愛犬がドライフードを食べない!対処法や食いつきが良くなるフードを紹介

愛犬がドライフードを食べなくなるときってありますよね。

元気でおやつしか食べないのは愛犬のわがままの可能性もありますが、病気でフードを食べなくなることもあります。

対処法や食いつきが良くなるフードをご紹介いたします。

愛犬がドライフードを食べないときの原因とは?

ドライフードを食べない原因は、愛犬のわがままや病気などの可能性があります。

症状などを詳しく説明いたします。

愛犬のわがまま

甘やかしすぎやおやつの方がおいしいと学習していると、おいしくないフードを食べなくなります。

おやつのあげすぎでお腹が空いてないのも原因の1つです。

「おやつがあとでもらえるから今は食べなくても大丈夫」と愛犬は思っています。

おやつばかり与えていると、栄養不足で健康が損なわれます。

おやつでは愛犬に必要な栄養が摂取できないです。

栄養不足になると、病気にかかりやすくなり健康状態が悪化します。

子犬の時期

子犬の時期にフードを食べなくなることもあります。

歯の生え変わりで違和感がある、成犬になるにつれてそこまで栄養がいらなくなった、おやつがおいしい、反抗期などの原因が考えられます。

反抗期でフードを食べないのは、わざと食べずに飼い主さんの様子を伺っているためです。

おやつなどの完食ばかりだと、栄養不足で健康が悪化します。

成長期の終わった愛犬には成犬用のフードに切り替えてくださいね。

老化による原因

老犬になると消化器官が衰えたり、歯が衰えてカリカリが固くて食べられなくなったりします。

運動量が減り、代謝が落ちることも原因です。

フードを食べないと、栄養失調で体調が悪化していきます。

体力も衰えてしまうため消化のよいフードや柔らかく食べやすいフードに切り替えてあげましょう。

ストレスがかかっている

ストレスで食欲がなくなることもあります。

  • 引っ越しや家族が増えてかまってもらえない
  • 散歩をしていない
  • 季節の変わり目
  • 騒音、雷や花火などの普段あまり聴かない音を怖がっている

などの、環境の変化でストレスがかかります。

目線をそらしたり、あくび、震え、恐怖、攻撃的な行動などがあればストレスが原因です。

放置してしまうとストレス悪化の影響で食欲低下や下痢、嘔吐、自傷行為をしてしまいます。

病気になる恐れもあります。

完全にストレスを取り除くのは難しいですが、ストレスにならないような環境を作ってあげてくださいね。

口の中の異常

口の中の異常でフードを食べなくなります。

不十分な歯のケアが原因です。

  • 顔を触られるのを嫌がる
  • 顔をこする
  • よだれが多くなる
  • 歯茎炎症(歯茎が健康的なピンク色から赤色に炎症)

などの症状になります。

放置していると、歯周病や歯肉炎、悪化すると歯や歯の周辺の骨にまで炎症が起こります。

毎日歯磨きを忘れずに行いましょう。

熱中症

愛犬も人と同じように熱中症にかかり、食欲が減少します。

肉球にしか汗腺がないため、体を冷やすには口の呼吸だけです。

  • 食べない
  • 水を飲まない
  • 呼吸が荒い
  • ぐったりして元気ない
  • 口や舌が青紫色になる
  • 嘔吐
  • 体が熱い(40℃以上)

などの症状がある場合は、熱中症の可能性ありです。

放置していると、意識がなくなり、発作や口などから出血、最悪死んでしまいます。

治療しても脳や内臓に後遺症が残ります。

暑い時間の散歩、真夏に車の中に置き去り、室内の気温と湿度が高いなどに注意してください。

愛犬の快適な温度は26度、湿度が50%です。

室内でも熱中症になるので、真夏日は必ずクーラーを使用してください。

病気

病気で健康状態が悪いとフードを食べません。

自己判断せずにすぐに動物病院へ連れていきましょう。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 元気がない
  • ぐったりしている
  • おやつも食べない
  • 水を飲まない

など、いつもと様子が違っていたら病気の可能性があります。

拾い食いで体調が悪くなることもあるので、気を付けてください。

健康状態が悪化する前に動物病院へ行きましょう。

ドライフードを食べてもらうための対処法

少しの工夫で、ドライフードを食べてもらうことができます。

ふやかして香りを出したり、運動をして疲れさせたりさまざまな対処法をご紹介します。

ぬるま湯でふやかす、あたためる

ぬるま湯でふやかしたり、レンジで温めたりすることで、香りが出て食べるようになります。

いつものドライフードもふやかすだけで食欲がでるようです。

ふやかすと子犬や老犬も食べやすくなりますよ。

40℃以上の熱いお湯は、フードの栄養素を壊すので、40℃以下のぬるま湯で15分~20分ほどふやかしましょう。

20分経つと、ドライフードが手で簡単に潰れるようになります。

ウェットタイプはレンジで温めてください。

温めすぎには気を付けましょう。

香りがでて食いつきはよくなりますが、勢いで食べてしまい熱くて口の中をやけどする恐れがあります。

人肌くらいに冷ましてから与えてくださいね。

20分~30分したらお皿を下げる

フードが残っていても、時間になったらお皿は下げてしまいましょう。

「ごはんを食べなくてもおいしいおやつがもらえる」と学習しているので、フードを食べなくても、おやつは絶対に与えないでください。

健康状態が良好ならば2~3日間、食べなくても大丈夫です。

おやつを与えなければ、お腹が空いてごはんを食べるようになります。

カリカリのドッグフードも空気に長時間触れていると腐ってしまうので、衛生的にも下げたほうがよいですよ。

トレーニングやしつけのご褒美はカリカリなどの、いつも食べているドッグフードにしましょう。

ご褒美を与えた分だけ、ご飯の量を減らさないと太るので注意してください。

運動

適度な運動は愛犬にも必要です。

ストレス解消にもなり、疲れてお腹が空きますよ。

上りや下りなどの変化のある道やドッグランなどで運動させてあげましょう。

飼い主さんが忙しくてなかなかお散歩に行けないようなら、家の中でたくさん遊んであげてくださいね。

おもちゃで一緒に遊びましょう。

小型犬なら、家の中で遊んであげるだけでもよい運動になりますよ。

トッピング

ドッグフードにトッピングするのも食欲が出て効果的です。

  • 茹でたささみ
  • チーズ
  • 馬肉
  • 無糖ヨーグルト
  • 野菜(かぼちゃ、さつまいも、トマト、にんじん、ブロッコリー、だいこん)
  • ひき肉
  • 納豆
  • バナナ

など愛犬の好みの食材をトッピングしてあげましょう。

トッピング用のふりかけも市販で手軽に購入できますよ。

トッピングしか食べない愛犬もいます。

ドッグフードにしっかりと混ぜてから与えましょう。

栄養の偏りを防ぐために、メインはドッグフード、トッピングは少量にしてください。

ドッグフードを変える

ドッグフードを変えると食べてくれるようになることも。

ライフステージに合っていないドッグフードやいつも同じドッグフードに飽きていて食べないだけかもしれません。

ライフステージに合ったドッグフードや愛犬の好みの食材が入ったドッグフードに変えてみましょう。

ドッグフードをいきなり変えてしまうと、警戒心の強い愛犬は食べないこともあります。

また、下痢や嘔吐をする子もいます。

フードを変えるときは5日~7日ほどかけて少しずつ切り替えましょう。

愛犬の食いつきが良くなるドッグフードとは?

愛犬の食いつきのよいドッグフードは手作りごはんやフレッシュドッグフードです。

新鮮で安全な食材を使用し、水分もたっぷり食事で摂取できますよ。

無添加でアレルギーの食材を入れないように作れます。

手づくりが大変な飼い主さんには、フレッシュドッグフードがおすすめ。

冷凍で届く、手作り風なドッグフード。

少し温めて与えると食いつきがよいですよ。

手作りごはん

手作りごはんは愛犬の食欲をそそらせ、とても食いつきがよいですよ。

食材を飼い主さん自身で選び、調理するので安心。

ささみや豚肉、野菜などを細かく切って煮ていくので、素材の味や香りが食欲をそそらせます。

煮汁も一緒に与えれば、ご飯で水分補給もできますよ。

水をあまり飲まない愛犬も水分不足にならないですね。

アレルギーのある愛犬にも手作りごはんは安心して与えられます。

ドッグフードに含まれている添加物でアレルギーになってしまう愛犬や食物アレルギーの愛犬には、アレルギーの食品を入れないように作ることができますよ。

食欲の落ちた老犬には、フードプロセッサーなどで細かくして与えると、食べやすく、香りもあるのでたくさん食べてくれます。

手作りごはんは注意しないといけないことがあります。

  • 栄養バランスに気を付けること
  • 愛犬が食べてしまうと中毒になる食材があること

を知っておきましょう。

フードを全て手作りごはんにするのなら、犬の栄養学の知識が必要になります。

栄養の偏った食事を続けていると、愛犬の元気がなくなり、病気になりやすいです。

中毒になる食材は絶対に与えないようにしてください。

ネギや玉ねぎ類、チョコレート、ぶどう、カフェイン、アルコール、味の付いている人の食べ物などは中毒や体調不良になり、死んでしまうこともあるので与えないようにしましょう。

フレッシュドッグフード

フレッシュドッグフードも愛犬の食いつきがとてもよいドッグフードです。

フレッシュドッグフードとは総合栄養食で手作りごはんのようなドッグフード。

ヒューマングレード(人も食べられるレベルの食材)を使用し、素材の味や旨味を急速冷凍することにより、6カ月~1年ほど冷凍保存が可能です。

無添加でグレインフリー(穀物不使用)のため、アレルギーのある愛犬も食べれるようになっています。

肉や魚本来の風味と野菜の食感が楽しめ、水分も70%以上含まれています。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準も満たした総合栄養食です。

手作りごはんは、作る手間がかかってしまいますが、フレッシュドッグフードならばレンジで少し温めて与えるだけなので手間いらずで簡単ですよ。

イチオシは「Wantimeフレッシュドッグフード」

フレッシュドッグフードのなかでもイチオシなのが、Wantimeフレッシュドッグフード。

国産の栄養価の高い食材を使用し、人の食品衛生法に沿って作られました。

ペット獣医師監修の総合栄養食です。

ビフィズス菌などの有益な腸内細菌の増殖を促進させ、代謝を活性化させる効果のある「プレバイオティクス」の働きで、愛犬の健康維持をサポートしてくれます。

未開封なら1年間冷凍保存が可能です。

ほんのり温めることで愛犬の食欲を増進してくれます。

食の細い子や老犬でもしっかりと栄養の摂れるWantimeフレッシュドッグフードをぜひお試しください。

まとめ

フードを食べなくなったら、手作りごはんやフレッシュドッグフードに変えてみましょう。

フレッシュドッグフードなら栄養バランスもしっかり摂取できて、食いつきも良いですよ。

栄養のあるフードで健康に生活しましょう。

おすすめの記事