ベストバランスドッグフードの評判・原材料・最安値を徹底解説!

この記事ではベストバランスドッグフードの評判や価格について紹介しています。

ベストバランスは、

愛犬にずっと元気でいてもらえるよう、栄養、食べやすさ、おいしさのベストを目指す。

犬種ごとに異なる身体の特徴にあわせて栄養をサポートする。

という部分に着眼点を持つ「ユニ・チャーム」というメーカーから発売されているドッグフードです。

「ベストバランス」は、愛犬の健康維持のために動物栄養学博士と共同開発したドッグフードです。

犬種の特徴や年齢にあわせて栄養設計され、好みにあわせて選べるよう、異なる形状のものがラインナップされています。

「ベストバランス」が気になった方は

  • わんちゃんの犬種にあったものが欲しい
  • 健康に暮らしてほしい

などわんちゃんの特徴にあったものが欲しいという方や、体調管理に気を配りたいと思っている方なのではないでしょうか?

ベストバランスはどのような商品なのか?原材料や安全性・栄養バランスがわかります。また、最安値で購入する方法も解説しましたので、最後までご覧下さい。

ベストバランスドッグフードの基本情報

価格700g  628円
1.8kg 1,220円
100gあたりの単価67円~
タイプ(ドライ・ウエット)ドライフード
目的(総合栄養食など)総合栄養食
カロリー360キロカロリー/100g
メイン食材トウモロコシ、小麦粉、チキンミールなど
原産国日本
ライフステージ成犬用
販売会社ユニ・チャーム

ベストバランスは、犬種や年齢にあわせて栄養成分が調整されているドッグフードです。

そのため、それぞれのわんちゃんに必要な栄養を摂取できるのがメリット。

また、わんちゃんの好みによって選べるよう、ドライタイプやウェットタイプ、パウチタイプが取り揃えられているのもポイントです。

犬種の特徴にあったドッグフードを選びたいという方や、わんちゃんの好みにあうものが欲しいと思っている飼い主さんにおすすめです。

ベストバランスドッグフードの評価

総合(25点満点)21点
原材料2.0点
栄養バランス5.0点
安全性5.0点
コスパ5.0点
手に入りやすさ4.0点
ベストバランスドッグフードのいい点
  • 犬種別に選べる
  • 年齢別に選べる
  • 価格が安い
  • 好みにあわせて形状を選べる
  • 国内製造
  • 栄養バランスが取れている
ベストバランスドッグフードの悪い点
  • 体に害のある恐れがある原材料が使われている
  • 4Dミート(死骸、病気の動物、死にかけの動物、障害のある動物)の可能性が懸念されるチキンミールが使われている
  • アレルギーの原因になりやすい原材料が使われている
  • ショ糖が含まれている

原材料は、体に害のある恐れがあるものや、4Dミートが使われていることが懸念されるなどといった点から大きく減点。

栄養バランスは、まんべんなくバランスが取れているため満点。

安全性は、国内生産であることからも満点。コスパは、とてもリーズナブルな価格のため満点。

手に入りやすさは、定期購入できないため減点。

ベストバランスドッグフードの原材料と安全性

原材料

穀類(トウモロコシ、小麦粉、パン粉、コーングルテンミール、玄米)、肉類(チキンミール、チキン、チキンエキス)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、小魚パウダー)、動物性油脂、豆類(大豆、大豆パウダー、大豆エキス)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、酵母、糖類(オリゴ糖、ショ糖)、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、亜鉛)、ソルビトール、グリセリン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、グルコサミン塩酸塩、pH調整剤、保存料(ソルビン酸K)、ミルクカルシウム、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス)、コンドロイチン硫酸

アレルギーの原因となりやすい小麦粉や大豆が使われているのが気になる点です。

チキンミールには4Dミートが、フィッシュミールには酸化を防ぐエトキシキンという添加物が含まれていることが懸念されます。

また、ソルビン酸Kやエリソルビン酸Naなどの添加物も含まれています。肥満の原因となる糖分となるショ糖が含まれているのも注意が必要です。

ベストバランスドッグフードの栄養バランス・カロリー

栄養バランス
  • タンパク質:21.0%以上
  • 脂質: 11.0%以上
  • 粗繊維:4.5%以下
  • 粗灰分:8.5%以下
  • 水分: 12.0%以下
  • エネルギー:約360kcal/100g

栄養バランスはまんべんなく取れるので、バランスに優れたドッグフードだと言えます。

ベストバランスドッグフードの種類

ベストバランス チワワ用

チワワに合わせた専用設計。

骨、ひざ・関節の健康維持のために、ミルクカルシウム・ビタミンD、グルコサミン・コンドロイチンを配合。

年齢別には成犬用、7歳以上、10歳以上用がある。

ベストバランス ミニチュア・ダックスフンド用

ミニチュア・ダックスフンドに合わせた専用設計。

腰・関節の健康維持のために、グルコサミン・コンドロイチンを配合。

年齢別には成犬用、7歳以上、10歳以上、13歳以上用がある。

ベストバランス 柴犬用

柴犬に合わせた専用設計。

輝く毛艶・皮膚の健康維持のために、オメガ6&3脂肪酸をバランスよく調整。

年齢別には成犬用、7歳以上、10歳以上用がある。

ベストバランス シー・ズー用

シー・ズーに合わせた専用設計。

目の健康維持のために、マリーゴールド、ビタミンA・B群・Eを配合。

年齢別には成犬用、10歳以上用がある。

ベストバランス ヨークシャー・テリア用

ヨークシャー・テリアに合わせた専用設計。

輝く毛艶・皮膚の健康維持のために、ビタミンA・B群・C・Eを配合、オメガ6&3脂肪酸をバランスよく調整。

ベストバランスドッグフードの評判・口コミ

いい口コミ

「偏食でドライフードなかなか食べてくれず、色々なドライフードを試したり、ドライフードをふやかしてウェットフードと混ぜたり…色々試して来ましたが、ふやかさず、ちゃんと完食してくれたのは初めてです!匂いも今までのドライフードよりかなり良いです!きっと美味しいんでしょうね…。食べれるごはんが見つかって良かったです。」

「マルプーちゃんですがフードをなかなか決めかねていて今は4種類の中の1種に決まりつつあります。お値段も手頃なのがいいです。」

「食欲旺盛で食べてます。うんちも処理しやすく満足してます」

「我が家の犬はミックスでトイプーではないのですが、犬種別のフードは効果がわかりやすく書いてあるのがいいですね。このタイプは膝関節やお腹の調子を整えることを重視した配合のようで、犬種が違っても気遣ってあげたいことに合わせて選んでみてもいいのではないかなと思っています。」

「我が家の犬種はポメプー(1歳)ですが、プードルが強いみたいで、足腰が心配になるほどジャンプするわ、二本足で歩くわ。。なので、プードル専用でいいかなと思い試してみました。もともと、好き嫌いなく食いつきがいい子です。これまで食べていたものと半分づつ混ぜて与えていますが、とても喜んで食べています。ウンチも柔らかくならずに臭いも特に変わった感じはしません。国産で安心なのに安価で助かりますね。」

悪い口コミ

「それなりの値段ですが、原材料で一番多いものが穀類なのが気になります。7ミリ角くらいの角切りチキンも入っていますが、見た感じ20分の1くらいの割合で少ないですね。」

「栄養は良さそうですが、我が家のシーズには合わなかったようです。しっかり食べてはくれますが、食べた後吐くようになったので、ドックフード変えたら収まりました。」

「小さなドライペレットであることから、犬からすれば食べやすいようです。ただ、高級なウェットフードと比べるとですね・・・、値段の差はそのまま食いつきに現れるようです。原料の割合や産出が曖昧なので、やや不安を感じます。」

ふやかさなくてもそのまま食べてくれるようになった、犬種別に選べるのがいい、リーズナブルなのがうれしいなど、高評価な意見が目立ちました。

一方、吐いていしまった、一番多い原材料が穀物なのが気になるといった意見もありました。

ベストバランスドッグフードの価格・最安値を徹底解説!

公式Amazon楽天
700Kg¥628
1.8Kg¥1,078¥1,220

Amazonの場合700gは取り扱いがありませんでした。

1.8kgのものを購入する場合、楽天では送料がかかり、Amazonでは無料なので、Amazonで購入する方がお得です。

ベストバランスドッグフードはこんな方におすすめ

こんな方におすすめ
  • 犬種別に選べるものがいい
  • 年齢別に選びたい
  • リーズナブルなものがいい
  • 栄養バランスの取れたものがいい
  • 食べきれるよう小分けになっているものがいい
こんな方にはおすすめできません
  • 食物アレルギーがある
  • 原材料にこだわりたい
  • 定期購入したい

ベストバランスドッグフードまとめ

ベストバランスは、犬種別にラインナップされているので、わんちゃんの特徴に合わせて選べるのが特徴です。

犬種によって気になるところや不調が出やすいところは異なるので、それぞれに合わせて栄養が配合されているのが魅力だと感じました。

また、好みにあわせて形状を選べるのも良い点だと思います。

ただ、質の悪さが懸念される原材料や、添加物が含まれているのは気になる点です。

また、穀物アレルギーのあるわんちゃんには与えないよう注意が必要です。

とても手に取りやすい価格なので、栄養をバランス良く摂取できる単価が低いものが欲しいという飼い主さんにおすすめです。

おすすめの記事