ビィ・ナチュラルドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

店頭に並んでいるドッグフードを見てみると、「国産」の文字が書かれているものがあります。

国産と書かれていると、なんとなく日本に住むわんちゃんに合ってるのかな、と錯覚してしまいそうになります。

実際、日本に住むわんちゃんに合ったドッグフードってあるのでしょうか?

『ビィ・ナチュラル』という商品がそういうコンセプトで作られたドッグフードです。

今回は、数あるドッグフードの中から『ビィ・ナチュラル』について検証していきたいと思います。

ビィ・ナチュラル』が気になった方は

  • 品質管理がしっかりしているドッグフードをあげたい
  • 日本に住むわんちゃん向けのドッグフードを探している方

など、安心安全でお得に購入しやすいドッグフードを求めている方ではないでしょうか?

ここでは、『ビィ・ナチュラル』について原材料の安全性から、商品の口コミまで徹底解剖!

わんちゃんの食事を選ぶご参考に最後までご覧ください。

ビィ・ナチュラルドッグフードの基本情報

【ビィ・ナチュラル ルート・ブレンド】の情報をみてみましょう。

価格800g:1,980円
1.5kg:3,234円
2.8kg:5,500円
4.4kg:7,331円
8.6kg:12,505円
楽天参考価格
100gあたりの単価145円~
タイプ(ドライ・ウエット)ドライフード
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー385キロカロリー/100g
メイン食材豚、カンガルー、ラム
原産国オーストラリア
ライフステージ全年齢
販売会社株式会社ビィ・ナチュラル

『ビィ・ナチュラル』は、日本人が開発に携わっている、日本で暮らす犬向けにつくられた日豪共同開発のドッグフードです。

原材料の調達から加工まで一貫してオーストラリアで行っています。

原材料は安全性の高いオーストラリア産にこだわり、動物性原材料は100%オーストラリア産。主要な植物性原材料もオーストラリア産で、遺伝子組換え食品は一切使用していません。

メイン食材には、オーストラリアで害獣とされているカンガルーを使用。

害獣というと聞こえが悪いですが、オーストラリア国内では高タンパク、低脂肪のヘルシーな人用の食肉として食品スーパーにも並び、その命は無駄にはされていません。

一方、日本でも鹿が害獣駆除のため捕獲されますが、その多くは焼却されている現状があります。

そのような肉をペットフードとして活用し、次の命へつないでいくという理念もとても好印象です。

「ヒューマングレード」にこだわり、実際にできあがったフードを口にして、品質のチェックを行っています。

自らドッグフードを口にするメーカーなんて、なかなかないですよね。自信をもって「ヒューマングレード」といっている証拠です。

また、酸化防止対策に積極的に取り組んでいて、原材料の選定・調達から、製造工程、流通に至るまで、徹底した酸化防止対策を施していて、酸化による影響を可能な限り防いで、開封されるまで作りたての新鮮さと栄養素をそのままキープしています。

品質管理も徹底していて、生産のたびに工場スタッフとミーティングを行い、更なる品質向上を目指していたり、密に現場と連絡をとり、現場の状況を把握、工場との信頼関係を確立した環境で作られています。

ビィ・ナチュラルの創業から長期欠品は1回も起こしていないというのも、安心材料のひとつですね。

日本人が開発に携わっていることもあり、日本人っぽいこだわりが随所にみられる製品だと思います。安心感がちがいますね。

メイン食材にカンガルーを使用しているのは、珍しいですね。

原材料や品質管理にこだわったヒューマングレートなドッグフードですが、思ったよりもお手頃価格で購入できます。低アレルゲンの商品をラインナップにそろえているのもおすすめできるポイントです。

ビィ・ナチュラルドッグフードの評価

総合(25点満点)22.5
原材料5.0
栄養バランス4.0
安全性5.0
コスパ4.0
手に入りやすさ4.5
ビィ・ナチュラルのいい点
  • ヒューマングレードな原材料を使用
  • 合成保存料・着色料・香料・ビートパルプ・遺伝子組み換え食品不使用
  • 窒素充填と脱酸素剤を使ってパッケージ内の酸素を除去。
  • 容量のラインナップが豊富
  • コストパフォーマンスがよい
  • 日本に住むわんちゃん向けのドッグフード
ビィ・ナチュラルの悪い点
  • 粒の大きさが小さめ
  • 定期購入ができない

ビィ・ナチュラルドッグフードの原材料と安全性

【ビィ・ナチュラル ルート・ブレンド】の原材料をみてみましょう。

原材料

肉類(豚、カンガルー*、ラム)、全粒ライムギ、全粒たかきび(ソルガム)、魚(マグロ等)、キャノーラ油(NON-GMO)、パン酵母*、アルファルファ(NON-GMO)、モンモリロナイト、亜麻仁油、アップルファイバー、チコリー根(フラクトオリゴ糖)、サーモンオイル、オオバコ繊維、ユッカ抽出物、パン酵母抽出物(βグルカン源)、タウリン、アボカドオイル、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、ビタミン類(塩化コリン、A、D、B1、B2、B3、パントテン酸、B6、葉酸、B12、E)、ミネラル類(塩化ナトリウム、塩化カリウム、炭酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ化カリウム、硫酸第一鉄、酸化マンガン、硫酸亜鉛、セレン)*酵素で加水分解

メイン食材に使用されているカンガルー

オーストラリアで害獣とされているカンガルーを食材とすることで命を無駄にしないという考え方はとても好感が持てます。

高タンパクな食事は肝臓、腎臓への負担が心配されます。

タンパク質はアミノ酸に分解されてはじめて消化されますが、そのバランスが整っていないときちんと消化されず、逆に体に害をもたらすことがあります。

このドッグフードは、最高品質のタンパク質源(カンガルー、ヤギ、豚、魚、ラム、パン酵母等)を少量ずつミックスすることで効率よく消化ができ、肝臓や腎臓に負担を与えないよう工夫しています。

さらにタンパク質源を少量ずつ使用することはアレルギーの発生を抑えることにもつながります。

また、タンパク質含有量の数値だけを高めるため、動物の毛や羽、血を用いることがよくありますが、このドッグフードはそのような低品質なものは一切使用していません。

わんちゃんに寄り添っているドッグフードと言えます。

アレルゲンとなるものは使用されていないので、アレルギーあるわんちゃんにおすすめのドッグフードですね。

ビィ・ナチュラルドッグフードの栄養バランス・カロリー

【ビィ・ナチュラル ルート・ブレンド】の栄養バランスをみてみましょう。

栄養バランス
  • 蛋白質…25.0%以上
  • 脂質…12.0%以上
  • 粗繊維…4.0%以下
  • 灰分…13.0%以下
  • 水分…10.0%以下
  • カルシウム…1.7%以上
  • リン…1.1%以上
  • オメガ6脂肪酸…2.4%以上
  • オメガ3脂肪酸…1.6%以上
  • 代謝エネルギー(ME)…385kcal/100g

栄養バランスをみてみると、他のドッグフードに比べてライトな印象です。

運動量が多いわんちゃんには少し物足りない感じがあります。

室内でゆっくり過ごしているわんちゃんなどには、ちょうどいいバランスでおすすめです。

ビィ・ナチュラルドッグフードの種類

ルート・ブレンド

容量:800g、1.5kg、2.8kg、4.4kg、8.6kg

豚・魚・カンガルー・ラムをトータルブレンド。活動犬、高栄養を要する犬。幼犬、妊娠・授乳期に。

ルート・ポーク

容量:800g、1.5kg、2.8kg、4.4kg、8.6kg

低アレルゲン。豚とカンガルーを使用。

ルート・ポーク・ライト

容量:700g、1.4kg、2.5kg、4.0kg、8.2kg

1歳以上。低アレルゲン。豚とカンガルーを使用。おなかにやさしい食物繊維を増量

ルート・ゴート

容量:800g、1.5kg、2.8kg、4.4kg、8.6kg

低アレルゲン。野生ヤギと野生カンガルーを使用

ビィ・ナチュラルドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ
  • ペットショップにいる頃から食べていたフードで、シニア犬になった今でも食べてます。フードのおかげで、ほぼ歯石ができません!とても良い商品です。なかなか売っている店舗が無いため、注文しました。梱包も丁寧にされていて、直ぐ届いて助かりました!ありがとうございました![出典:Amazon]
  • もともと好き嫌いが激しく、ニュートロのシュプレモを嫌々食べてた我が家の犬。産後にますます食べなくなりお乳も出なかったのでこれはいかん!とペットシッターさんが持ってきてくれたこちらのフードはよく食べてお乳も出るようになりました。フード自体は小粒ですが、硬いので(お湯に浸して一晩置いても芯が残るくらい)、歯の悪いうちの犬にはミキサーで粉状にしてからふやかしてあげています。匂いが強くて、よく食いつきます。[出典:Amazon]
  • 飽きっぽい子が、続けて食べてくれます。お腹の調子も良いです。[出典:Amazon]
  • 小粒を購入。中粒との差が凄いですね(笑)中間の大きさがあると良いのですが…。にしても高いです。お財布に優しく無いのも難点です。愛犬達の食い付きは良いです。[出典:Amazon]
  • 前のワンがリニューアル前のを食べてました。次に迎えるコも同じグルテンフリーを食べさせたく購入。でも…値段が高いのが難点ですね。[出典:Amazon]
悪い口コミ
  • うちの犬もお腹を下し、身体が痒くなる症状がでてやめました。体質によるものかもしれませんが、今までいろいろなご飯を試してきて、唯一これだけはだめでした。[出典:Amazon]
  • 4カ月の我が家のパピーには合いませんでした。食べ初めて毎日毎日お腹を壊し、寝ている間も大変でした。[出典:Amazon]
  • 成分的には申し分ないと思うのですが、食べない食べない。飼い主から見ても美味しくなさそうです。成分の割にコスパがいいと思ったので残念でした。[出典:Amazon]

口コミをまとめてみると、

  • 食いつきのよさは、良い意見と悪い意見の両方があった。
  • おなかを壊す場合がある。
  • 身体がかゆくなる場合がある。

ここに挙げた口コミ以外もみてみましたが、わんちゃんによって食いつきの良しあし、お腹の調子など、個体差があるので、参考程度にみていただければと思います。

ビィ・ナチュラルドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

【ビィ・ナチュラル ルート・ブレンド】の価格を比較してみました。

正規販売店Amazon楽天
800g¥1,980¥2,284¥1,980
送料: ¥700
¥3,980以上で無料
1.5kg¥3,520¥3,300¥3,234
送料: ¥700
2.8kg¥5,500¥5,280
送料:¥740
¥5,500
4.4kg-¥7,480
送料:¥740
¥7,331
8.6kg-¥14,300¥12,505

公式サイトでの販売はありませんので、正規販売店(今回は「なちゅのごはん」)の情報を記載しました。

正規販売店では4.4kg以上の商品は購入できないようです。価格を見ると、少量の場合Amazonがお得で、2.8kg以上では楽天で購入するのが一番安く購入できそうです。

ビィ・ナチュラルドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 食物アレルギーがあるわんちゃん
  • 太りやすいわんちゃん
  • 運動量が少なめなわんちゃん
こんな方にはおすすめできません
  • 活動量が多いわんちゃん
  • 定期購入をしたい方

ビィ・ナチュラルドッグフードまとめ

ビィ・ナチュラルは、開発に日本人がわっていることもあり、細かいところまできめ細やかな心遣いがされていることがよくわかるドッグフードだと思います。

わんちゃん目線作られているドッグフードや飼い主にとっても嬉しいものです。

アレルギーがあるわんちゃんだけでなく、アレルギーないわんちゃんも一度試してみてください!

おすすめの記事