バディフードドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

国産の食材を使用した手作りドッグフードを探している方に評判のドッグフード『バディフード』

実際の商品はどのようなものなにか気になっている方もいるのではないでしょうか?

今回は、数あるドッグフードの中から『バディフード』について検証していきたいと思います。

『バディフード』が気になった方は

・品質管理がしっかりしているドッグフードをあげたい

・国産のドッグフードを探している方

など、安心安全でお得に購入しやすいドッグフードを求めている方ではないでしょうか?

ここでは、『バディフード』について原材料の安全性から、商品の口コミまで徹底解剖!

わんちゃんの食事を選ぶご参考に最後までご覧ください。

バディフードドッグフードの基本情報

【バディフード】の情報をみてみましょう。

価格18袋:9,108円(1袋:145g)
100gあたりの単価349円~
タイプ(ドライ・ウエット)ウェットフード
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー202キロカロリー/145g(1袋)
メイン食材さつまいも
原産国日本
ライフステージ全年齢
販売会社Buddycare株式会社

大事な家族である愛犬に、「ほんとうに安心できるごはん」を食べさせてあげたい。

Buddy FOODは、人間が食べるものと同じ原料を使用し、人間食と同じ安全・衛生基準のもと調理することにより、高い安心と安全性を確保。

また、栄養学を専門とする獣医師監修のもと、最新の国際的栄養基準に従い、愛犬の健康維持に必要な栄養バランスを満たしています。

さらに、食事に含まれる全ての原料仕入先・製造工程に関する情報を開示することにより、透明性を確保しました。

バディフードは、肉や野菜をはじめ、全ての原材料が、九州を中心とした国産です。

人の食品と全く同じ安全・衛生基準で調理し、栄養補助のためのビタミン類以外の添加物は一切使用していません。

世界的な犬の栄養基準AAFCOの最新版(2016年版)に準拠。

栄養学を専門とする獣医師監修のもと、レシピを設計。全てのレシピは設計後に成分分析を実施し、AAFCO2016年の基準を満たすことを確認済。

自然原料だけでは補いきれない必須栄養素や季節変動による栄養素の偏りを補うため、人間が食べられるビタミンミネラル類を補完。ビタミン・ミネラル類以外、保存料や香料を含めて一切の添加物不使用。

ヒューマングレートな食材で作られており、また一切の添加物不使用なので安心して与えられますね。

使用する原材料の仕入先から製造まで、全て把握・開示しています。人の食品に求められる食品表示基準に準拠することで情報の正確性と透明性を確保しています。

わんちゃんが食べるものを人が食べるものと同じ基準で作られているので、わんちゃんに安心して与えられるドッグフードといえると思います。

無料フード診断でわんちゃんの情報を入力すると、最適な量でわんちゃんに合ったフードを教えてくれます。そこから、簡単に購入へ進めるので、わんちゃんに合ったフードを探し、購入しやすいです。

また、わんちゃんのことで気になることがあったら、公式サイトより、チャットやメールにて質問ができます。栄養学専門の獣医師が回答してくれるそう。こういったサービスを行ってくれるととても安心ですね。

バディフードドッグフードの評価

総合(25点満点)15.5
原材料4.5
栄養バランス3
安全性4
コスパ2
手に入りやすさ2
バディフードのいい点
  • 作りたてをすぐ冷凍しているので新鮮
  • 食材の仕入れ先が明確
  • 人間の食べられる食材で作られている
  • ネット通販で購入できる
バディフードの悪い点
  • 価格が高い
  • 冷凍でのお届けなので、解凍が必要
  • 口コミが少ない

バディフードドッグフードの原材料と安全性

【バディフード 黒毛和牛】の原材料をみてみましょう。

さつまいも、鶏卵、牛肉(黒毛和牛100%)、にんじん、キャベツ、スナップエンドウ、食用サフラワー油、デキストリン、酵母(亜鉛含有)、酵母(ヨウ素含有)、植物油脂(ビタミンE含有)、酵母(銅含有)、酵母(セレン含有)、酵母(マンガン含有)、酵母(葉酸含有)/ 焼成Ca、未焼成Ca、塩化カリウム、L-メチオニン、酸化Mg、L-シスチン、リン酸Ca、ピロリン酸第二鉄、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD

鹿児島県の食品会社である株式会社アトスフーズにて製造。アトスフーズは、人間用の食品の製造・販売を専門に行なっており、Buddy FOODも完全に人間食と同じ衛生基準・衛生環境で作られています。

徹底的にヒューマングレード(人間食基準の安全・衛生基準)を追求しています。全ての原料、製造工程、衛生状態は、人間の食品と同等の基準を採用しています。

商品ラインナップの中には米やスナップエンドウを使用しているものもあり、すべての商品がグレインフリーではありません。グレインフリーが愛犬の健康に良いという科学的な根拠はなく、アレルギーや食物不耐症をもつ子でない限り、穀物の有無を気にする必要はありません。

バディフードドッグフードの栄養バランス・カロリー

【バディフード 黒毛和牛】の栄養バランスをみてみましょう。

栄養成分表示(1袋145gあたり)

  • 熱量 202kcal
  • タンパク質 10.7g
  • 脂質 11.0g
  • 炭水化物 14.9g
  • 食塩相当量 0.7g

カロリーが少し高めな印象。原材料を見ると野菜が多そうですが、黒毛和牛が影響してカロリーが高めになっているようです。

バディフードドッグフードの種類

バディーフードの種類は以下の4種類です。

愛犬の好みやアレルギーなどに合わせて選んであげるといいですね。

  • Beef黒毛和牛
  • Chicken鶏ささみ
  • Pork豚もも
  • Sabaサバ

バディフードドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ
  • 以前はドライフードを食べさせていたのですが、食後に両手両足、おなかを痒がることが多く、毛が抜けてしまっていました。色々なフードを試したのですが改善されず、非常に悩んでいました。知人の紹介でBuddy FOODを知り、食べさせてみたところ、食後に痒がることもなくなり、現在では抜け毛もなくなり毛並みもフワフワになって大満足しています。
    定期購入は初めてだったので不安もあり、また、マイページなど使い方がわからないところもありますが、サポートの方々は配送ストップの際などでも不親切な反応はせず、親身になって対応してくださいます。もう少しマイページの使い方が判りやすいとよいと思いますが、それ以上にサポートの方々の親切さに大変満足しています。 [出典:公式サイト]
  • 選んだ理由は無添加で栄養バランスも良く安心安全で人間も食べれるモノを選んだのと、もともと慢性胃腸炎の為、なかなかフードが合わなかったり偏食だったので。このフードにしてからはフードローテーションで比較的食べてくれるようになったので良かった。 [出典:公式サイト]
  • 我が家のワンコに手作りご飯を食べてもらいたく、でも自分では栄養を整えてあげることができないと思い注文しました。我が家のワンコは大喜びで食べています。また涙やけもよくなってきております。ただ、推進給仕量まで食べると多いのか吐くことがあるので微調整しております。 [出典:公式サイト]
  • ずっとドライフードをあげていましたが、残したり、食べるのにすごく時間がかかっていたりして、ご飯をあまり食べない子なのかなと思っていました。そんなときにBuddy FOODを知って試してみたら、これまでの食べっぷりが嘘のようにあっという間に完食、食べ終わったあともずっとお皿をなめています。その姿を見てしまうと、これまで普通のドライフードをあげてきてかわいそうだったな・・・と反省してしまいます。ぜひ、全てのワンちゃんにオススメしたいです! [出典:公式サイト]
  • ドライフードにトッピングとして与えています。食いつきが良くなり、食糞がなくなりました。 [出典:公式サイト]

悪い口コミは見つかりませんでした。

口コミをまとめてみると、

・食いつきがよくなったとの意見があった

・おなかを壊す場合がある

・涙焼けがよくなった

ここに挙げた口コミ以外もみてみましたが、わんちゃんによって食いつきの良しあし、お腹の調子など、個体差があるので、参考程度にみていただければと思います。

バディフードドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

【バディフード 黒毛和牛】の価格を比較してみました。

公式サイトAmazon楽天
18パック(1パック:145g)¥9,108--

Amazon、楽天では購入できず、公式サイトのみです。

公式サイトでの購入には会員登録(無料)が必要です。

初回お試しは50%オフ。いつでも解約可能です。

また、初回到着後2週間以内に限り返品・返金可能です。

※パック数はいつでも変更可能(最大48)

バディフードはなるべく新鮮なものをあげたいとのことで、注文からお届けまで、通常8~10日かかるそうです。注文時には気を付けてください。

バディフードドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 国産・無添加のドッグフードをあげたい
  • 原材料の生産地がはっきりしているドッグフードをあげたい
  • 食物アレルギーがないわんちゃん
  • 定期購入したい
こんな方にはおすすめできません
  • 食物アレルギーがあるわんちゃん
  • ウェットフードが苦手なわんちゃん
  • 実店舗で購入したい

バディフードドッグフードまとめ

バディフードは、全ての原材料が、九州を中心とした国産となっており、生産地が明確です。

また、人の食品と全く同じ安全・衛生基準で調理し、栄養補助のためのビタミン類以外の添加物は一切使用していないのも安心材料のひとつです。

国産の食材を使って、国内で製造販売されているので、安心安全なドッグフードをお求めでしたら、おすすめの一つです。ぜひ一度お試しください!

おすすめの記事