愛犬の食事のかさましはダイエットに効果的?注意点やおすすめの食材をご紹介

病院やトリミングサロンでワンちゃんの体重増加を指摘されたり、最近ウエストのクビレがなくなってきたなど、太ってしまったワンちゃんのダイエット方法を探している方はいらっしゃいますか?

また、とにかく食べることが大好きなワンちゃんを飼っている方は、太らないように何か食事で工夫したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、ダイエットの時に使える「かさまし」食材とそのメリットとデメリットをご紹介します。

愛犬の食事のかさましはダイエットに効果的?

ワンちゃんの体重管理はとても大切です。

体重が増えすぎてしまうと、足腰へのトラブル、糖尿病や心臓や呼吸器関係の病気のリスクが増します。

特に、食べることが大好きな子や、おねだり上手の子などでは無意識のうちに食事やオヤツを与えすぎてしまい気が付くと太ってしまっている場合もあります。

かさましのメリットとデメリットはこんな点があげられます。

メリット
  • カロリーの割に満腹感が得られる
  • 太ってしまった体重を元に戻す
  • ワンちゃんの食べる喜び、楽しみを維持出来る
デメリット
  • 我流だと栄養バランスが崩れる可能性がある
  • アレルギーや既往症まどがある時は、かさまし食材が使えない
  • かさまし食材を毎食用意する必要がある

愛犬の食事のかさましにおすすめの食材を紹介

かさましにおすすめの食材は、タンパク質系と野菜系があります。

タンパク質系としては、鶏のささみ・豆腐やおから。

野菜系は、キャベツ、もやし、ブロッコリーなど。

それぞれの食材の特徴と与え方、注意点をご紹介します。

また、かさまし食材にアレルギーがあるコや、既往症などで食べるのを避けた方が良い食材もありますので、あげる前に確認してください。

タンパク質系

かさまし+タンパク質を摂取したい場合は鶏ささみか豆腐がおすすめです。

鶏ささみ

低カロリーで高タンパク。

与え方は、お湯で茹でてしっかり火を通します。与える時は、裂いて食べやすくトッピングしましょう。

もし新鮮なささみを手に入れることが出来る時は、1分程度お湯でゆで、半生で与えることも、半生なのでささみの酵素を補給することもできます。

豆腐・おから

植物性たんぱく質はもちろん、食物繊維やカルシウム、炭水化物やカリウムが含まれています。特におからは、水分を吸うので満腹感と腹持ちが良いことが特徴です。

ただしカロリーは、豆腐もおからも高めなので与えすぎにはご注意を!

また、植物性なのでお腹を下すこともあります。

野菜系

野菜類は消化のことを考えて少しだけゆでてあげてください。

ゆで過ぎは栄養素が逃げるのでサッと茹でる程度で大丈夫です。

また茹でた直後の熱いものは、冷ましてからあげてくださいね。

そして大根や人参・カブ・芋などの根菜は、糖質が多いのでダイエット目的にはおすすめできません。

キャベツ

多くのビタミンや酵素、そして食物繊維が含まれています。

キャベツは生でも茹でても与えることができます。

もやし

95%以上が水分や食物繊維と栄養素もしっかり入っていて価格も安く一年中手に入る優秀食材です。軽くゆでて細かく刻む。

ブロッコリー

抗酸化作用のあるスルフォラファンが含まれています。

しかし、シュウ酸なども含まれているので与える時は既往症などにご注意下さい。

寒天

藻が原料で、そのほとんどが食物繊維です。

お肉や野菜のゆで汁などを固めて、しっかりかさましできます。

食物繊維のお陰で満腹感がでますが、与えすぎるとお腹を壊すコもいるのでご注意下さい。

かさまし以外に愛犬のダイエットに効果的な方法を紹介!

毎食のかさまし食材の利用以外でも、体重管理やダイエットの方法はたくさんあります。

食事に関する工夫と、それ以外の方法をご紹介します。

食事以外の方法
  • 散歩の距離もしくは頻度をを増やす
  • 家の中でも、体を動かす遊びを取り入れる
  • ドッグラン、プール(ハイドロセラピー)などを利用する
食事に関する方法
  • 食器を、早食い防止食器にする
  • 食事の場所を決める
  • 食事の量は変えずに、食事の回数を増やす
  • おやつをあげない、もしくは与える量を決める
  • ドッグフードを変える

ドッグフードは、「食事制限タイプ」を利用すると、かさまし食材を使わなくても確実にダイエットが出来ます。

忙しい飼い主さんにとっては、食事の準備の時間を節約できて、その代わりに散歩の時間などが増やせるので便利ですね。

また、原材料や添加物なども事前に確認出来るので、アレルギー食材がある場合は購入時に事前に確認ができます。

ところでドッグフードはドライタイプやウエットタイプは昔からありますが、第三のドッグフードとして「フレッシュドッグフード」というジャンルが登場しています。

フレッシュドッグフードの特徴
  • 原材料がヒューマングレードという商品が多い
  • 低温調理など出来るだけ原材料の栄養素を壊さないように加工
  • 添加物なども急速冷凍するため不使用もしくは最低限のみ
  • 加工後に急速冷凍されて冷凍販売されている商品がほとんどなので、与える時は事前に「冷蔵庫で解凍するだけ」という手軽さ
  • 冷凍保存タイプなので、賞味期限がドライタイプよりも長目
  • ドライタイプに比べると水分がとても多い
  • 人肌に温めることも可能なので、より魅力的な香りがたつ
  • ドライタイプと同様に総合栄養食としてカロリーや必要な栄養素やバランスなどもしっかり取れる

フレッシュドッグフードは、従来のドライタイプのドッグフードに比べるとコスパが悪いように感じるかもしれません。

しかし、調理方法の工夫で、食材が本来持っている栄養粗をできるだけ多く残し、温めて与えることも簡単にできるのでより食事の時間が楽しみに感じられるなどメリットもあります。

おすすめはWantimeフレッシュドッグフード

フレッシュドッグフードの中でも、Wantimeはこんな点でおすすめです。

Wantimeはペット管理栄養士監修の総合栄養食タイプです。

特にダイエット目的の場合は、低カロリーでアレルギーのでにくい「ホース(馬肉)」がおすすめです。

おすすめポイント
  • ビーフ、チキン、ホースの3種類の味から選べる総合栄養食
  • 材料は、タンパク質である肉類と野菜類はヒューマングレード
  • お腹の調子を整えるプロバイオティクスを配合
  • 人工甘味料、香料、保存料、着色料は不使用
  • 100g毎の食べきりパウチを採用
  • パウチは冷凍保存であれば賞味期限が1年間と長期保存が可能

まとめ

今回は食べることが好きなコや、加齢や運動不足などが原因で太ってしまったワンちゃんのために食事の時の出来る工夫として「かさまし食材」を取り上げました。

かさまし食材はメリットもありますが、食事の度に下ごしらえをする時間や手間がかかったり、栄養のバランスが崩れてしまうデメリットもあります。

ワンちゃんの体重管理や、ダイエットが必要なコのためにドッグフードを選ぶ時には、食事の時間をもっと楽しんでもらえるように従来のフードとは一味違う「フレッシュドッグフード」という原材料にこだわり、栄養価も高いジャンルのドッグフードを検討されてみてはいかがでしょうか。

複数あるフレッシュドッグフードの中でも特にオススメしたいものは、総合栄養食タイプで、しかもお腹の調子を整えるプロバイオティクスが配合されている「Wantimeフレッシュドッグフード」です。

気になるかたは一度お試しされてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事