ドッグフードに含まれるチキンミールは危険?原材料○○ミールの正体を徹底解剖

ドッグフードのパッケージの原材料の欄を見ると、

「チキンミール」

「ミートミール」

「フィッシュミール」

「コラーゲンミール」

などの「○○ミール」という材料名を見かけることがあります。

これは、どんな材料なのかな?良くない材料らしいけれど・・と気になっている方もいらっしゃると思います。

多くのドッグフードで使われている「○○ミール」は一体どんな材料なのでしょうか。

ドッグフードの原材料○○ミールとは?

ミールとは、mealは「食事」以外にも、つぶし粉(ふるいにかけない)という意味です。

鶏や魚、牛や豚などの様々な部位を混ぜ合わせて粉砕したものを指します。

ドッグフードに使われているミールには大きく分けて2種類があります。

「家禽(かきん)ミール」と「ミートミール」です。

家禽ミール

家禽とは、肉、卵、羽毛などに利用するために飼育されている鶏や七面鳥など様々な鳥の総称です。チキンミール(肉骨粉)ともよばれています。

家禽ミール用の「家禽」の鳥であればその種類は問わないとされています。

ミートミール

ミートは、家禽以外の牛、豚、羊、ヤギ、またはそれ以外の哺乳類を指します。

ミートミールとは、哺乳動物の組織からレンダリングして得られた原材料をさします。

原材料表示には、「肉粉」と記載されている場合もあります。

レンダリングとは、家禽や家畜などの様々な部位を混ぜ合わせて加熱し、粉砕する加工のことです。

チキンミールは体に悪いって本当?

チキンミールの材料は、鳥肉の食用部分を取り除いた残りの部位である「肉副産物」です。

具体的には、食用には適さない、とさか、くちばし、内臓、骨、羽根、足、血液など。

チキンミールがペットフード材料には適さないとされている主な理由は、4Dミート(Dead 死骸となった動物、Diseased 病気の動物、Dying 瀕死の動物、Disabled 障害のある動物)の使用の可能性があるという点です。

その他にも、どこの部位を使用しているか不明という点から

  • 栄養価が低い
  • 抗生物質やホルモン剤が使用されている可能性がある
  • 添加物による加工

なども体に悪い理由としてあげられています。

しかし、ペットフード安全法という法律により原料の収集・製造・輸送方法については規定があり、その中には、チキンミールなど家禽由来の原材料は食品工場のみから原料を収集しなければいけないと定められています。

更に、日本よりも基準の厳しいAAFCO(全米飼料検査官協会)によると、

「チキンミールは羽毛、頭、脚および内臓は含まない」

「ミートミールは血液、毛、蹄(ひづめ)、角、皮、糞尿、胃および第一胃の内容物を含まない」

とされています。

ペットフード安全法などにより、原材料となる部分は食品工場からのみとされているので、チキンミールは衛生管理がある程度されていると考えることができます。

しかし、それでも安全性が気になる方はAAFCO基準のドッグフードや、「ヒューマングレード」の材料のみを使用しているメーカー、原材料を細かく具体的に表示しているドッグフードを選ぶことをおすすめします。

チキンミール vs 鶏肉 どちらがいいの?

多くのドッグフードで使われているチキンミールを使用するメリットとしては、

  • コストをおさえることが出来る
  • 加工時に水分を飛ばすためにタンパク質量やミネラルが多く含まれる
  • 粉なので加工が簡単

などがあげられます。

もちろん、原材料の中に何が含まれているかは完全には分からない、可食部以外を利用している、材料が不明なために添加物やホルモン剤などが含まれている可能性は確かにあります。

そのため、ワンちゃんの健康管理のためには、人も安心して食べられる可食部の鶏肉を与えることでそういったデメリットを回避することができます。

安全な鶏肉を与える方法としては、材料を吟味して手作りご飯として与えるのが理想ですね。

でも、毎回手作りご飯を作るのは手間も時間もコストもかかるので、忙しい飼い主さんは「ヒューマングレード」のドッグフードを与えるのが現実的だと思います。

愛犬の健康にいいドッグフードの種類は?

たくさんのドッグフードが販売されていていますが、主に3種類に分けられます。

ドライウエットフレッシュドッグフード
形状固い柔らかい柔らかい
水分量少ない多い多い
保存方法常温保存(開封後は出来るだけ早く消費する)常温保存(使い切る)冷凍保存(与える前に解凍する)
栄養素総合栄養食、一般食商品による総合栄養食、
添加物商品による商品による不使用もしくは最低限のみ
コスト安いものもある高め高め

ドライタイプやウエットタイプは昔からありますが、第三のドッグフードとして「フレッシュドッグフード」というジャンルが登場しています。

「フレッシュドッグフード」の特徴は以下です。

  • 原材料がヒューマングレードという商品が多い
  • 低温調理など出来るだけ原材料の栄養素を壊さないように加工
  • 添加物なども急速冷凍するため不使用もしくは最低限のみ
  • 加工後に急速冷凍されて冷凍販売されている商品がほとんどなので、与える時は事前に「冷蔵庫で解凍するだけ」という手軽さ
  • 冷凍保存タイプなので、賞味期限がドライタイプよりも長め
  • ドライタイプに比べると水分がとても多い
  • 人肌に温めることも可能なので、より魅力的な香りがたつ
  • ドライタイプと同様に総合栄養食としてカロリーや必要な栄養素やバランスなどもしっかり取れる

イチオシは「WanTimeフレッシュドッグフード」

フレッシュドッグフードの中でも、WanTimeはこんな点でおすすめです。

  • ビーフ、チキン、ホースの3種類の味から選べる総合栄養食
  • 材料は、タンパク質である肉類と野菜類はヒューマングレード
  • お腹の調子を整えるプロバイオティクスを配合
  • 人工甘味料、香料、保存料、着色料は不使用
  • 100g毎の食べきりパウチを採用
  • パウチは冷凍保存であれば賞味期限が1年間と長期保存が可能

まとめ

今回はほとんどのドッグフードの原材料として使用されている「チキンミール」について取り上げました。

日本や海外などでも、ある程度の基準が設けられている材料にはなりますが、メリット・デメリットのどちらもあげられます。

ワンちゃんの健康を考えてドッグフードを選ぶ時には、余計な添加物などを避けたいと考えている方は「フレッシュドッグフード」という原材料にこだわり、栄養価も高いジャンルのドッグフードを検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事