愛犬の便秘が解消する食べ物6選!レシピや飲み物も紹介

愛犬が便秘のときに、どんな食べ物で解消するかを知りたい飼い主さんは、多いのではないでしょうか。

便秘のときは、食物繊維の豊富な食べ物と水分補給が大切です。

食物繊維は、さつまいもやキャベツなどの野菜やりんご、キノコ類に豊富に含まれています。

他にも便秘解消には、フードを変えたり、適度な運動をしたりすると効果的です。

お腹を優しくマッサージすることも便秘改善になります。

今回は、便秘解消になる、食べ物や手作りレシピを詳しくご紹介いたします。

犬の便秘が解消する食べ物6選

便秘が解消する食べ物は、食物繊維が含まれている野菜や果物、海藻類、根菜類です。

乳酸菌やビフィズス菌も大切で、腸内環境を整える作用があります。

食物繊維と乳酸菌を一緒に摂取すると、便秘解消を促進させてくれますよ。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。

・水溶性食物繊維

水に溶ける食物繊維。

腸内細菌のエサになり、ヨーグルトなどの乳酸菌やビフィズス菌が含まれている食べ物と一緒に摂取すると、排便効果が上がります。

・不溶性食物繊維

水に溶けない食物繊維。

水分を吸収して便を柔らかくし、腸管の運動を刺激し排便を促進させます。

便の固さを増す効果もあり、摂取し過ぎると便秘になる可能性があります。

ヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌がたくさん含まれています。

乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれます。

愛犬に与えるときは、無糖のプレーンを選び、スプーン1杯分ほどにしてください。

ハチミツに含まれているオリゴ糖には、乳酸菌やビフィズス菌のエサとなります。

少量のハチミツを一緒に与えると、腸内の活性化が増加します。

腸に良いからと、ヨーグルトやハチミツをたくさん与えてしまうと、下痢になってしまいます。

りんご

りんごには、ペクチンという善玉菌を活性化させ、悪玉菌の繁殖を抑える作用があります。

しかし、種や芯、葉、茎には有害な物質が含まれています。

皮の部分は与えても大丈夫ですが、薬品が微量に付着しています。

しっかりと水洗いをしましょう。

ヨーグルトと一緒に与えると、便秘の改善が増しますよ。

りんごは糖分が多いので、与えすぎると肥満になってしまいます。

キャベツ

キャベツには、キャベジンという胃腸粘膜の保護にすぐれたビタミンUやビタミンC、ミネラルが豊富に含まれています。

キャベツは、繊維質が多く消化しにくいため与えるときは、細かく刻みましょう。

胃腸の弱い愛犬には注意してください。

さつまいも

さつまいもは、デトックス効果のあるセラピンと食物繊維が豊富に含まれています。

2つの効果により、腸に刺激を与え便秘解消につながります。

りんごと同様にさつまいもは、乳酸菌やビフィズス菌のエサとなります。

与える時は、必ず小さくカットし加熱して柔らかくさせましょう。

与えすぎると、肥満や消化不良になるので注意してくださいね。

ごぼう

ごぼうには、便秘に効果的なイヌリンという水溶性食物繊維と、腸を活発にさせるリグニンという不溶性食物繊維の両方が含まれています。

必須アミノ酸やミネラルも豊富に含まれていて、疲労回復など健康によい食材です。

ごぼうはキク科のため、食物アレルギーに注意してください。

また、腎臓の低下や病気のある愛犬は、獣医師に相談してから与えましょう。

与えるときは、生のままや大きくカットするのはやめてください。

食物繊維が豊富にあるので、愛犬が消化不良になってしまいます。

細かく刻むかすりおろしてから、加熱し与えましょう。

キノコ類

不溶性食物繊維が豊富に含まれており、便秘の改善に効果があります。

キノコは、ごぼうやさつまいもより食物繊維が多く含まれています。

たくさん与えてしまうと、下痢や消化不良になる可能性もありますので、注意してくださいね。

ビタミンやミネラルも豊富に含まれて、カロリーも低い食材です。

生では食べられませんので、しっかりと加熱しましょう。

犬の便秘が解消する飲み物

便秘を解消するには水分補給も大切です。

水をあまり飲まない愛犬には、水のお皿を複数箇所に置いたり、毎日の食事にスープを入れたりして、水分補給をさせましょう。

愛犬に与える水は、水道水で問題ありません。

日本の水道水は、一部の地域を除き軟水です。

水道水は消毒されているから、与えるのをためらう飼い主さんもいると思います。

もし、ミネラルウォーターを与えるなら軟水にしましょう。

ミネラルウォーターには、軟水と硬水があります。

  • 軟水

ミネラルやマグネシウムがあまり含まれていなくて、なめらかな口当たりがします。

  • 硬水

ミネラルやマグネシウムが軟水より多く、愛犬に与えると必要以上に摂取されてしまいます。

また硬水は、尿路結石になりやすいです。

犬用のミネラルウォーターも販売されています。

少し値段が高いですが、ペットショップで気軽に購入できますよ。

ミネラルウォーターを与えるときには、食中毒に注意してくださいね。

ミネラルウォーターは、水道水のように消毒されていません。

長時間置いてあると細菌が繁殖しやすく、食中毒になってしまいます。

こまめに変えるようにしましょう。

犬用の牛乳

水をなかなか飲まないようなら、犬用の牛乳を与えてみてください。

人用の牛乳には乳糖が含まれているので、犬用の牛乳にしましょう。

愛犬は乳糖を消化しづらく、下痢の原因になってしまう可能性があります。

なかには、牛乳を飲んでも下痢などをせず、牛乳しか飲まない子もいます。

やぎミルクは低脂肪で、肥満気味の愛犬におすすめですよ。

愛犬1頭1頭によって違うので、飼い主さんがしっかり見極めてくださいね。

犬の便秘解消にいい手作りごはんレシピ

便秘解消にいい手作りごはんのレシピをご紹介します。

食物繊維と水分のたっぷりのごはんです。

おからとひじきのハンバーグ

・材料

  • 牛ひき肉
  • おから
  • ひじき
  • 大根

・作り方

  1. ひじきは細かくきざみ、牛ひき肉とおからを加えて良くこねて丸める
  2. 油を敷いてないフライパンに、丸めたハンバーグを入れた中までしっかりと焼く
  3. 焼けたら食べやすい大きさに切り冷ます
  4. 大根はすりおろして、冷めたハンバーグにのせる

アレンジとして、煮込みハンバーグにするのもおすすめです。

ハンバーグを焼いている途中に、水を入れ沸騰したらお好みの野菜やキノコ類を細かくきざんで一緒に煮込みます。

冷ましてから、スープと一緒に愛犬に与えることで、たくさんの水分補給ができますよ。

豆乳おじや

・材料

  • 豆乳
  • 大根
  • にんじん
  • キャベツ
  • レンコン
  • キノコ(お好みで)
  • 鶏ささみ肉
  • 昆布

・作り方

  1. 昆布と水を鍋に入れ、煮立たせる
  2. 野菜やキノコ、鶏ささみ肉は細かくきざむ
  3. 鍋が沸騰し出汁が出たら、昆布をとりだす
  4. 野菜やキノコ、鶏ささみ肉を沸騰した鍋に入れ柔らかくなるまで煮込む
  5. 取り出した昆布は、細かくきざみ鍋にいれる
  6. 野菜類が柔らかくなったら、豆乳を入れる
  7. 沸騰直前で火を止めて、冷ます

愛犬の好みによって、豆乳と水の量を調節してくださいね。

炊き込みごはん

・材料

  • ごぼう
  • キノコ(お好みで)
  • レンコン
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • 玄米
  • 鶏ささみ肉

・作り方

  1. 材料は細かくきざむ
  2. 炊飯器に玄米と野菜類を全て入れる
  3. 水を規定量いれ、普通に炊く
  4. 冷ましてから与えること

残った炊き込みごはんは、1食ずつラップに包み冷凍庫で保管できます。

早めに与えるようにしましょう。

または、愛犬用に取った後に味付けをして、飼い主さんが食べることもできますよ。

スイートポテト

・材料

  • さつまいも
  • 豆乳

・作り方

  1. さつまいもは乱切りにして、耐熱容器に入れラップをしレンジで柔らかくなるまで加熱する
  2. 柔らかくなったさつまいもに豆乳少量を加え、つぶしながらまぜる
  3. つぶしたさつまいもを愛犬の一口サイズの形にする
  4. 好みでトースターを使い焼き色をつける

さつまいもの甘さが好きな愛犬は多いです。

与えすぎると、肥満になってしまうので注意しましょう。

また、乳製品にアレルギーがある愛犬には、豆乳を入れないで作ってあげてくださいね。

すりおろしりんごとヨーグルト

・材料

  • すりおろしりんご
  • 無糖ヨーグルト

・作り方

  1. すりおろしたりんごをお皿に盛る
  2. 上に無糖ヨーグルトをかける
  3. お好みではちみつを少量くわえてもOK

りんごは食べる直前に、すりおろしてください。

すりおろしりんごが嫌いな愛犬もいます。

私の愛犬は、りんごのシャリシャリ食感が好きで、すりおろしりんごは食べませんでした。

そういった子には、りんごを細かく切ってから与えてくださいね。

愛犬の便秘改善フードならWantimeフレッシュドッグフード

愛犬の便秘改善には、いつものフードを変えることも大切です。

食物繊維が豊富なフードにしましょう。

手作り食のレシピをいくつかご紹介しましたが、毎回材料を用意したり作ったりするのは大変ですよね。

おすすめのドッグフードは、Wantimeフレッシュドッグフードです。

ペット管理栄養士監修の手作り風のフレッシュドッグフード。

国産の食材を使用し、人工甘味料や香料、着色料、保存料が不使用で、安心して愛犬に与えることができますよ。

プレバイオティクスの働きで、腸内環境を整えて健康をサポートします。

チキン、ビーフ、馬肉の3種類の味をご用意しています。

チキン味には、不溶性食物繊維が豊富なぶなしめじや舞茸が入っており、便秘解消に効果的です。

栄養バランスも優れた総合栄養食のWantimeフレッシュドッグフードをぜひお試しください。

まとめ

便秘解消には、さつまいもやりんごなどに含まれている食物繊維を摂取しましょう。

乳酸菌やビフィズス菌はの豊富なヨーグルトも一緒に与えることで、効果がさらにあがります。

食物繊維が豊富な食べ物は、与えすぎると消化不良をおこしてしまうので気を付けましょう。

いつものフードを手作り食にしたり、フードを変えたりすることも大切です。

他にも、適度な運動や水分補給、お腹のマッサージも必要ですよ。

改善しない場合は、病気の可能性があります。

かかりつけの動物病院へ行きましょう。

おすすめの記事