犬が下痢になった時の食事はどうすればいい?対処法やドッグフードも解説!

「わんちゃんが急に下痢になってしまったけれど、なにをしてあげたらいいのかわからない!」

わんちゃんの急な体調不良は、飼い主にとって非常に焦る出来事です。

下痢の症状が出ているけれど、正しい対処法がわからないという方も多いのではないでしょうか?

今回は、わんちゃんが下痢になる原因や、下痢になった時の対処法を解説します!

犬が下痢になる原因とは?

いつも元気なわんちゃんが下痢をすると心配かもしれませんが、必ずしも大きな病気というわけではなく、体調不良の一般的な症状の一つです。

わんちゃんが下痢になる原因はいくつか考えられます。

食事

人間でも、特定の食べ物や飲み物でお腹を壊してしまうという方がいらっしゃいます。

わんちゃんも同じく、体質的に合わない食べ物を食べてしまったときや、食べ物に対してアレルギー反応を起こしたとき、単純に食べ過ぎてしまったときに下痢をすることがあります。

新鮮な食事を適量摂取することを日頃から意識することが大切です。

買い置きしていたドッグフードが適切に保存されていなかったり、長く保存しすぎたりすることで劣化することがあるため、保管方法や期限はこまめに確認しましょう。

また、早いうちにアレルギー検査を行うことで、思いがけない食材での下痢を防ぐことができます。

散歩中に古い食材や虫などを口にしてしまうこともあるため、そうした誤食をしないよう注意することも必要です。

内臓の病気

食べ物以外にも、何らかの病気が下痢の原因となることがあります。

下痢症状を引き起こす内臓の病気として、急性胃腸炎や慢性腸症、アジソン病、腹膜炎、胃炎などが挙げられます。

中には強い痛みを伴うものや、下痢以外の症状を引き起こす病気もあり、適切な治療が必要です。

下痢が続いているけれど、原因として思い当たる食べ物がない場合は、病気による症状であることを疑ってみましょう。

ウイルスや寄生虫

犬パルポウイルスやジステンバーウイルスといったウイルス性のものや、糞線虫や回虫といった寄生虫が原因の下痢もあります。

全てが命に関わるものではないですが、子犬やシニア犬などの抵抗力が弱いわんちゃんにとっては命取りになる場合も。

特にウイルスに関しては、感染力が強いものもあり、多頭飼いの場合は他のわんちゃんにも感染してしまう恐れがあります。

もし下痢症状がウイルス性のものと判明した場合は、一緒に飼っているペットからの隔離も忘れずに行いましょう。

ストレス

わんちゃんは強いストレスを感じると様々な体調不良を起こしてしまいます。

その症状はわんちゃんによって違いますが、下痢症状が現れることも。

家で留守番をすることが多いわんちゃんや、飼い主との触れ合いが少ないわんちゃんは注意が必要です。

そのほか、引っ越しなどの環境の変化によってストレスを感じ下痢を起こすこともあります。

犬が下痢になった時の食事の注意点

わんちゃんが下痢になった時は、普段通りの食事を与えないようにしましょう。

いつもと同じフードを同じ量与えてしまうと、消化不良を起こしたり症状が悪化したりする可能性があります。

何を食べても下痢をするという時には、半日から1日ほど絶食させましょう。

下痢症状が落ち着いてきたら人肌に温めた犬用ミルクやフレッシュドッグフードなど、液体に近いものを少しずつ与えるのがおすすめです。

様子を見ながら徐々に量を増やしていき、犬用ミルクやお湯でふやかしたドッグフード、通常の食事と戻していきましょう。

脂っこい食べ物や味の濃いもの、硬く噛みごたえのあるもの、冷たく体を冷やすものは食べさせないように気を付けてください。

犬が下痢になった時に取るべき食べ物や栄養素

わんちゃんが下痢になった時は、なかなかいつも通りの食事ができないと思います。

そんな時、最低限とるべき栄養素やおすすめの食べ物をご紹介します。

フレッシュドッグフード/ウェットドッグフード

下痢のときは体から水分が失われやすくなっています。

脱水症状を防ぐためにも、なるべくわんちゃんに水分をとらせてあげてください。

フレッシュドッグフードやウェットドッグフードは水分含有量が70%と、食事をするだけで水分をしっかり摂取できる食べ物です。

また、水分が多いため柔らかく、体調が悪い時にも非常に食べやすいフードでもあります。

食欲がなく水もあまり飲まないという時には、いつものドライドッグフードからこちらに切り替えてみてはいかがでしょうか。

食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維を多く含む食べ物は、整腸効果があるため下痢のときにおすすめです。

ただし、わんちゃんにとっては消化しにくい成分でもあるため、与える際には加熱処理をして柔らかくした上で、細かく刻んで与えましょう。

食物繊維を多く含む食材として代表的なものはキャベツやサツマイモといった野菜類、海藻類、キノコ類です。

これらを含んだドッグフードも販売されていますので、わんちゃんが下痢になった時のために一つ用意しておくと便利です。

脂肪分の少ない食べ物

下痢をしている時でも、水分だけを与えていては栄養が不足します。

固形物を食べられるようであれば、脂肪分が少なくタンパク質が豊富な食材がおすすめです。

鶏ささみや鶏むね肉、白身魚は脂肪分が少なく栄養素が高い食品とされています。

これらの食材は必ずしっかり加熱し、小さく刻んだりほぐしたりして与えてください。

魚の場合は、喉に刺さるのを防ぐために骨もできるだけ取り除きましょう。

アマニ油

アマニ油は亜麻という植物の種からとれるオイルです。

人間の体では作ることのできない成分を含んでおり、血液をサラサラにする効果があることから近年非常に注目を集めました。

実はこちらのアマニ油はわんちゃんに与えることもできます。

アマニ油には体内の炎症をおさえる作用があるため、下痢を起こしたときには症状を落ち着かせる効果が期待できるそうです。

小さじ1杯程度の量をフードに振りかけたり、直接舐めさせたりして与えます。

しかし、わんちゃんによっては風味を嫌うこともあるので、フードへの食いつきが悪くなってしまう場合には与えるのをやめましょう。

また、与えすぎによって逆に下痢症状を悪化させてしまうことがあるのでしっかり様子を見て量を調整してください。

整腸作用のある食べ物

整腸作用のある食べ物は沢山あり、その中にはわんちゃんが食べても問題ないものもあります。

たとえば、リンゴや大根などがその代表例です。

人間でも体調を崩したときにリンゴをすりおろして食べたことがある方がいらっしゃると思いますが、わんちゃんに与える時にもすりおろして食べやすくしてあげましょう。

少し温めると柔らかくなりさらに消化しやすくなります。

ただし、整腸作用がある一方で一気に食べさせすぎると下痢症状を悪化させる場合もあるため、少量ずつ与えるのがおすすめです。

くず湯

くず(葛)はあまりわんちゃんに与える食べ物としてはなじみがないかもしれません。

しかし、下痢をしてしまったときに与える食べ物としては非常に向いています。

くず湯には、身体を温める作用、胃腸を整える作用、糖が脂肪になりにくくする作用などがあります。

つまり、下痢をして胃腸の調子が悪くなっている時や体を冷やしてはいけない時にぴったりの食べ物ということです。

くず湯はとろみがあるため、体調の悪いわんちゃんにとっても食べやすい食べ物といえます。

犬が下痢になった時の対策

わんちゃんが下痢になった時には、食べ物以外の面でもできる対策があります。

体が冷えないようにする

わんちゃんが下痢をしたときは体が冷えないようにすることが大切です。

わんちゃんが嫌がらない場合は犬用の服を着せたり、部屋の温度を高めに保ったりするようにしましょう。

わんちゃんが寝ている時に毛布を掛けてあげるなどするのもいいと思います。

激しい運動をさせない

人間も体調を崩すと、安静にしているようにと言われることがありますよね。

わんちゃんも同じく、下痢の症状が重い時は激しい運動を避けましょう。

いつもと同じように散歩をしたり、家の中で走り回って遊ぶと症状が重くなってしまう可能性があります。

運動はいつもより控えめに、わんちゃんが走り回ろうとしたら止めるなど、できるだけ動かないことが大切です。

病院に連れていく

わんちゃんが下痢をしたとき、やはり病院に連れていくことが一番です。

数日様子を見ても症状が改善しない場合や、症状が悪化する場合、下痢以外に嘔吐や食欲不振などの症状がみられる場合はすぐに病院に連れて行きましょう。

寄生虫や病気、ストレスが原因となっている場合は、飼い主だけでは判断できないことが多いです。

わんちゃんの様子が明らかにおかしいという時には迷わず病院に連れて行って検査をしてもらうことで、命に関わるような事態を避けることができます。

また、アレルギーが原因で下痢症状を起こしている場合も、病院で検査をして原因を特定する必要があります。

自己判断での対応に自信がない時や、食事を変えても効果が見られない時は、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

もし動物用の薬を持っているという方も、下痢の原因がはっきりするまではむやみにいろいろな薬を飲ませないようにしてください。

まとめ

今回は、わんちゃんが下痢になる原因や、下痢になった時の対処法をご紹介しました。

普段元気なわんちゃんが突然下痢になってしまうと飼い主も慌ててしまうかもしれませんが、症状に応じて冷静に対応することが何より重要です。

家でできる対処法としては食事が大部分を占めますので、下痢のときに効果がある食べ物を食べさせるなど、出来る範囲で試してみてください。

ドッグフードを変えるだけでも症状が回復することがあります。

もしわんちゃんの症状が一向に回復しないという時にはすぐに動物病院へ!

飼い主の正しい対応がわんちゃんの命に関わります。

おすすめの記事