4Dミートが入っているドッグフードは存在する?正体や真実を徹底解説

市販の安いドッグフードには4Dミートが含まれている可能性があります。

ですが、確実に使用されているとは言いきれません。

4Dミートを知っていくと、入っていなくても可能性があるだけで愛犬には与えたくなくなります。

この記事では、4Dミートの正体や真実を徹底解説いたします。

4Dミートとは?

4Dミートという言葉を聞いたことのある飼い主さんも多いのではないでしょうか?

  • Dead(死んだ動物の肉)
  • Dying(死にかけの動物の肉)
  • Diseased(病気の動物の肉)
  • Disabled(障害のある動物の肉)

これらの頭文字を取って、4Dミートと呼ばれています。

4Dミートは正式名称ではなく、フードの表示には「〇〇ミール」「肉類」「肉副産物」などと記載。

人が食べられる部分を除いたあとに、レンダリング工場で加工されます。

顔や皮、内臓、骨、毛、血液などの食べられない部分を適切に処理することにより、飼料や畑の肥料などにリサイクルをしています。

レンダリング工場では、ラードや牛脂などの原料、化粧品や医薬品の原料のコラーゲン、グミやゼリーの原料のゼラチンを作っているのです。

その余ったものをペットフードの原料となるミールに加工していきます。

Dead(死んだ動物の肉)

屠殺以外の交通事故や安楽死、動物園で亡くなった動物の肉のことです。

安楽死で使用した薬も加工されているので、危険ですね。

Dying(死にかけの動物の肉)

死にかけた動物は屠殺されるか死ぬのを待ってから、レンダリング工場に搬送して加工します。

Diseased(病気の動物の肉)

病気やケガによって死んでしまった動物の肉です。

危篤な病気や治療薬に汚染された動物の肉も含まれている可能性があります。

治療薬には危険な添加物が入っているものもあり、安全ではありません。

牛海綿状脳症(BSE)に感染した牛はレンダリング工場には回されません。

Disabled(障害のある動物の肉)

障害のある動物の肉も使われている可能性があります。

どんな障害を持っているのかはわかっていません。

4Dミートが含まれるドッグフードは存在する?

市販の安いドッグフードには、コスト削減のために使われている可能性があります。

治療薬や安楽死で使用した薬の添加物も含まれています。

レンダリング工場で加工された、内臓や毛、骨などを含むドッグフードの使用は農林水産省の「ペットフード用及び肥料用の肉骨粉等の当面の取扱いについて」で認められています。

人の食べられない部分や病気の動物を愛犬には食べさせたくないと考えてしまいますね。

4Dミートが含まれているドッグフードは、ドラッグストアやホームセンターで安く売られています。

危険だと言われているのに出回っているのは、購入する飼い主さんが多いからなのでしょうね。

コストパフォーマンスがよく、手軽に与えることができるのも理由の1つ。

地震や台風などの自然災害が起こったときに、ドライのドッグフードを食べられるようにしておきたいですが、4Dミートが入っているとちょっと気持ち悪いですよね。

4Dミートが含まれていない安全なドッグフードの見分け方!

4Dミートが含まれてないドッグフードを選ぶときには、原材料の表示をまずは確認しましょう。

愛犬の体に害のある、着色料や保存料、酸化防止剤などの添加物もドッグフードに含まれてないかもみてください。

安全なドッグフードには、「AAFCOの基準クリア」や「トレーサビリティ」「ヒューマングレード」と記載されています。

ネットで販売されているドッグフードも原材料が載っているので確認できますよ。

〇〇ミール、肉類が入っていない

ドッグフードの表示には「4Dミート」とは表示されていません。

  • チキンミートなどの〇〇ミート
  • ミートミール(肉骨)やミートボーンミール(肉骨粉)などの〇〇ミール
  • 肉副産物や鶏副産物などの〇〇副産物
  • 肉類
  • 動物性油脂
  • 加水分解たんぱく質
  • ビーフオイルやポークオイル、チキンオイル

これらのように表示されているので、原材料を確認してください。

安全なお肉が含まれている場合は、「鶏肉」や「豚肉」「馬肉」など、具体的に表示されています。

原材料は多い順番で表示されているので、一番最初にお肉の表示があるドッグフードを選びましょう。

危険な添加物が入っていない

安いドッグフードには愛犬の体に危険な添加物が含まれています。

  • 発がん性のある酸化防止剤のエキシトシンやBHA、BHT
  • カビや細菌の増殖を抑える、保存料のソルビン酸カリウム
  • 色付けのための発がん性のある、赤色102号などの着色料
  • 人の食品には使わない、甘味料のグリシリジン・アンモニエート
  • キャットフードには使用禁止されているのにドッグフードには含まれている保湿剤のプロピレングリコール(PG)
  • 食品を白くするための二酸化チタン

添加物でアレルギーになってしまう愛犬もいるので、できれば与えたくはないですよね。

ドッグフードの表示には「着色料(二酸化チタン、赤色〇号…)」や「保存料(ソルビン酸K)」「プロピレングリコール」などと添加物名がそのまま表示されています。

着色料は、どのドッグフードにもよく含まれています。

トレーサビリティ

トレーサビリティとは、いつどこでだれが作ったのかを追跡できるサービスです。

原材料の調達〜生産、どこで販売されたかがわかります。

ドッグフードのパッケージに1つ1つ番号が記載されています。

その番号で情報を追跡していきます。

食品以外にも製造や販売業者にも使われるようになったトレーサビリティをペットフードにも取り入れていて安心ですね。

トラブルや不具合のあった場合に、迅速に対応できるように必要なものです。

一般社団法人ペットフード協会 にも記載されているように、トレーサビリティに積極的に取り組んでいます。

品質向上にも役立ち、原材料をどこで調達できるかがわかるので、トレーサビリティの付いているドッグフードは安心して与えることができますね。

AAFCO(全米飼料検査官協会)の基準をクリアしている

ペットフードの栄養の目安として基準をクリアしているフードのパッケージに記載されています。

AAFCOは検査機関ではないのでペットフードの承認や認定、合格、認められているなどの表示は禁止されています。

適切な表記は「AAFCOの基準をクリア」です。

栄養バランスが基準以内であれば人工添加物や4Dミートなどを使ってもよいとされているので、原材料に関しては安全であるとは言い切れません。

栄養バランスはよいので、ドッグフードを選ぶ一つの目安と考えて購入しましょう。

ヨーロッパの地域では、FEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)があります。

ペットフード機関によって構成されたペットフード製造に関するガイドラインを定めています。

栄養基準の設定だけでなく、ペットフード製造工場の認定も行っていますが、AAFCOと同じで、承認や認定などはありません。

日本で販売されている、原産国がヨーロッパのドッグフードにはAAFCOとFEDIAFの両方がパッケージに記載されています。

ヒューマングレード

ヒューマングレードとは、人が食べられるレベルの食品と同等の基準、衛生基準、管理基準で作られているドッグフードのことです。

新鮮な食材を使用し低温調理をすることで、素材の栄養素を壊さずに調理されています。

ヒューマングレードの基準が定められていないので、メーカーによって品質はバラバラ。

「ヒューマングレード」と記載されていても基準が曖昧なので、メーカーのホームページなどで、品質やどのような場所で作られているかを確認しましょう。

品質はバラバラですが、添加物や4Dミートは使われていないので安心して愛犬に与えることができます。

安全性の高いドッグフードの種類は「フレッシュドッグフード」

安全性の高いドッグフードはフレッシュドッグフード。

ヒューマングレードの品質で、新鮮なお肉や野菜を使用した手作りごはんのようなフードです。

危険な着色料や保存料、アレルギーになりやすい穀物も不使用。

そのため、アレルギー体質の愛犬でも安心して与えることができます。

素材の香りや旨みがよいので、食いつきもバツグン。

シニア犬や少食の愛犬にもおすすめです。

栄養価の高い国産の食材を使用し、AAFCOの基準も満たしています。

ドライフードは高温で乾燥させていて水分量が10%以下と少ないですが、フレッシュドッグフードは70%以上もあります。

あまりお水を飲まない愛犬でもフードで水分補給が出来るのもポイントです。

AAFCOの基準も満たしているため栄養バランスもよいですよ。

おすすめはWantimeフレッシュドッグフード

Wantimeフレッシュドッグフードは人の食品衛生法に沿った、ヒューマングレード以上の「食品」レベルで作られたドッグフードです。

賞味期限は未開封で冷凍庫で1年間。

ほんのりとレンジや湯煎で温めると、食欲増進になります。

お腹の調子を整えてくれるビフィズス菌などの増殖や活性化をしてくれる「プロバイオティクス」の働きで、体の中から健康に。

売り上げの一部は保護犬猫の医療費や活動費として使われます。

おすすめのWantimeフレッシュドッグフードをぜひお試しください。

まとめ

安いドッグフードには4Dミートや健康に悪い添加物が含まれていて、毎日与えたくはありません。

ドッグフードの原材料表示を確認して、ミールや肉類などの怪しいものや危険な添加物の入っていないドッグフードを選んでくださいね。

ヒューマングレードやAAFCOの基準を満たしているのも確認してください。

フレッシュドッグフードなら新鮮素材で添加物も不使用なので安心です。

安心安全なドッグフードで、食事から愛犬の健康に気をつけていきましょう。

おすすめの記事