
  • 正直なところ、添加物については不安なところがありますが、他のドックフードも同じ事が言えるし、何より一番食い付きが良いところが購入継続の理由です。すぐに飽きてしまうところがありますが、アレンジもしやすそうなので助かります
  • アレルギーがあるのでモアソフトフィッシュ 食べさせてますが、食いつきも良くアレルギーも出てなさそうなので続けています。
悪い口コミ
  • 新食感で嗜好性向上を狙っているが、その効果はイマイチで添加物も多過ぎる☆
  • 低脂質&高蛋白寄りなだけで無く、単一原料故のアレルギーリスク低減も狙え、拘る方に向けられた商品と感じます。
    加えて、ミネラル&ビタミン類もサプリメント志向で多種添加され、【亜麻仁油】や【乳酸菌】で毛並みや便通改善も目指されているみたいです。
    一方で植物性素材に関しては、野菜類以外に【小麦粉】や【大豆】も多用されており、グルテンアレルギー等への配慮は掛けています。
    合わせて各種添加物も、半生食感を作り上げる為にか【プロピレングリコール】や【ソルビトール】が用いられ、保存料として【リン酸塩】&【ソルビン酸K】&【エリソルビン酸】も加えられており、愛犬目線では不要と言える物が多過ぎる印象です。
  • 総じて、メーカーは若干の嗜好性向上が図られた、成長期に利用する常用ドッグフードとして売り出しておられるみたいですが、思った程は嗜好性が高くありません。
    機能面でも、栄養価には拘っていますが、ドライフードでは定番の食物繊維質が控えめなのか、便が緩くなる傾向があったりと【乳酸菌】の効果もイマイチと感じる使用感です。
    そして、最も気になるのは添加物の多さで、食感変化で喰い付きを向上させ様と言う狙いは理解出来ますが、その為に健康を害しては本末転倒であり、個人的には高評価する事が出来ないと感じました。
  • フードジプシーで、旅行中の餌に悩み、こちらを注文しました。前にも食べた事があり、好んでたのですが、今回はあまり反応が良くなかったです。
    切り口など少し固い気がしたので、ぬるま湯でふやかしました。

モアソフトドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

公式Amazon楽天
チキンアダルト600g¥1,980¥928¥1,080
フィッシュアダルト500g¥1,980¥937¥1,120
ホースアダルト500g¥1,980¥1,002¥1,233
ラムアダルト400g¥1,980¥982¥1,080

モアソフトの商品を安く売っているのはAmazonでした。

モアソフトドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 自分のワンちゃんがなかなかフードを食べてくれないと、悩んでいらっしゃる方
  • フードに含まれる添加物のことを、あまり気にしない方
  • 自分のワンちゃんがもうシニアで、硬いものが食べられなくなっている方
こんな方にはおすすめできません
  • 自分のワンちゃんにはなるべく無添加なものを与えたいと思っている方
  • 自分のワンちゃんがまだ小さい子犬の方には不向きです。
  • 自分のワンちゃんが小麦粉、鶏肉などにアレルギーのある場合。

モアソフトドッグフードまとめ

モアソフトは乾燥加工のされていない柔らかいセミモイストのフードです。

犬はもともと生肉を食べていたために、こうした水分の多い半生のタイプの方を好みます。

口コミを見ていると、かなり食いつきが良く気に入るワンちゃんも多いようですし、シニアのワンちゃんにも良いフードと言えるでしょう。

ただ水分量の多いセミモイストタイプのために傷みやすく、保存料やしっとりとした食感を保つための添加物も多くなっています。

またモアソフトは、鶏肉、馬肉、ラム、魚など複数の動物性たんぱく質をローテーションで摂取することで、同一たんぱく質を長期間摂ることによってアレルギーが発症しないようにしています。アレルギーのアレルゲンとなるのは鶏肉や牛肉も多いと言います。

モアソフトは、アレルゲンを特定するのにも役に立つでしょう。

おすすめの記事