おすすめのヒューマングレードドッグフードランキング
  • 愛犬の健康を守るために、安心・安全のドッグフードは何がいいのか分からない・・・
  • 何が入っているか不明なフードは避けたい!
  • 出来れば添加物や化学調味料の不使用なフードを食べさせたい。
  • ヒューマングレードドッグフードは聞いたことがあるけど、内容が分からない。

そんな想いでこの記事を読んでくれている飼い主様が多いかと思います。

そこで、とても安全で、私たち人間でも安心して口にすることができるヒューマングレードのドッグフードをご紹介したいと思います。

この記事では、今、愛犬家に注目されている、ヒューマングレードのドッグフードの特徴や選ぶポイント、おすすめのヒューマンドッグフードなどをご紹介していきます。

愛犬に長く元気でいてもらうことを願うあなたの参考になれば幸いです。

ヒューマングレードドッグフードを与えるメリット

ヒューマングレードドッグフードとは、どのような特徴があって、なぜおすすめなのかをご説明していきます。

「ヒューマングレード」とは?

人間が食べる同等の基準・品質ということ。

通常のペットフードは、衛生基準が低めなので、人間の食べ物と同等に安心・安全とは言えません。

稀に、完全無添加で粗悪な食材は一切使われていないものもありますが、日本においてはまだまだ犬にとって粗悪な材料が使用されているフードが多いです。

中には、何が入っているか不明のミートミールや、4Dミート、合成保存料、着色料、香料、防腐剤、BHA、BHTなどが入ったフードもとても多く感じます。

※4Dミートとは、死亡した動物の肉、死にかけの動物の肉、障害のある動物の肉、病気の動物の肉。これらの肉を4Dミートといいます。

化学調味料は、私たち人間にとっても体に悪いですから、人間より寿命の短いワンちゃんにとってどれだけ危険なものか分かりますね。

残念ながら、ペットフード製造において、コストの削減のために安心・安全とは言えない材料が使われていることが多いのです。

ヒューマングレードは、人間基準でのフードとして製造されているため、安心・安全の新鮮な食材が使われています。

また、栄養バランスもいいので、健康的な食事をワンちゃんに食べさせてあげられます。

健康的な体作りは、私たち人間もワンちゃんも食事が重要ですよね。

安全性はもちろん、良質な食材を食べさせてあげることが結果、ワンちゃんの健康を守り、長生きをしてもらう秘訣でもあるのです。

ヒューマングレードドッグフードを選ぶ際のポイント

「ヒューマングレード」と一言でいっても、その基準はきちんと定義されたものではありません。

中には、添加物やグルテンなど犬にとって好ましくない材料が含まれているものもあります。

なので、きちんと原材料を確認して選ぶ必要があります。

では、どのような点に気を付けて選べばいいのか、ご説明していきます。

  • 添加物は一切不使用か、最小限に限られているか
  • 犬にとって、アレルギーの原因になる小麦や穀物は入っていないか(アレルギー対策)
  • 栄養バランスはとれているか
  • 獣医師や栄養士監修で作られているか
  • 量産型の工場ではなく、1つ1つ丁寧に製造されているか
  • 健康のための栄養素が入っているか
  • 犬の食いつきがいいか

これらのことに気を付けて選ばれることがおすすめです。

私たち人間も口にすることができる「食品」ですから、製造工程も明確にしているメーカーは安心できますよね。

コスパ最強のヒューマングレードドッグフードランキング

おすすめのヒューマングレードドッグフードを7選ランキングにしましたので、参考にしてみてください。

1位 Wantime(ワンタイム)

ランキング7選の中で唯一の国産ドッグフードです。

食材はもちろん、製造工程も明確にしていて安心・安全のフードです。

食材も国産の厳選された新鮮な食材が使用されていて、製造も日本で丁寧に作られています。

健康的で美味しく食べてもらうための工夫がされています。

人間の「食品」レベルまで引き上げられたフードを急速冷凍により栄養を壊さずそのまま閉じ込められています。

2位 モグワン

イギリスのドッグフード生産工場の専門家たちと何回も打ち合わせを重ね、原材料の選定から粒の硬さの調整まで、1つ1つ徹底的に吟味されて作られたフード。

ペットフード専門工場で製造されていて、高たんぱく・動物性たんぱく50%以上、穀物不使用のグレインフリー、着色料・香料不使用の安心・安全なドッグフードです。

3位 アカナ

アカナは原材料の最大75%を新鮮な鶏肉、魚、卵などの肉類が占める、カナダで製造されているドッグフードです。

高GI炭水化物、植物性タンパク質、合成添加物を一切使用されていません。

種類も豊富にあり、ワンちゃんのライフステージに合わせて選ぶことができます。

4位 K9ナチュラル

非加熱ドライフリーズ製法を採用したニュージーランド産のドッグフードです。

ニュージーランドの広大な自然の中で、人間食用に育てられたお肉が使用されていて、新鮮な食材をそのままに非加熱ドライフリーズ製法で製造されています。

5位 オリジン

原材料の85%に新鮮な肉類を使用した高たんぱくのカナダ産ドッグフードです。

新鮮な肉や魚が豊富に使われています。

レシピの開発、製品の安全性、原材料の供給、フードの調理の細部に至るまで確実に管理できる自社キッチンでのみ製造されています。

6位 ブッチ

ニュージーランド産の原材料を使用した「ブッチ」のウェットタイプのドッグフードです。

人工的な調味料・合成香料・着色料・保存料不使用で、小麦、グルテン、イースト、エトキシキン、プロピレン・グリコール等の成分は一切含んでいません。

生肉に近い水分量を保ったフードです。

7位 カナガン

高品質な食材を使用したイギリス産のドッグフードです。

放し飼いチキンの新鮮な生肉と、高タンパクの乾燥チキンがブレンドされています。

香料・着色料不使用で、グレインフリーです。

英国王室のエリザベス女王から表彰された高品質で安心・安全のヒューマングレードドッグフードです。

まとめ

近年注目されているヒューマングレードドッグフードについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

注目されているだけあって、様々な商品が販売されるようになりましたが、「ヒューマングレードドッグフード」という文字だけで判断するのではなく、原材料や製造過程を確認する必要がありますね。

ヒューマングレードドッグフードは、プレミアムフードになりますので、他の安値のフードよりお値段は高めです。

やはり、新鮮で良質な材料を使っている分、仕方がないのですね。

ランキング入りしたフードはどれも、¥3,000~¥4,000ぐらいのお値段です。

新鮮で良質な材料で手作りするとなると、さらにコストがかかりますし、時間も労力もかかります。

その分ワンちゃんのことを考えられて作られたドッグフードのため、「愛犬にいい食事を与えたい!」という方はぜひフレッシュドッグフードを与えてあげてください。

おすすめはWantime(ワンタイム)フレッシュドッグフード

Wantime(ワンタイム)フレッシュドッグフードは製造工程が映像で公開されているので、どれだけ丁寧に作られているのかが分かります。

犬の保護活動を行っている方々の犬の健康を考えたオリジナルフードなので、ワンちゃんも美味しく健康に食べられるフードです。

美味しさと安全へのこだわりで作られているので、安全かつワンちゃんが美味しく食べられるように、1つ1つ手作りで作られているので、より安心して与えられますね。

美味しさと新鮮さをそのままに急速冷凍されていて、人肌ぐらいに温めて与えるだけなので、とても便利です。

愛犬のフードをヒューマングレードに切り替えを考えているあなたは、一度Wantime(ワンタイム)フレッシュドッグフードをお試しください。

おすすめの記事