ビルジャックドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

この記事では、ビルジャックドッグフードの評判や価格について紹介しています。

ビルジャックは、

愛犬の信頼に答える上で大切なことは、ちゃんとした栄養を供給すること。

愛犬が必要とする栄養を細心の注意を払って調整し、新鮮な美味しさも保てるようにする。 

という部分に着眼点を持つ「ビルジャック」というメーカーから発売されているドッグフードです。

「ビルジャック」は、肉付きが良くなり活力が出て、毛並みも良くなるよう、原材料がバランス良く配合されています。 

主に新鮮な鶏肉が使われ、消化効率の高いドッグフードです。

ビルジャックが気になった方は

  • 新鮮でおいしいものを食べて欲しい
  • バランスの取れたドッグフードを食べて、元気に過ごしてほしい

など、わんちゃんの食に気を配りたいと思っている方なのではないでしょうか?

ビルジャックはどのような商品なのか?原材料や安全性、栄養バランスがわかります。また最安値で購入する方法も解説しましたので、最後までご覧ください。 

ビルジャックドッグフードの基本情報

価格2.7㎏:5,148円 
6.8㎏:8,756円
13.6kg:14,179円。 
100gあたりの単価190円~
タイプ(ドライ・ウエット)ドライフード
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー
メイン食材鶏肉
原産国米国
ライフステージ全年齢
販売会社Bil-Jac

新鮮で高品質な鶏肉が使われ、低温で製造されることでアミノ酸などの栄養分や旨みを逃さないため、栄養がしっかり摂れ、美味しく食べれるドッグフードだと感じました。とうもろこしオートミールも単一炭水化物にし、消化しやすく、アレルギー反応が出にくいよう配慮されています。

また、「栄養価が高い」「食いつきがいい」と動物病院の獣医師から評価されているのもポイントです。 

ビルジャックドッグフードの評価

総合(25点満点)20点
原材料3.0
栄養バランス4.0
安全性4.0
コスパ5.0
手に入りやすさ4.0
ビルジャックドッグフードのいい点
  • 新鮮な鶏肉が使われている
  • 比較的リーズナブルな価格設定
  • 栄養バランスが取れている
  • 多くの動物病院でも購入できる
  • 獣医師も推奨している
  • 毛並みが良くなる
  • 小麦粉が使われていない
  • 消化しやすい 
ビルジャックドッグフードの悪い点
  • ガンなどの原因になりやすいBHA(酸化防止剤)が使われている
  • 食塩が使われている
  • 工場の場所が明記されていない
  • 太りやすいトウモロコシミールが使われている
  • お試しパックがない

原材料は、ガンや歩行障害、呼吸困難、消化器官や肝臓の不調などのリスクがあるBHAが含まれているため減点。

栄養バランスは、多く摂取すると心臓や腎臓に負担がかかる塩分が含まれているため減点。安全性は工場の場所が明記されていないため減点。

コスパは比較的リーズナブルなため満点。手に入りやすさは、お試しパックがないので減点。 

ビルジャックドッグフードの原材料と安全性

原材料

鶏、鶏の副産物(アルギニン源である鶏肉の内臓のみ)、とうもろこしミール、鶏副産物ミール、乾燥甜菜果肉、オートミール、醸造用乾燥イースト、第一リン酸カルシウム、亜麻仁、食塩、ニシン魚粉、塩化コリン、炭酸カルシウム、DL-メチオニン、プロピオン酸ナトリウム(保存料)、L-リジン、ビタミンE補強剤、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸(ビタミンC源)、亜鉛プロテイン、酸化亜鉛、銅プロテイン、ビタミンA酢酸塩、硫酸銅、ナイアシン補強剤、ビオチン、亜セレン酸ナトリウム、パントテン酸D-カルシウム、イノシトール、マンガンプロテイン、リボフラビン補強剤、硝酸チアミン、ビタミンB₁₂補強剤、塩酸ピリドキシン(ビタミンB₆)、混合トコフェロールおよびBHA(酸化防止剤)、酸化マンガン、コバルトプロテイン、炭酸コバルト、ビタミンD₃補強剤、ヨウ化カリウム、葉酸、ローズマリー抽出物(酸化防止剤)

新鮮な鶏肉が使われているため、 わんちゃんに美味しいものを食べて欲しいという飼い主さんにおすすめです。また、小麦粉が使われていないため、アレルギーのあるわんちゃんでも安心です。ただ、ガンなどの原因になるリスクのあるBHAや、糖質が多いとうもろこしミールが使われているのが気になるところ。 

ビルジャックドッグフードの栄養バランス・カロリー

栄養バランス
  • 粗タンパク質:27.0%以上
  • 粗脂肪:18.0%以上
  • 粗繊維:4.0%以下
  • 水分: 10.0%以下
  • アルギニン: 1.40%以上
  • ロイシン: 1.60%以上
  • リジン:1.25%以上
  • メチオニン: 0.55%以上
  • オメガ6脂肪酸:2.50%以上
  • オメガ3脂肪酸:0.25%以上

脂質が多いため、体型が気になるわんちゃんにはあまりおすすめできません。

また、ミネラルの量を表す粗灰分とカロリーが明記されていないのもマイナスポイントです。

ビルジャックドッグフードの種類

パピー

幼犬・母犬用

生まれてから育っていくために必要な栄養分を充分に補給できる。

容量は2.7kgと6.8kgがあります。

スモールブリードアダルト

小型犬の成犬用

室内飼いが多く、運動不足になりがちな小型犬向けに、タンパク質や脂肪の値が抑えられています。

容量は800gと2.7kgがあります。

スモールブリードパピー

小型犬の幼犬用

小型犬の子犬の発育と成長をサポートする。

容量は800gと2.7 kgがあります。

ラージブリードパピー

大型犬の幼犬用

急激な成長は骨格や関節に負担がかかるため、リンとカルシウムのバランスが調整されている

容量は6.8kg

ラージブリードアダルト

大型犬の成犬用

タンパク質と脂肪を減らし、体重をコントロールする。

グルコサミンとコンドロイチン硫酸を配合し、関節を保護する

容量は6.8 kgと13.6 kgがある。

リデュースファット

肥満犬用

太りすぎを防ぎ、毛並みを良くする。

新鮮な美味しい肉の味がする。

容量は800g、2.7 kg、6.8 kg、13.6 kgがある。 

シニア

高齢犬用

バランスよくオートミールを配合し、消化器の健康維持ができる。

免疫力の維持をサポートする。

容量は800g、2.7 kg、6.8 kgがある。 

ビルジャックドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ

「我が家のわんこ(トイプードル2歳半3.5kg)はビルジャックが大好きです。以前は半年も持たずに食べ飽きてしまっていましたが、ビルジャックに変えて一年半ですが、とてもよく食べます。これからも続けます。」 

「高齢犬でタンパク質などに配慮した良いものを食べさせたかったので、満足しています。犬の健康を考えて人工的な物が入っていないので、安心して与えられます。」

「開けたときの香りの良さ。このフードが一番食いつきもよく、毛色やツヤもよく、うんちの状態もいいです。」

「2.5kgしかない小さいうちの子にはこれが食べやすくて、トッピングなどなしで食べてくれます。サクサクとした感じで消化もいいみたいです。サンプルでもらったフードをあげたりすると吐いたりするんですが、今のところ問題なし。」 

「アレルギーがあり、フードの選択肢が少ないのに食にムラがあり困っていたところ、病院からの紹介で与えてみました。栄養価が高いので給餌量が少なくて済み、毎食完食です。オメガ3・6脂肪酸の効果か、被毛の状態も良好で、目ヤニにもあまり出なくなりました。排便の臭いもほとんど無く、毎回良い状態です。」

悪い口コミ

「ポメラニアン2歳です。知人に勧められ、涙やけ改善のために1年半ずっとお世話になっております。ただいまだあまり改善されず、食いつきも良かったのですがここに来て急にあまり食べてくれなくなりました。そろそろフードの買い時なのかなと思案中です。」 

「マイナス点としてはクッキーのようなペレットなので、袋の下の方に崩れて粉になっている状態が多く見られることです。」 

「紙製の袋であちこち色が剥げて今にも破れそうで、届いた時はびっくりしました。これは密封できていないと思います。」

栄養価が高いドッグフードで、毛艶が良くなり、目やにも改善されたといった高評価の意見が目立ちました。

一方で、涙やけが改善されなかった、フードが潰れてこなごなになってしまう、袋の材質が悪いといった意見もありました。

ビルジャックドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

公式Amazon楽天
2.7kg¥5,148¥5,478¥5,148
6.8Kg¥8,756¥8,756¥8,756
13.6Kg¥14,179¥14,179¥14,179

金額はどのサイトでもほぼ同じ金額で購入できます。

Amazonと楽天は配送料が無料です。

公式サイトでは定期購入でき、配送料はかかりますがおやつなどのおまけが付いてきます。 

ビルジャックドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 美味しく食べてもらえるものが欲しい
  • 高タンパクなものがいい
  • 新鮮な食材が使われているものがいい
  • あまり高価でないものがいい
  • 獣医師の方がすすめるものが欲しい
  • 量が多いものがいい
こんな方にはおすすめできません
  • 体に少しでも害のあるものはあげたくない
  • 国産のものがいい
  • とうもろこしのアレルギーがある

ビルジャックドッグフードまとめ

多くの動物病院の獣医師がすすめているドッグフードなので、信頼感があると感じました。

また、新鮮な鶏肉が使われているため、わんちゃんもおいしく食べられるドッグフードだと思います。

ただ、ガンなどを発症するリスクのあるBHAが使われているのが気になる点です。

また、フードが崩れやすく、粉っぽくなってしまうというのも残念ポイント。

 良質な原材料が使われているものがいいという方や、わんちゃんに美味しく食事を摂ってほしいという飼い主さんにおすすめの商品です。

おすすめの記事