愛犬の体型が肥満かどうか知るBCS(ボディコンディションスコア)とは?測定方法を解説!

愛犬の体型が肥満か痩せているか気になってしまいますよね。

BCS(ボディコンディションスコア)を使えば、愛犬が標準体型かどうかを知ることができます。

BCSは、愛犬の体を見て触って、体型を調べるものです。

やり方はとても簡単なので、体型維持の1つの目安として、やり方を知っておくのが良いですよ。

BCSは、体型維持のためだけでなく、さまざまなメリットもあります。

日々の愛犬とのコミュニケーションや病気の早期発見にもつながります。

愛犬の健康維持にも良い、BCSチェックの測定方法や痩せすぎ、肥満の対処法を詳しくご紹介いたします。

愛犬の体型を知るBCSとは?

BCS(ボディコンディションスコア)とは、愛犬の体を見て触って適正体型かをチェックし、愛犬の体型を知ることができる評価方法です。

愛犬が肥満か痩せているのかを体重ではなく、触ってどのくらい脂肪が付いているか、見た目でお腹や腰のくびれがあるかどうかをチェックします。

BCSは5段階と9段階があります。

測定方法はどちらも同じですが、9段階のほうは細かく体型が分かれています。

BCSは、痩せているか肥満かをチェックする以外にもさまざまなメリットがあります。

  • 毛づやはごわついていないか
  • 腫れやしこりはないか
  • 痛がる部位はないか
  • 熱はないか(38〜39度は愛犬の平熱)

などの日々の体調チェックや、愛犬とのスキンシップにも良いですよ。

ノミやダニの発見やしこりや痛みなどを早く発見でき、すぐに動物病院で治療ができます。

健康状態も一緒にチェックすれば愛犬のちょっとした変化にも気づきやすくなります。

愛犬のBCSの測定方法と各体型の特徴を紹介!

BSCの測定方法と体型の特徴を5段階で紹介します。

測定方法はとても簡単ですので、自宅で愛犬と楽しみながら体型チェックをしてくださいね。

BCSの測定方法

・愛犬を立たせて、横からお腹のくびれを見ます。
→上から腰のくびれがあるかチェック。
両手で肋骨を触り、ボコボコしている肋骨が触れて脂肪も付いているようなら理想的です。
肋骨が脂肪によって触れないのならば、肥満傾向ですね。

・愛犬を立たせた状態で、背中の骨や骨盤を触ります。骨盤は尻尾の付け根に近い位置にあります。
背中の骨や骨盤が触れて、脂肪が付いているのであれば理想的な体型です。
痩せている犬は見た目ですぐに肋骨などの骨が浮き出ていますし、肥満気味の犬は脂肪で骨に触れないし見た目はぽっちゃりしています。

各体型の特徴をBCS5段階で紹介します。

1.痩せ

上から見て肋骨が、横からみて背中の骨がはっきりとみえる。

骨盤もでている。

触ると骨がゴツゴツしてて、脂肪がない。

お腹や腰が極端にくびれている。

2.やや痩せ

上から見ると肋骨が少し見える。

触ると骨がある。

お腹や腰のくびれが見える。

3.理想的

脂肪は付いているが、肋骨は触れる。

腰のくびれは緩やかにみえる。

横から見ると、お腹の吊り上がりが見える。

4.やや肥満

触ると脂肪は多いが肋骨は触れる。

腰のくびれは少しだけ見える。

横から見ると、お腹の吊り上がりはやや見える。

5.肥満

脂肪で肋骨が触れない。

尻尾の付け根に脂肪がある。

ウエストのくびれが無く、寸胴状態。

横から見ると、お腹はポッコリとでている。


BCS1と2は毛が多い愛犬は見た目は分かりづらいでしょうが、触ると明らかに骨がボコボコと触れます。

BCS3が理想的な体型です。

BCSチェックをして分かりづらければ、かかりつけの動物病院で教えてもらいましょう。

BCSは5段階と9段階がある?

BCSは5段階と9段階があります。

測定のやり方はどちらも同じです。

9段階は5段階よりも、細かく体型が分かれています。

5段階

1:痩せ

2:やや痩せ

3:理想的

4:やや肥満

5:肥満

9段階

1〜3:痩せすぎ

4~5:理想的

6:肥満気味

7〜9:肥満

5段階はBCS3が理想的で、9段階はBCS4.5が理想的な体型です。

どちらの段階で測定したかにより、BCSの番号が違います。

かかりつけの動物病院で、5段階か9段階のどちらで測定をしているか教えてもらいましょう。

愛犬が痩せすぎ・肥満の場合の対処法とは?

愛犬が痩せすぎや肥満だと、病気にかかりやすくなります。

適正体型になるように、飼い主さんが食事や運動を管理してあげてください。

体重測定は定期的に行いましょう。

愛犬の体重を測るには、飼い主さんが愛犬を抱っこして体重を測ります。

その後、飼い主さんの体重を引くと、愛犬の体重が分かりますよ。

体重を増やすときも増やすときも、体重測定は大切ですので、メモしておきましょう。

痩せすぎと肥満の対処法を詳しくご説明します。

痩せすぎの対処法

運動量が多い愛犬や少食、妊娠中、授乳中の愛犬は摂取カロリー不足で痩せていきます。

痩せすぎだと栄養不足になり免疫力低下で病気にかかりやすくなります。

急にご飯の量を増やすと、吐いたり、消化不良で下痢になったりします。

フードの量を増やす場合は少しずつ増やしていきましょう。

フードを変える

少量で高カロリーを摂取できるフードに変えるのがおすすめです。

グレインフリー(穀物不使用)や消化吸収をよくするために腸内環境を整えてくれるフードが良いですよ。

穀物は犬にとって消化に悪いです。

痩せすぎの愛犬には食べたご飯がしっかりと吸収され身になるようなフードが最適。

腸内環境を整えることで、消化吸収がしっかりとできるようになります。

愛犬の体に害のある添加物が入っているフードは避けて、無添加のフードにしましょう。

素材の旨みと香りが良い、フレッシュドッグフードがおすすめですよ。

食事の回数を増やす

少食の愛犬は一回の食事量が少ないので、食事の回数を増やしてみましょう。

1日のフード量は変えずに、回数を3〜4回にしてみてください。

軽い運動

痩せすぎていても運動は必要です。

ゆっくりと、短い距離のお散歩をしましょう。

ストレス発散にもなり、動いてお腹が空きフードを食べてくれる可能性があります。

夏バテ

愛犬も人と同じように食欲がでなく食べなくなり、夏バテになってしまいます。

愛犬は汗をかく汗腺が肉球にしかありません。

口の呼吸だけで放熱するため、夏に扇風機を回しても気温が下がらなければ夏バテをし熱中症になります。

エアコンで室内の温度を下げてあげましょう。

元気がなく、ご飯を食べないようなら夏バテをしている可能性があります。

水分補給をしっかりとさせて、フードは香りのあるものを与えて栄養補給もしてください。

老化

運動量が落ち、筋肉が衰えていく老犬は自然と痩せていきます。

消化吸収のよいシニア用のフードに切り替えてくださいね。

病気

フードをしっかりと食べているのに、痩せているのは病気の可能性があります。

嘔吐や下痢、元気がないなどの場合もすぐに動物病院へ行きましょう。

肥満の対処法

肥満は人とおなじように生活習慣病の原因です。

体重を支えきれなくて、足や腰の負担が大きく関節炎になりやすくなります。

ダイエットをする場合は愛犬の体重を測り、体調にも注意しながら行いましょう。

かかりつけの獣医さんと相談しながら行うのが良いですよ。

フードやおやつの与えすぎ

愛犬にフードやおやつを与え過ぎると肥満になります。

急にフードの量を減らすと栄養が偏り健康状態が悪くなるので、まずはおやつを与えないようにしましょう。

おねだりしてかわいそうだからと、おやつを与えてしまうと肥満で病気になってしまいます。

しつけやトレーニングのご褒美はいつも食べているフードを与えるだけでも大丈夫。

与えたときは、食事の量を与えた分だけ減らしましょう。

フードを変える

肥満犬用のフードがありますので、フードを変えましょう。

食事を大幅に減らしたり、絶食させたりすると、必要な栄養素が摂取できなくなり健康状態が悪くなります。

低カロリーの肥満犬用フードに変えて、必要な栄養をしっかり摂りながらカロリーを制限しましょう。

老犬になると、運動量が減って代謝が落ちているのに成犬用のフードや高カロリーのおやつなどを与えていると肥満になっていきます。

低カロリーで消化吸収の良いフードに変えてくださいね。

運動不足

あまりお散歩にいかない愛犬は運動不足になっています。

散歩の時間を増やし、ドッグランで遊んで運動量を増やしてください。

坂道や下り坂のあるお散歩コースもおすすめですよ。

ですが、肥満の愛犬にいきなり運動をさせると、足や腰の負担になります。

まずは、食事制限で体重を減らしてからお散歩やドッグランで運動させましょう。

愛犬の様子もしっかりと観察しながら、行ってくださいね。

まとめ

BCSチェックは愛犬を標準体型にするための1つの目安。

痩せすぎなら、高カロリーで消化や吸収の良いフードに変えたり、食事回数を増やしたりしましょう。

肥満の場合は、体重を落としてから運動しないと関節の負担になりやすいです。

無理な運動は絶対にしないで、まずはフードを肥満用の低カロリーに変えましょう。

痩せすぎでも肥満でも、愛犬の体重を測るのを忘れずに行ってくださいね。

愛犬の食事管理はとても大切です。

添加物が入っているフードは、アレルギーが発症しやすいので、無添加のフードを選びましょう。

無添加のドッグフードの中でもおすすめはフレッシュドッグフード

フレッシュドッグフードは人も食べられる安全な食材(ヒューマングレード)を使用して作られたドッグフードです。

できたてを急速冷凍して、素材の栄養素や味を楽しめます。

フレッシュドッグフードの中でも、Wantimeフレッシュドッグフードがおすすめです。

「プレバイオティクス」という働きで、腸内の環境を整え、お腹の中から健康にしてくれますよ。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を満たした総合栄養食です。

夏バテ気味の愛犬や少食の愛犬も喜んで食べてくれる、フレッシュドッグフードのWantimeをぜひお試しください。

おすすめの記事